君は美しい(完結)

17

君は美しい(最終夜)

※最初から読みたい方はこちら

空港の中で30分ほど腰かけていたが、心はざわざわしていた。

なんとなく、背筋をしゃんと伸ばしていないと落ち着かない感じ。

チェックインカウンターがオープンしたので、先にスーツケースを預けに行く。

すぐに元いたイスに戻り、まわりを見渡すが、彼はいない。

出発時間まで、あと1時間半だ。

もう少ししたら、搭乗ゲートに行ったほうがいいだろう。

(来ないんだろうか

もっとみる
ありがとうございます!今日の運勢は大吉です!
7

君は美しい(第十六夜)

※最初から読みたい方はこちら

「そのドレス、とてもきれいだ」

私のワンピースを褒めた彼は、白いシャツにジーンズ姿だった。
初めて出会った日に着ていた服だと、すぐに気づく。

「妹さんの誕生日パーティは、どうだった?」
「よかったよ。ケーキがすごく大きくて、食べきれなかったけど」

そう言ってウインクする顔は、初めて会ったときより打ち解けた、いつもの彼だ。

今日が最後だなんて信じられない。

もっとみる
ありがとうございます!今日の運勢は華丸です!
6

君は美しい(第十五夜)

※最初から読みたい方はこちら

朝になっても、体はまだエネルギーに満ちていた。

頭はハッキリと目覚めているが、ベッドに大の字になったまま天井を見つめる。

もう一度、自分の気持ちを確認したかった。

私は明日、日本へ帰る。

そのあと、彼が私を忘れることだけが心配だった。かといって、ずっとここに残ることもできない。

お金がないからだ。

わずかな貯金をはたいてここへ来た。お金がなくなった私を、

もっとみる
ありがとうございます!今日の運勢は華丸です!
5

君は美しい(第十四夜)

※最初から読みたい方はこちら

「クレジットカードがないの。あなた、知らない?」

私の質問に、ネスティは一瞬沈黙した。

疑っている気持ちはたぶん伝わっただろう。

しかし、もう引くことはできなかった。
今まで目をそらしていたものが、とうとう現れたのだ。

ここを通らなければ、先には進めない気がした。

「カードが、なくなったの?」

顔を上げたネスティの瞳は、いつもと変わらなかった。
そらすこ

もっとみる
ありがとうございます!今日の運勢は大吉です!
10

君は美しい(第十三夜)

※最初から読みたい方はこちら

「僕たちは、結婚できないの?」

ネスティの目の色が、はっきりと変わった。

「どうして?」

みるみると、彼の空気が悲しみに染まっていく。

(しまった)

つまらないウソをついてしまった。
少しだけ彼をいじめたいと思った気持ちが、すぐさま後悔に変わる。

ネスティはこんなにも素直に、私の言葉を聞いてくれるのに。

「ノリコ、もしかして日本に恋人がいるの…?」

もっとみる
ありがとうございます!今日の運勢は華丸です!
5

君は美しい(第十二夜)

※最初から読みたい方はこちら

彼の吐息から、きついラムの匂いがする。

彼の舌から私の舌へ、甘くて苦いピリピリとした感触が伝わってゆく。

それは、私が彼に感じている、焦げるような恋の味そのままだった。

(目を覚まして)

ふいにヒロミのメールが頭をかすめる。だが、すぐに意識の彼方へ消えた。

今の私には、ネスティの存在のほうが圧倒的にリアル。

細い指先が、私の太ももの感触を楽しむように撫で

もっとみる
ありがとうございます!今日の運勢は大吉です!
5

君は美しい(第十一夜)

※最初から読みたい方はこちら

(誰なの?)

ネスティに親しげに話しかけたその女は、体は成熟しているが明らかに若そうだった。まだ10代かもしれない。

信じられないくらいスタイルが良く、目がクリッとして大きい。
どうがんばっても、例え整形したってあんな風にはなれないだろう。人種が違うのだ。

私の視線に気付いたのは、ネスティだった。

「ノリコ」

こちらに顔を向けて微笑む。

「紹介するよ、エ

もっとみる
ありがとうございます!今日の運勢は華丸です!
3

君は美しい(第十夜)

※最初から読みたい方はこちら

(私だけは、彼の気持ちを信じる)

そう決めたら、もう迷いはなかった。

ヒロミのメールはショックだったが、おかげでかえって気持ちが固まった。

インターネットルームを後にし、簡単な朝食を食べて部屋に戻る。

今日の服は、迷った末にピンクのレースがついたキャミソールと、ミニのフレアスカートにした。

スカートは日本だったらぜったいレギンスを履きたい短さだが、この国で

もっとみる
ありがとうございます!今日の運勢は大吉です!
3

君は美しい(第九夜)

※最初から読みたい方はこちら

「......」

カラのサイフを見たときの気持ちを、どう言えばいいのか。

iPhoneのときよりも冷静だったのは、どこかで(やっぱり)という気持ちがあったからかもしれない。

でも、この出来事をどう感じたらいいのか、心が迷っている。

頭が真っ白のまま、ふらふらとベッドに腰かけ、パタンと横になった。

さっきまでネスティの肌を感じながら寝ていたのに。
今はひとり

もっとみる
ありがとうございます!今日の運勢は大吉です!
3

君は美しい(第八夜)

※最初から読みたい方はこちら

「大丈夫。私、持ってる。心配しないで」

お金なんて、どちらが払っても同じことだった。
それより早く二人きりになりたい。

ネスティはそんな私を見つめ、口を開いた。

「ダメだよ、ノリコ。それはできない」

「どうして」

「君に迷惑をかけたくないんだ」

「迷惑だなんて...」

どう言えばいいだろう。なんて言えば、彼のプライドを傷つけずに受け入れてもらえるだろう

もっとみる
ありがとうございます!今日の運勢は華丸です!
4