見出し画像

「見た目は地味」なチョコレートだけど、驚きと喜びを感じてもらいたい。 | パティシエ大岡英博インタビュー|チョコレート半額通販「ひとくち」

こんにちは。
ヨーロッパ高級チョコレート専門店の半額で高品質なチョコレートをお届けする「ひとくち -HITOKUCHI-」代表の荻曽です。

キービジュアル_圧縮

今回は「ひとくち-HITOKUCHI-」の美味しい高級チョコレートを手作りしている、5つ星ホテルのチョコレートも手掛けていたパティシエ、大岡英博(おおおか よしひろ)さんにお話を伺いました。

国内の洋菓子イベント、ジャパンケーキショーで入賞するほどの腕前を持つ大岡さん。どういう経緯でパティシエを志したのでしょうか? これまでの大岡さんの経歴をお話しいただきました。

パン職人になるつもりが……

大岡さんは、全員が大学に行くような進学校に通い、親御さんが公務員で、将来の公務員になることを勧められていたそう。しかし、男だけの4人兄弟の末っ子だったこともあり、比較的、自由に進路を考えることができたという大岡さん。「デスクワークは嫌だな」と思っていたけれど、子どものころから、ずっと食べることが好きだったこともあり、パン職人を目指して専門学校へ申込みをすることに。

しかし、なんと、製パンのコースは受付を締め切ったあと。申し込みに間に合った洋菓子コースの受講が決まりました。

あとから知ったことですが、大岡さんのご出身、茨城県つくば市は、筑波大学やJAXAだけでなく、官民の研究機関が数多く集まる学園都市。なんでも、「石を投げれば博士に当たる」などと紹介されることもあるそう。

そんな地域の進学校に通いながら、専門学校に通うのは、とても勇気のいる決断だったと思います。そして、大岡さんの専門学校時代は、日中に製菓店で働き、週3日夜間に専門学校で製菓を学ぶ日々を過ごしていたそうです。

学校とお店で学ぶ日常

勤め先では、学校のある日は16時半に退勤していたものの、それ以外の日は夜まで仕事をしていました。一緒に働いていた先輩たちが、仕事終わりに海へ遊びに行ったりしているのを横目に、必死で働く日々でした。デパートにも出店している個人店でした。

社長が、とにかく素材に拘るひとで、当時は価値がわからなかったけれど、ブランデーでもコニャックを使ったりと、今になって、本当に良い素材を使っていたことが、わかるようになりました。

コンクール出場を決意

当時、お店を任される立場だったシェフパティシエは、製菓のなかでもチョコレートに強く、絵を描くのも上手。影響を受けた大岡さんも、コンクールへの出場を決意します。

ちょうど「ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ」の立ち上げのときで、立ち上げメンバーとして転職をしました。

創立したばかりで、まだ店のスタイルが確立していなかったため、試行錯誤をしたそう。たとえば、薄くするとヒビが入ってしまうボンボンショコラ(一口サイズのチョコレート、トリュフ・チョコレートのこと)のコーティングをとにかく薄くしようと、会社を挙げての努力を重ねました。

そこで、チョコレート選びや、フィリングの独自の製法を掴んでいきました。毎日、朝6時から夜の2時くらいまで、チョコレートを前に一年ほど奮闘し、初出場のコンクールから入賞。

最初に勤めた製菓店の先輩が、ベルギーチョコレートで有名な「グランプラス」へ転職したのを機に、大岡さんも同じ会社へ転職することにしました。

個人店から工場へ

個人店の工房から工場への転職という大きな変化がありましたが、働き心地は良かったそう。そこで、商品を日持ちさせる技術や、材料を配合を%で管理する方法を学びました。通常、製菓店ではグラム単位でのレシピを使用するため、たくさんの商品を作ることを可能にする、新しいノウハウを身につけました。

そして、大岡さんはさらに青梅のメーカーに転職。ここも工場をもつ大きな会社で、シャトレーゼや森永製菓に卸すような、チョコレートのOEMを行う会社でした。「当時の社長によくしてもらったので、とても思い入れがある」と大岡さん。

シェフパティシエとして

画像1

現在は、シェフパティシエとして活躍されているにも関わらず、「『職人』を自称するにはまだまだ関わってきた時間が短い」と謙遜し、「チョコレートを作るおじさん」とご自身のことを話す大岡さんですが、検索するとたくさんお名前を見つけることができるくらい、各所で引っ張りだこ。

いまは、あまりの忙しさに、2年ほど外に出ていないそうです。

驚きと喜びのあるチョコレートを

「チョコは見た目が地味だけど、食べた時に驚きと喜びは入れたいと思っている」と、大岡さん。

大岡さんは、コンクールへの出場を決意して以来、ずっとボンボンショコラに携わっていながら、さらに力を入れたいと考えているそう。たとえば、機会があって、ニューヨークのシェフから学んだりと、研究に余念がありません。

1,000円で3粒買えるかどうか……それがヨーロッパの高級チョコレート専門店が手掛けるボンボンショコラの価格帯です。しかしこの値段では、なかなか手が出ません。だからこそ、大岡さんはお値打ち価格でボンボンショコラを提供することで、もっと日本にボンボンショコラが根付いて欲しい、と思いを伝えてくださいました。

最後に、大岡さんからコメントをいただきました。

大岡さんの「ひとくち-HITOKUCHI-」チョコレートへのこだわり

package_トリミング済

柱となるチョコレートは、ドミニカやシンガポールなどのカカオの産地のチョコレート原料をブレンドし、カカオの余韻を感じられながら、ついもっと食べたくなるブレンド比を探しました。
試行錯誤しているときに荻曽さんが見つけてくれた、インドネシアのカカオ豆にこだわってチョコレート作りをしている、Dari K様のカカオ分79%のチョコに出会いました。
これを加えることで、心地良い余韻が続き、あとを引く美味しさがある、納得のビターチョコレートが完成しました。ブレンド比については、1%単位で変えた板チョコを作り、多くの方に食べ比べていただき、その数字を参考にして決めました。
「日常にボンボンショコラなどのチョコレートをもっと浸透させたい」という荻曽さんと共通の想いで、日々取り組んでいます。

ヨーロッパ高級ブランド品質の美味しいチョコレートを、専門店の半額でお届けする「ひとくち -HITOKUCHI-」のチョコレート。

▽お買い物は、下記公式通販サイトよりどうぞ!▽

▽高級アーモンドチョコ好きの方にオススメ!高級アーモンドチョコレートと高級ピーカンナッツチョコレートのセット ▽

「ひとくち -HITOKUCHI-」では、フェアトレードから一歩進み、インドネシアでカカオ栽培・発酵指導などを通じ、カカオ農家と協業して商品価値向上と収入向上の両立に取り組む、Dari K社の高級チョコレート原料をメインで使用しています。

「ひとくち -HITOKUCHI-」でのお買い物は、間接的に、インドネシアへの貢献にもなります。ぜひ、購入をよろしくお願いいたします。

私たちが考える"本当に美味しい高級チョコレートとは何なのか?"を記事にしておりますので、ぜひ下記よりご覧ください。

公式SNSのフォローも、よろしくお願いします。

LINE@hitokuchi_jp
Instagram@hitokuchi_jp
Twitter@hitokuchi_jp

さらに、Dari Kさんと、インドネシアのカカオ産地でのお取り組みについて、インスタライブで対談を行い、記事に致しました。

高品質なチョコレートの秘密とは!? カカオが美味しいチョコレートになるまでのストーリーを、下記よりぜひご覧ください。

「ひとくち -HITOKUCHI-」は日本最大のクラウドファンディングプラットフォームであるMakuake(マクアケ)で支援金額チョコレート歴代2位を達成しました!

創業1年未満にも関わらず、いかにしてチョコレート歴代2位になったのか?

個人、初心者でもできるクラウドファンディングのやり方 成功の秘訣を記事にしました。ぜひ下記よりご覧ください。

「ひとくち -HITOKUCHI-」が通販で販売している美味しい高級チョコレートのこだわりや、ご協力いただいている方々のコンテンツをまとめました。ぜひ下記よりご覧ください!


【終了しました】クラウドファンディング 日本最大のプラットフォームMakuake(マクアケ)でチョコレート歴代2位を達成!

大岡さんの技術と努力と情熱、そして荻曽の思いが込められた「ひとくち-HITOKUCHI-」のチョコレート。たくさんの方にお届けするために、現在クラウドファンディング「Makuake」に挑戦中です。

↓ぜひ、購入応援をよろしくお願いいたします。↓


この記事が参加している募集

私の仕事

おすすめギフト

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!とても励みになります!
5
"普段使いできるじぶん用高級チョコレート"がコンセプトの「ひとくち - HITOKUCHI -」🍫 公式通販サイト→ https://hitokuchi.co.jp 最高のくちどけと、心地よい後味。食べきりサイズの個包装。輸入チョコ専門店の半額というお手軽価格。