広島SDGsコンソーシアム事務局

広島大学を拠点に、SDGsを達成するために、グローバル・コンピテンシーを育成できる教員のスキルアップを目指して活動しています。研修会やワークショップ、オンラインセミナーのお知らせをメインに発信します。 https://unesco16.hiroshima-u.ac.jp/

広島SDGsコンソーシアム事務局

広島大学を拠点に、SDGsを達成するために、グローバル・コンピテンシーを育成できる教員のスキルアップを目指して活動しています。研修会やワークショップ、オンラインセミナーのお知らせをメインに発信します。 https://unesco16.hiroshima-u.ac.jp/

最近の記事

10月8日(土)「多様な言語と文化を持つ子どもたちのインクルーシブーマジョリティの『私たちの教育』をつくりかえるー」開催報告【講師・南浦 涼介先生】

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 10月8日(土)、東京学芸大学 南浦涼介先生によるオンラインセミナーを開催しました。 多様な言語と文化の背景を持つ子どもたちの教育の歴史から始まり、日本社会における言語の問題、外国人児童生徒への教育は「課題」として捉えられやすいことへの危惧、在籍学級における教科学習のインクルージョンの視点などについてお話をいただきました。 〜参加された皆さんの感想〜 質疑応答の時間も、チャットでの質問が多く寄せられ、大盛況のセミナーとなり

    • 9月10日(土)ワークショップ 境界を超えてのびる ひろがる つながるー山の分校が自分ごととして取り組んだ、地域と世界の課題ーを開催しました

      こんにちは。 ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 9月10日、宮城県蔵王町立遠刈田(とおがった)小学校の齋藤修一先生によるワークショップを、広島大学内にて開催しました。 【齋藤修一先生のプロフィール】 宮城県の沿岸部山元町の小さな旅館に生まれ、海や山で遊ぶ子ども時代を送る。平成元年、僻地の学校から教員生活スタート。山の分校~ドイツ・デュッセルドルフ日本人学校などを経て、現在蔵王に一番近い小学校勤務。 各グループでアイデアを出し合いながら、(童心に帰って!)塔

      • 2022年10月8日(土)「多様な言語と文化を持つ子どもたちのインクルーシブーマジョリティの『私たちの教育』をつくりかえるー」を開催します。【講師・南浦 涼介先生】

        ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 10月8日(土)、東京学芸大学の南浦 涼介先生をお招きし、オンラインセミナーを開催します。 【南浦先生のプロフィール】 専門は日本語教育、社会科教育、教師教育。東京学芸大学教育学部准教授。広島大学大学院教育学研究科博士課程修了。博士(教育学)。主要業績に『外国人児童生徒のための社会科教育――文化と文化の間を能動的に生きる子どもを授業で育てるために』(明石書店、2013年)、「実践の可視化と価値の物語化から見る『評価』概念の問い

        • 8月4日(木)ミステリー手法による授業づくりワークショップ〜カード作り編〜を開催しました

          ブログを読んでいただき、ありがとうございます。 8月4日(木)に、立教大学の高橋敬子先生による、「ミステリー手法による授業づくりワークショップ〜カード作り編〜」を開催しました。 広島SDGsコンソーシアムでは、毎年高橋先生にワークショップの講師をお願いしています。昨年度は新型コロナウイルスによりオンラインでの開催となりましたが、今回は広島大学の会場で対面で行うことができました。(昨年度の様子はこちら) いつも大人気のワークショップで、今回も、多くの申し込みをいただきまし

          2022年7月31日(日)第1回広島SDGsコンソーシアム研修会を開催します。【講師・奈須 正裕先生】

          ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 今年度も事業に採択され、広島SDGsコンソーシアムとして、研修会やセミナーを開催することとなりました。 現場の先生方をはじめ、多くの方々にご参加いただけますよう、さまざまな研修会やセミナーを企画して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。 7月31日(日)の第1回目は、上智大学総合人間科学部教育学科・教授の 奈須 正裕先生をお招きし、オンラインで講演を行っていただくほか、広島県内のユネスコスクールによる実践発表も予定し

          1月22日・2月26日 ミステリー手法による授業づくりワークショップ〜当日の様子と参加者の感想〜

          久しくブログの更新ができていないうちに、外が少しずつ暖かくなり、春を感じられるようになりました。 ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 1月22日と2月26日に、高橋敬子先生による「ミステリー手法による授業づくりワークショップ」を開催しました。1月22日のワークショップに、定員を超える多くの方々の申し込みがあり、急遽第2回を開催する運びとなりました。 「ミステリー手法」というと、あまり聞き慣れない手法かもしれません。 グループワーク形式で、謎(ミステリー)を解い

          新年のご挨拶

          ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 2022年、明けましておめでとうございます。 昨年は、さまざまな方面から講師をお招きし、SDGsに関するオンラインセミナーを開催してまいりました。 講師の皆様には、セミナーへの登壇を快く引き受けていただくとともに、毎回大変密度の濃いお話をしていただきました。 また、セミナーの内容に興味を持ってくださり、参加をしてくださった皆様のおかげで、開催することができました。  心より、感謝を申し上げます。 今年も、みなさまの学び

          自然とともに〜宮城県丸森町立耕野小学校の実践より〜

          ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 12月17日、広島SDGsコンソーシアムの事務局で、宮城県へ出張に行って来ました。訪問先は、丸森町立耕野小学校です。 耕野小学校は、白石蔵王駅から車で約15分の山間部に位置する、全校児童が5名の学校です。昨年度末に統廃合の予定でしたが、新型コロナウイルスの影響によって廃校行事ができなかったため、1年延長の末、今年度で閉校になります。 2年前の台風19号により、運動場に土砂が流れ込むなど、甚大な被害の爪痕が残っていました。 廃

          ミステリー手法による授業づくりワークショップを開催します!

          12月になりました。全国的に冷え込み、季節がゆっくりと着実に進んでいることを実感するここ最近です。 さて、年明けのセミナーのお知らせです。 2022年1月22日(土)、広島大学教育学部にて、高橋敬子先生による、「ミステリー手法による授業づくりワークショップ」を行います。 高橋先生は、環境教育を軸に、多岐にわたる事業に携わっておられる先生です。 高橋敬子先生の詳しいプロフィール https://www.esd4future.com/profile 今のところ、オフライ

          第2回広島SDGsコンソーシアム研修会を開催します!

          ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。 12月11日(土)、オンラインにて、2021年度第2回広島SDGsコンソーシアム研修会を開催します。 第1部では、京都大学大学院教育学研究科教授 西岡加名恵先生による、 『「資質・能力」を育てるパフォーマンス評価』のご講演 第2部では、広島県ユネスコESD×SDGs大賞表彰式・実践発表を予定しております。 ご興味のある方、どなたでも参加できます。 申し込みフォームはこちら↓

          11月13日(土)第3回SDGsオンラインセミナー講師の紹介

          ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。 本日は、11月13日(土)にオンライン開催予定の第3回SDGsオンラインセミナーの講師である、松原裕樹氏の紹介をします。 松原 裕樹(まつばら ひろき) 中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)・ 中国地方ESD活動支援センター 事務局長 特定非営利活動法人ひろしまNPOセンター 専務理事・事務局長 1982年広島生まれ。NPOや企業、渡米経験を経て、環境、教育、地域づくり、観光、防災などに関する事業の企画、

          第3回SDGsオンラインセミナーを開催します!

          ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 金木犀の香りが漂い、紅葉が美しい時期となりました🍁 さて、今回は、第3回SDGsオンラインセミナーのお知らせです。 講師に、EPOちゅうごくの松原裕樹氏をお招きし、SDGs達成に向けた、地域のパートナーシップについて考えます。 SDGsに関する、地域に根ざした多種多様な取り組みについて知り、理解を深めるきっかけになればと思います。 オンライン開催ですので、全国、海外、どこからでもご参加いただけます。 以下のフォームより

          10月23日 第2回SDGsオンラインセミナー〜参加者の感想〜

          ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 今回は、第2回SDGsオンラインセミナーに参加してくださった方々の感想をご紹介します。 新川さんの発表においては、ただの講義よりも、ワークショップ形式で中央アジアの開発問題を学ぶことができて、参加者の方々と議論することができてとてもよかったです。 また、望月さん、服部さんの発表は、今後のキャリアの話も含めて、とてもいい刺激になりました。 全国でたくさんの人々がSDGs達成に向けて取り組まれているということに勇気をいただけました

          10月23日(土)第2回SDGsオンラインセミナーを終えて

          ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 今回は、10月23日に開催された、第2回SDGsオンラインセミナーの内容を振り返ります。 JICA中国職員の新川美佐絵さんによるワークショップ 「中央アジアで何が起こったか?」では、MDGs(途上国の貧困をなくすミレニアム開発目標)からSDGs(持続可能な開発のための目標)への変遷についての解説から始まり、中央アジアに位置する「アラル海」に関する資料の読み解きを行いました。 事前に、参加者の方々へ「情報1」「情報2」「情報3」

          10月23日(土)SDGsオンラインセミナー 発表者の紹介

          こんにちは。 今回のブログでは、10月23日(土)に、オンラインで行われる「第2回SDGsオンラインセミナー」の発表者を紹介します。 今回は、JICA中国職員の新川美佐絵さんによるワークショップ、二人の在外教育施設(日本人学校)経験者による実践発表です。 新川美佐絵さん  JICA中国 市民参加協力課 職員。 東京生まれ。八百屋の長女として育つ。立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科卒業。拓殖大学開発教育ファシリテーター養成講座修了。 大学卒業後、旅行会社勤務を経

          『平和村で働いたードイツで出会った世界の子どもたちー』ご紹介と感想

          ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 前回の記事に続き、ドイツ国際平和村の本のご紹介と感想です。 先日、本を手に取る機会をいただき、私も早速読みました。 執筆者の方々がこの本のなかで書かれている、平和村を知ったきっかけや、ボランティアスタッフとして関わろうとした動機はさまざまでしたが、共通していたみなさんの思いは、「勇気を出してドイツ国際平和村で働いて本当によかった」ということです。 誰しもが、日常の忙しさに追われている。朝が来たら起きて学校や仕事に行き、やら