【Fun with HR】HRをHackするMasaのnote

UC Berkeley BHGAP program修了/MIT Sloan "AI in Business"修了/HR方向け個別アドバイザリー/お仕事のご依頼はこちらからどうぞ! www.linkedin.com/in/masamitsu-matsuzawa-funwithhr

【Fun with HR】HRをHackするMasaのnote

UC Berkeley BHGAP program修了/MIT Sloan "AI in Business"修了/HR方向け個別アドバイザリー/お仕事のご依頼はこちらからどうぞ! www.linkedin.com/in/masamitsu-matsuzawa-funwithhr

    マガジン

    • 採用・面接官のためのアカデミックマガジン

      採用・面接官のためのアカデミックマガジンです。日常に使えるエビデンスや理論をご紹介します。

    • HRのための勉強ノート

      自分自身がHRの領域において現在勉強していること、経験したことを振り返りながら、自分なりにまとめて書いていきたいと思います。また、HR界隈の方々がこの場をきっかけにつながったり、相互的に発展し合うようなきっかけとなれればと思っています。頂戴したサポートは、様々な形で社会に還元していきたいと思います。 個人的なお仕事のご依頼はLinkedinでお願いいたします! https://www.linkedin.com/feed/

    • HR Global NOW!

      世界中のHRで起こっている「今」をお届け!

    • Diversity&Inclusion for Japan

      Diversity&Inclusion(ダイバーシティ・インクルージョン ※以下D&I)というコンセプトがビジネスの世界において重要になる中、日本に住む約1億人には最新の取り組みやトレンドを学ぶ機会が多くありません。Every Inc.では「HRからパフォーマンスとワクワクを」というビジョンを掲げ、グローバルな取組みやアカデミックな文献からD&Iに関する歴史、取組み、事例など”日本なら”ではなく、”グローバルスタンダード”な情報を提供しています。https://every-co.com/

    • HRのための「AI」を勉強するノート

      RPO(Robotics Process Organization)など、作業の自動化はHRにとってもAIに関する情報を、出来る限りわかりやすく書いています。 このマガジンでは、 ・AIの概念 ・AIの技術 ・HRの視点から見たAI(採用with AI、育成with AI、評価with AI、報酬with AI) などなどを書いていきます。 有料化にする理由は、拡散を目的にせず、新しい技術に対してワクワク感やドキドキ感を持って頂ける方に読んで頂きたいからです。 頂戴した支援を基に、新たな情報を収集し、日本のHRが先端技術に送れないような情報提供が出来ればと思います。

    最近の記事

    固定された記事

    UC Berkeley Business Schoolからの手紙①(日本のHRをもっと面白く)

    自己紹介神奈川県出身1986年生まれ。青山学院大学卒業後、2009年 (株)トライアンフへ入社。2017年までに執行役員として組織ソリューション本部、広報マーケティンググループ、自社採用責任者を兼務。2018年8月よりHaas School of Business, UC Berkeleyがプログラム提供するBerkeley Haas Global Access ProgramにJoinし2019年5月修了。同年、MIT Online Executive Course “AI

    スキ
    51
      • Vol8.正しい選考のための3つのポイント

        なぜ書くか様々な情報が飛び交う現代において重要になる中、日本に住む約1億人にはグローバルでの最新の取り組みやトレンドを学ぶ機会が多くありません。Every Inc.では「HRからパフォーマンスとワクワクを」というビジョンを掲げ、グローバルな取組みやアカデミックな文献から面接に関する歴史、取組み、事例など”日本なら”ではなく、”グローバルスタンダード”な情報を提供しています。 正しい選考のための3つのポイントこんにちは、株式会社Everyの松澤です。 このメルマガでは、アカデ

        スキ
        9
        • Vol7.「KSA」って知っていますか?

          なぜ書くか様々な情報が飛び交う現代において重要になる中、日本に住む約1億人にはグローバルでの最新の取り組みやトレンドを学ぶ機会が多くありません。Every Inc.では「HRからパフォーマンスとワクワクを」というビジョンを掲げ、グローバルな取組みやアカデミックな文献から面接に関する歴史、取組み、事例など”日本なら”ではなく、”グローバルスタンダード”な情報を提供しています。 「KSA」って知っていますか?こんにちは、株式会社Everyの松澤です。 このメルマガでは、アカデ

          スキ
          11
          • Vol6.Job Analyticsの方法

            なぜ書くか 様々な情報が飛び交う現代において重要になる中、日本に住む約1億人にはグローバルでの最新の取り組みやトレンドを学ぶ機会が多くありません。Every Inc.では「HRからパフォーマンスとワクワクを」というビジョンを掲げ、グローバルな取組みやアカデミックな文献から面接に関する歴史、取組み、事例など”日本なら”ではなく、”グローバルスタンダード”な情報を提供しています。 Job Analyticsの方法こんにちは、株式会社Everyの松澤です。 このメルマガでは、アカ

            スキ
            16

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • 採用・面接官のためのアカデミックマガジン

            • 8本

            採用・面接官のためのアカデミックマガジンです。日常に使えるエビデンスや理論をご紹介します。

          • HRのための勉強ノート

            • 46本

            自分自身がHRの領域において現在勉強していること、経験したことを振り返りながら、自分なりにまとめて書いていきたいと思います。また、HR界隈の方々がこの場をきっかけにつながったり、相互的に発展し合うようなきっかけとなれればと思っています。頂戴したサポートは、様々な形で社会に還元していきたいと思います。 個人的なお仕事のご依頼はLinkedinでお願いいたします! https://www.linkedin.com/feed/

          • HR Global NOW!

            • 11本

            世界中のHRで起こっている「今」をお届け!

          • Diversity&Inclusion for Japan

            • 14本

            Diversity&Inclusion(ダイバーシティ・インクルージョン ※以下D&I)というコンセプトがビジネスの世界において重要になる中、日本に住む約1億人には最新の取り組みやトレンドを学ぶ機会が多くありません。Every Inc.では「HRからパフォーマンスとワクワクを」というビジョンを掲げ、グローバルな取組みやアカデミックな文献からD&Iに関する歴史、取組み、事例など”日本なら”ではなく、”グローバルスタンダード”な情報を提供しています。https://every-co.com/

          • HRのための「AI」を勉強するノート

            • 5本
            • ¥100

            RPO(Robotics Process Organization)など、作業の自動化はHRにとってもAIに関する情報を、出来る限りわかりやすく書いています。 このマガジンでは、 ・AIの概念 ・AIの技術 ・HRの視点から見たAI(採用with AI、育成with AI、評価with AI、報酬with AI) などなどを書いていきます。 有料化にする理由は、拡散を目的にせず、新しい技術に対してワクワク感やドキドキ感を持って頂ける方に読んで頂きたいからです。 頂戴した支援を基に、新たな情報を収集し、日本のHRが先端技術に送れないような情報提供が出来ればと思います。

          • UC Berkeley ビジネススクールからの手紙

            • 15本

            HRのグローバルスタンダードを学べるオンライン講座はこちら https://every-co.com/services/workshop/hrm-principles/ 著者Profile: 松澤 勝充(マツザワ マサミツ) 株式会社トライアンフ 執行役員。2018年より米国のHaas School of Business UC BerkeleyのEntrepreneurshipプログラムで1年間留学し、同年7月、MIT Executive Program "AI in Business Strategy"を修了。 https://www.linkedin.com/in/masamitsu-matsuzawa-b8436371/

          • 採用・面接官のためのアカデミックマガジン

            • 8本

            採用・面接官のためのアカデミックマガジンです。日常に使えるエビデンスや理論をご紹介します。

          • HRのための勉強ノート

            • 46本

            自分自身がHRの領域において現在勉強していること、経験したことを振り返りながら、自分なりにまとめて書いていきたいと思います。また、HR界隈の方々がこの場をきっかけにつながったり、相互的に発展し合うようなきっかけとなれればと思っています。頂戴したサポートは、様々な形で社会に還元していきたいと思います。 個人的なお仕事のご依頼はLinkedinでお願いいたします! https://www.linkedin.com/feed/

          • HR Global NOW!

            • 11本

            世界中のHRで起こっている「今」をお届け!

          • Diversity&Inclusion for Japan

            • 14本

            Diversity&Inclusion(ダイバーシティ・インクルージョン ※以下D&I)というコンセプトがビジネスの世界において重要になる中、日本に住む約1億人には最新の取り組みやトレンドを学ぶ機会が多くありません。Every Inc.では「HRからパフォーマンスとワクワクを」というビジョンを掲げ、グローバルな取組みやアカデミックな文献からD&Iに関する歴史、取組み、事例など”日本なら”ではなく、”グローバルスタンダード”な情報を提供しています。https://every-co.com/

          • HRのための「AI」を勉強するノート

            • 5本
            • ¥100

            RPO(Robotics Process Organization)など、作業の自動化はHRにとってもAIに関する情報を、出来る限りわかりやすく書いています。 このマガジンでは、 ・AIの概念 ・AIの技術 ・HRの視点から見たAI(採用with AI、育成with AI、評価with AI、報酬with AI) などなどを書いていきます。 有料化にする理由は、拡散を目的にせず、新しい技術に対してワクワク感やドキドキ感を持って頂ける方に読んで頂きたいからです。 頂戴した支援を基に、新たな情報を収集し、日本のHRが先端技術に送れないような情報提供が出来ればと思います。

          • UC Berkeley ビジネススクールからの手紙

            • 15本

            HRのグローバルスタンダードを学べるオンライン講座はこちら https://every-co.com/services/workshop/hrm-principles/ 著者Profile: 松澤 勝充(マツザワ マサミツ) 株式会社トライアンフ 執行役員。2018年より米国のHaas School of Business UC BerkeleyのEntrepreneurshipプログラムで1年間留学し、同年7月、MIT Executive Program "AI in Business Strategy"を修了。 https://www.linkedin.com/in/masamitsu-matsuzawa-b8436371/

          記事

          記事をすべて見る
            • Vol5.ペルソナに頼ってはいけない理由

              なぜ書くか様々な情報が飛び交う現代において重要になる中、日本に住む約1億人にはグローバルでの最新の取り組みやトレンドを学ぶ機会が多くありません。Every Inc.では「HRからパフォーマンスとワクワクを」というビジョンを掲げ、グローバルな取組みやアカデミックな文献から面接に関する歴史、取組み、事例など”日本なら”ではなく、”グローバルスタンダード”な情報を提供しています。 ペルソナは採用基準ではないこんにちは、株式会社Everyです。このブログでは、アカデミックな視点で「

              スキ
              10
              • Vol4.”辞めない人”が採用基準?

                なぜ書くか様々な情報が飛び交う現代において重要になる中、日本に住む約1億人にはグローバルでの最新の取り組みやトレンドを学ぶ機会が多くありません。Every Inc.では「HRからパフォーマンスとワクワクを」というビジョンを掲げ、グローバルな取組みやアカデミックな文献から面接に関する歴史、取組み、事例など”日本なら”ではなく、”グローバルスタンダード”な情報を提供しています。 辞めない人を採用したい?こんにちは、株式会社Everyです。 このメルマガでは、アカデミックな視点で

                スキ
                12
                • Vol3.面接バイアスは防げるか?

                  なぜ書くか 様々な情報が飛び交う現代において重要になる中、日本に住む約1億人にはグローバルでの最新の取り組みやトレンドを学ぶ機会が多くありません。Every Inc.では「HRからパフォーマンスとワクワクを」というビジョンを掲げ、グローバルな取組みやアカデミックな文献から面接に関する歴史、事例など”日本なら”ではなく、”グローバルスタンダード”な情報を提供しています。 バイアスは防げるか? こんにちは、株式会社Everyの松澤です。世界の人事の「今」をお届けする”世界のHR

                  スキ
                  13
                  • Vol2.良い面接をデザインするための4つの準備

                    なぜ書くか様々な情報が飛び交う現代において重要になる中、日本に住む約1億人にはグローバルでの最新の取り組みやトレンドを学ぶ機会が多くありません。Every Inc.では「HRからパフォーマンスとワクワクを」というビジョンを掲げ、グローバルな取組みやアカデミックな文献から面接に関する歴史、取組み、事例など”日本なら”ではなく、”グローバルスタンダード”な情報を提供しています。 良い面接をデザインするための4つの準備 こんにちは、株式会社Everyの松澤です。 世界の人事の「今

                    スキ
                    12
                    • Vol1.面接は信じられない?

                      なぜ書くか様々な情報が飛び交う現代において重要になる中、日本に住む約1億人にはグローバルでの最新の取り組みやトレンドを学ぶ機会が多くありません。Every Inc.では「HRからパフォーマンスとワクワクを」というビジョンを掲げ、グローバルな取組みやアカデミックな文献から面接に関する歴史、取組み、事例など”日本なら”ではなく、”グローバルスタンダード”な情報を提供しています。 面接は信じられるものなのか?こんにちは、株式会社Everyの松澤です。世界の人事の「今」をお届けする

                      スキ
                      16
                      • HR豆知識Vol.28 "Japan is Different"を言い訳にしない

                        なぜ書くか様々な情報が飛び交う現代において重要になる中、日本に住む約1億人にはグローバルでの最新の取り組みやトレンドを学ぶ機会が多くありません。Every Inc.では「HRからパフォーマンスとワクワクを」というビジョンを掲げ、グローバルな取組みやアカデミックな文献からD&Iに関する歴史、取組み、事例など”日本なら”ではなく、”グローバルスタンダード”な情報を提供しています。 何を書くか今回は弊社がご提供しているEvery HR Academy~経営と人事を繋ぐHRBP養成

                        スキ
                        6
                        • Diversity&Inclusion for Japan⑪ 事実婚・同性婚・パートナーシップ

                          なぜ書くかDiversity&Inclusion(ダイバーシティ・インクルージョン ※以下D&I)というコンセプトがビジネスの世界において重要になる中、日本に住む約1億人には細心の取り組みやトレンドを学ぶ機会が多くありません。Every Inc.では「HRからパフォーマンスとワクワクを」というビジョンを掲げ、グローバルな取組みやアカデミックな文献からD&Iに関する歴史、取組み、事例など”日本なら”ではなく、”グローバルスタンダード”な情報を提供しています。https://ev

                          スキ
                          10
                          • Global HR NOW! vol. 11〜ニューノーマル時代に、従業員が望むもの〜

                            なぜ書くか変化し続ける社会・ビジネスの中で、ヒトも組織もHRもそのあり方が変わり続けています。このメルマガでは「Global HR NOW!」と題し、世界のHRの今をお届けします。 Every Inc.は「HRからパフォーマンスとワクワクを」というビジョンを掲げ、グローバルな取組みやアカデミックな文献から”グローバルスタンダードな情報”やサービスの提供を行っています。 https://every-co.com/ 今日のニュース:従業員が、今望んでいることコロナ禍で世界中の

                            スキ
                            2
                            • Global HR NOW! vol. 10〜「‘Great Resignation’」が巻き起こる米国で、従業員を退職させずリテンションする工夫とは〜

                              なぜ書くか変化し続ける社会・ビジネスの中で、ヒトも組織もHRもそのあり方が変わり続けています。このメルマガでは「Global HR NOW!」と題し、世界のHRの今をお届けします。 Every Inc.は「HRからパフォーマンスとワクワクを」というビジョンを掲げ、グローバルな取組みやアカデミックな文献から”グローバルスタンダードな情報”やサービスの提供を行っています。 https://every-co.com/ 今日のニュース:多くの授業員が退職している中、企業は何をすべ

                              スキ
                              5
                              • HR豆知識 vol.27 ”バーンアウト(燃え尽き症候群)が増えている。”

                                なぜ書くか様々な情報が飛び交う現代において重要になる中、日本に住む約1億人にはグローバルでの最新の取り組みやトレンドを学ぶ機会が多くありません。Every Inc.では「HRからパフォーマンスとワクワクを」というビジョンを掲げ、グローバルな取組みやアカデミックな文献からD&Iに関する歴史、取組み、事例など”日本なら”ではなく、”グローバルスタンダード”な情報を提供しています。 世界的に、「燃え尽き症候群」が増えている。みなさんの周囲で無気力感を感じた方はいらっしゃいますか?

                                スキ
                                15
                                • Diversity&Inclusion for Japan ⑩〜人事評価からジェンダー平等を考えよう

                                  なぜ書くかDiversity&Inclusion(ダイバーシティ・インクルージョン ※以下D&I)というコンセプトがビジネスの世界において重要になる中、日本に住む約1億人には細心の取り組みやトレンドを学ぶ機会が多くありません。Every Inc.では「HRからパフォーマンスとワクワクを」というビジョンを掲げ、グローバルな取組みやアカデミックな文献からD&Iに関する歴史、取組み、事例など”日本なら”ではなく、”グローバルスタンダード”な情報を提供しています。https://ev

                                  スキ
                                  11
                                  • Global HR NOW! vol.9〜2021年の米国DEI〜

                                    なぜ書くか変化し続ける社会・ビジネスの中で、ヒトも組織もHRもそのあり方が変わり続けています。このメルマガでは「Global HR NOW!」と題し、世界のHRの今をお届けします。 Every Inc.は「HRからパフォーマンスとワクワクを」というビジョンを掲げ、グローバルな取組みやアカデミックな文献から”グローバルスタンダードな情報”やサービスの提供を行っています。 https://every-co.com/ 本日のテーマ:2021年、米国企業が着目しているDEIインセ

                                    スキ
                                    3