見出し画像

百物語49話目「鯨怪談」(実話怪談)

IWC脱退しましたね。

クジラに関しては、下記の記事で一度書きました。

そこで鯨の怪談を聞いたと書きましたが、今回のネタはそれです。

鯨怪談を書くのは二度目。すでに一度書いている鯨怪談はコレね。

そして、今から書くのは、元南平洋の鯨類捕獲調査団団長から聞いた話。(各地に同じ類型の話はあるらしい)

ある鯨漁の網元のところに妊娠中の女の霊が現れて、

「明日、私はあなたの漁場を通ります。けれどお腹には子供がいるので、行く道は見逃して欲しい。生み終えた帰りには、必ず捕まるから」

と、懇願しに出てきたそう。

が、翌日、網元の漁師は懇願を無視して、鯨を獲ってしまう。

確かに、その鯨の腹には、今にも生まれそうな子鯨がいたそうな。

その日の夢に血だらけの女が出てきて、

「あれほど頼んだのに。決して、決して許さぬ」

と、恨みを言って消えた。

それから数日後――。

鯨を仕留めるのに銛を使うのだけど、網元の家の欄間に飾ってあったそれが、外れ落ちる。

落ちた銛は、下にいた網元の子供の首を後ろから突き抜いたそうな。

このお話を気に入ってもらえましたら、ぜひ、NovelJam作品「帰りゃんせ」を投げ銭代わりにご購入願います。私の書いた怪談物語です。216円!!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!

そして、チャット小説も始めました!

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありあり~!
4
ゲームのシナリオライター。怖い話も書籍に載ってるよ!TLの電子書籍をカドカワさんから出してるよ!BL電子書籍は講談社さんから出してるよ!youtube動画シナリオも書いてるよ!90万再生超えてるのが2作あるよ!

こちらでもピックアップされています

NovelJam「帰りゃんせ」販促チャレンジ企画「百物語」
NovelJam「帰りゃんせ」販促チャレンジ企画「百物語」
  • 101本

NovelJamによって生み出された私の怪談小説「帰りゃんせ」を販促するために、グランプリまでに百物語を完成させるマガジンです。なんとか完成させてグランプリで怪異を起こすぞー!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。