ひのりす君

東京・日野市を拠点に「自然×子育て」「スポ―ツ×子育て」「芸術×子育て」「おとな×まな…

ひのりす君

東京・日野市を拠点に「自然×子育て」「スポ―ツ×子育て」「芸術×子育て」「おとな×まなび」 をテーマに様々なジャンルの活動をはじめて50年が経った、ひの社会教育センターの活動です。 マスコット「ひのりす君」からみた、ほっこりするこぼれ話や、子育てに使えそうな考え方なんかをお届け!

マガジン

  • 子どもの外遊びーリスクマネジメント編

    子どもの外遊び・アウトドア活動・体験活動の安全管理、リスクマネジメントを「ひの自然学校」の現場から情報提供、考えるポイントをまとめたマガジンです。

  • ひの自然学校ーフィールドレポート

    自然学校スタッフは子どもと一緒に活動する以外にも、自分たちのアウトドア活動も欠かさないように意識しています! そんなオトナの外遊びのフィールドレポートを。外遊びへ誘うマガジン

  • 子どもの外遊びーエビデンス、ジャーナル編

    子どもたちの体験活動や自然体験には、いったいどんな効果や価値があるのでしょうか。実は様々な機関や研究者が沢山のエビデンスを出しており、日々研究活動も進んでいます。ひの自然学校の担当者の目に留まった記事をピックアップして共有します!

  • 子どもの外遊びーワンポイントアウトドアテクニック編

    子どもの外遊びにはたくさんのテクニックが存在します。 ・火を起こす ・炊事をする ・水で遊ぶ ・山に登る ・環境に配慮する などなど 自然学校の現場から、おうちでも使える!?体験活動でも使える!?様々なテクニックを紹介します。

  • 子どもの外あそびー自然学校の日常から

    ひの自然学校では年間を通して4歳児~高校生までの子どもたちや青年を対象にした自然体験プログラムを各地で行っています。 現場は毎回ドラマの連続。全部は書ききれませんが、ぽつりぽつり、スタッフの印象に残ったエピソードを少しずつ…。

最近の記事

氷上わかさぎ釣りにチャレンジしてきました!

職員えっぴと有志のリーダーで2/14にワカサギ釣りに行ってきました!  実はえっぴがずっとやってみたかったことで3年前からやりたくてうずうずしていたのをやっと叶えられました✨ 当日は雲一つない晴天!絶好の釣り日和☀ 今回は群馬県の赤城山のふもとにある大沼へ行きました。  ここは都内から行きやすくかつ、完全結氷する湖なので、氷上での釣りが楽しめます。湖畔にはわかさぎ釣りの道具一式をレンタル&釣り方をレクチャーしてくれる方がいるので、初心者で道具が何もなくても安心して楽し

    • レジリエンスって何!?

      みなさんはレジリエンスという言葉を聞いたことがありますか? インターネットで検索してみると、解説もたくさん! どうやら最近注目されている言葉のようです。 このレジリエンスという言葉は使用される分野によって、意味解釈が若干異なりますが、教育関係から心理学の世界では、 とあります。 また他の論文の中では、 とも書いてあります。 つまり嫌なことや困ったこと、不安に襲われるような出来事を経験したときに、その状態から正常な状態に戻してあげるような力のことをいいます。  このレ

      • Leave No Traceを深掘り!【原則6野生動物の尊重編】

        ひの社会教育センターの活動ではおなじみの「Leave No Trace(通称:LNT)」 ひの社会教育センターの活動に参加している方であれば、活動のしおりや説明会などの動画でも度々紹介しているので、もう耳にしたことがある人も多いと思います。 今回はそんなLNTを深掘りしていきたいと思います! LNTってなに?という方は以下の記事からご覧ください👇 1枚の写真から考える「野生動物の尊重」皆さんはこちらの写真を見たことがあるでしょうか。 一見ただの“駆除された熊”です。 しか

        • 子どもにこそいいウエア!

           子育てをする側からすると、子ども服選びは永遠の課題です。なんてったってすぐに大きくなってサイズアウトしちゃいますらね。  特にアウトドアで使うウエアは元々が一般的な洋服に比べるとお高い。すぐに使えなくなっちゃうからと子ども服屋さんやホームセンターなどで手に入るウエアをチョイスしていらっしゃる方も多く見受けられます。  ダメかと言われればダメじゃないです。アウトドアはなんでも工夫で乗り切ることが大切。そういった意味では「こうでなきゃいけない」ことはほとんどないわけです。しかし

        氷上わかさぎ釣りにチャレンジしてきました!

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 子どもの外遊びーリスクマネジメント編
          ひのりす君
        • ひの自然学校ーフィールドレポート
          ひのりす君
        • 子どもの外遊びーエビデンス、ジャーナル編
          ひのりす君
        • 子どもの外遊びーワンポイントアウトドアテクニック編
          ひのりす君
        • 子どもの外あそびー自然学校の日常から
          ひのりす君
        • デンマークツアー'23
          ひのりす君

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          -油汚れを、エコに洗おう-

           カレーやシチューなど、鍋やお皿にこびりつく油汚れ。 キャンプのアイディアを使って油汚れを上手に洗って、エコでよりステキな暮らしをめざそう!簡単に油の排水化を最小限に抑えるテクニックをご紹介! STEP1:準備するもの  重曹・クッキングペーパー・洗剤(エコ洗剤がベスト)・ヘラ・新聞など STEP2:手順 ①  油汚れをできるだけかき集める。 ②  重曹があればふり、30秒~1分程度まつ。 油汚れの残ったカレーやシチューを、まずはかき集めましょう。  ゴム製のヘラな

          -油汚れを、エコに洗おう-

          チャリの旅第3弾!~自転車でキャンプへ行くの巻~

          みなさんこんにちは、ブランドバリューマネージャーのえっぴです。 ここのところ恒例となりつつあり、自転車旅。 今回は、アウトドア大好きなリーダーたちと一緒に行った自転車キャンプ旅の様子をお届けします。 今回のメンバーはえっぴとたっぽとえあちゃんとらいす。 まずは全員が集まりやすかった高尾駅周辺に集合しました。 えっぴとたっぽはここに来るまでに10-20キロ漕いで準備万端! 荷物重すぎて運べない!? キャンプは生活そのものだったりするので、こだわればこだわるほど荷物はどん

          チャリの旅第3弾!~自転車でキャンプへ行くの巻~

          ひの自然学校流 アウトドアのすゝめ【子どもの服装編】

          ひの社会教育センターでも数多く実施してきているキャンプや登山などのアウトドア活動。 保護者の皆さんから寄せられる質問に 「子どもにどんな服装をさせればいいの?」 「学校に行くのと同じ格好で大丈夫?」 など服装に関する質問をよく聞きます。 今回はそんな活動時の“子どもの服装”について、ディレクターの視点からオススメのスタイルをご紹介! 「どのような衣服をどのように着こなすか」というようなレイヤリングの紹介が主ですが、今回はディレクター視点でオススメの商品もお伝えさせていただき

          ひの自然学校流 アウトドアのすゝめ【子どもの服装編】

          その安全管理は、真に子どものためか?

           みなさんは「外で遊ぶ」ことは好きでしたか?森で遊ぶことは?川で遊ぶことは??外遊び、特に自然の中で行う活動にはおとな、こどもそれぞれにたくさんの効果をもたらしてくれることがこれまでの様々な調査で明らかにされています。  例えば子どもでいえば、興味関心の増進、自身や他人への気づき、自尊心やの問題解決能力向上などなど。おとなでも日ごろの心身のストレスからの解放、ストレスの軽減、リラックス効果、環境への気づきや興味のキッカケなどが挙げられています。まさにイイコトづくめですね。  

          その安全管理は、真に子どものためか?

          高尾山に生きるゴミたち

          ゴミの寿命クイズに参加していただきありがとうございます! 今回のエントリーメンバーはコチラ では、結果発表! いかがですか? この数字はある条件下で「有機質の土に埋まった」時の微生物による分解年数を示しています。さらに分解年数は日光・酸素・標高や土壌の様子によって年数は変わりますので、あくまでも参考値になりますが、よくその辺に落ちている物の多くは、私たちが一生かけても分解されない、或いは世代を超えて残ってしまう物たちがたくさんいるのです。  昔は山でのゴミ処理について「

          高尾山に生きるゴミたち

          僕らの夏休み!ひの自然学校職員の夏休み~【えっぴ編】

          サイクリストなら一度は憧れる、しまなみ海道。 最近自転車にハマったえっぴは、例にも漏れず素敵な景色と海沿いの爽快感を味わいたく、夏休みをとって行こう!と気合を半年前から入れておりました笑 経験者かつ自転車好きの友人と夏休みを利用して、愛媛県今治市→広島県尾道市までを1泊2日かけて83キロを縦断してきました! 今回は、その記録と旅の途中で撮った写真をお届けします。 しまなみ海道についての詳しい説明はこちらからご覧ください。 まずは、愛媛県まで移動 今回は夜行バスに乗って

          僕らの夏休み!ひの自然学校職員の夏休み~【えっぴ編】

          僕らの夏休み!~ひの自然学校職員の夏休み~【わか編】

           ひの自然学校 サステナブルレスポンシビリティマネージャーの“わか”こと若泉です!今年のサマーキャンプ、気温もココロも“アツい”キャンプになりましたね~!今年もたくさんの挑戦と想い出をありがとうございました!  子どもたちの夏休みが終わると、我々職員にもようやく夏休みがやってきます。今回はそんな我々の夏休みをご紹介させていただきます!  諸事情により急遽予定の空いた2泊3日、迷いすぎて直前まで何をしようか決まっていませんでしたが、夏休みの想い出にふけっていると、ふとひの自然

          僕らの夏休み!~ひの自然学校職員の夏休み~【わか編】

          地球にやさしいアウトドアスタイル-山の中のトイレ編-

           登山やハイキングをしたことがある人の中には、急な便意に襲われたことがある人も少なくないはず…。ショッピングセンターや整備された公園のように公共トイレがあれば問題ありませんが、山の中となるとトイレの場所には限りがあります。  我々ひの自然学校では、年間を通じて登山やハイキングのプログラムを実施していますが、今回はその活動で実践している山の中でのトイレについて紹介します。 ①大前提のお話! まず大前提のお話として伝えておかなければならないのが、今回紹介する「緊急トイレ」の手法

          地球にやさしいアウトドアスタイル-山の中のトイレ編-

          遊びが育む、子どもたちのチカラ

          みなさんが遊びと聞くと、どんな場面が想像されますか? ・子どもたちがみんなで1つの遊びをしている場面 ・大人たちの指示によって決められた遊びをしている場面 ・近所の広場などで子どもたちが自由に遊んでいる場面 きっと様々な場面が想像されたと思います。 上記すべて「遊び」という言葉にくくられるものですが、どうやら遊びの仕方によって育つ能力が変わってくるようです。 今回は、いくつか面白いトピックを見つけたので、みなさんと共有していきたいと思います。 前提として・・・ 遊びが身

          遊びが育む、子どもたちのチカラ

          秋の山を安全に楽しむ3つのポイント

           良い季節になりました。あんだけ暑かった夏も気が付けばすっかり湿気もなくなり、さわやか空気感を感じます。徐々に各地紅葉も始まり、里山からそこそこな標高帯まで登山を楽しもう!と思われる人も多いのでは!?  秋は恵みが多く山も楽しい一方で、夏と冬の狭間でもある季節。この時期に気を付けたいハイキングのポイントをいくつかまとめてみました。 ①ルートは見えにくくなりがちです。  夏にスクスクと伸びた草は登山道を覆い隠してしまい、ぱっと見た感じ特に分かれ道では登山道が認識しにくく、ち

          秋の山を安全に楽しむ3つのポイント

          この夏は社会性を高めてみよう!

          「今年は4年ぶりの制限がない夏です」 この言葉をニュースなどで見聞きしたことはありますか? そう2019年から世界中を猛威を振るった新型コロナウイルス感染症(以下コロナ)の感染対策の緩和です。  コロナは発症し病気にかかってしまう以外にも様々な制約や習慣を私たちに届けてくれました。ひの社会教育センターでは「コロナによる休校期間で得たものや失ったもの」についてアンケート調査を行うなど、早い段階から子どもたちにとって様々な「感染対策」は感染症予防以外に負の影響も大きいのではない

          この夏は社会性を高めてみよう!

          リーダーズチャレンジの記録~パックラフトで行く多摩川74kmラフティングの巻~

           5月中旬、リーダーのまめた&わかでとあるチャレンジに出かけてきました。その名も「多摩川74km縦断ラフティング」  多摩川全体の中間地点、青梅市にある御嶽を出発点とし、多摩川の河口である羽田空港までのおよそ74kmを“パックラフト”といわれる1人乗り用のボートに乗り、1泊2日かけて川下りをするチャレンジになります。  筆者はテントを担いだ縦走登山が好きなため、山に関するチャレンジは度々してきたものの、今回のようなウォーターアクティビティチャレンジは初めて。挑んだことのない

          リーダーズチャレンジの記録~パックラフトで行く多摩川74kmラフティングの巻~