見出し画像

イラストレーターの処世術

イラストレーターの仕事は、絵を描くのが好きであればOKというわけではなく、意外と高度なコミュニケーション能力が必要です。それは、10年以上続けても実感として感じ、「まだまだだなぁ」と反省することも多いのです。

そのコミュニケーション能力とは、相手を仲良くなるというより、自分自身を守るために必要なこと、だとも言えます。


全く知らない人と仕事をする危険


イラストの仕事の来るきっかけはいろいろだと思いますが、私の場合は、Webを見た方から突然メールが来ることが多いです。

相手は全然知らない人なので、依頼主の身元は、わりとシビアに確認します。

出版社の編集さんやデザイン会社のデザイナーさんであれば、メールアドレスのドメインとその会社のWebsiteのドメインが同じであることは念のためにチェックします。

フリーランスの方でWebsiteもないような場合は、お名前や屋号を検索したり、FBで探したり、「その方が実在するかどうか」を確認します。

私は諸事情から、一般の方からのご依頼は受けておりませんが、誰でも私にメールは送れます。本(闘病記)も出版しているので、たまに感想や問い合わせも同じメールフォームから受け付けているためです。

いたずらや悪意を持って「なりすまし」て「依頼」することは、いくらでもできるのです。


気持ちよく好条件で仕事ができるかどうか判断する基準


今はメールのやり取りだけですべてが終わってしまうことも多いのですが、そんなやり取りの中でも「相性の良し悪し」は感じます。

まず、圧倒的に「言葉の足りない人」から「いかにして言葉を引き出すか」ということに注力します。乱暴な言い方をすると、最初のメールでしっくりこない相手とは、最後までしっくり来ませんし、トラブルになりやすいことが多いのです。

イラストレーターに仕事を依頼するに当たって、イラストレーター側に必要な情報は、大体以下の通りです。

この続きをみるには

この続き: 1,042文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

フリーランスのクリエイターが知っておくべきことについて書いたものです。有料記事を単体で読むよりお得になっています。これからもどんどん記事が…

または、記事単体で購入する

イラストレーターの処世術

陽菜ひよ子 / イラストレーター&文筆家&漫画家

200円

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
陽菜ひよ子 / イラストレーター&文筆家&漫画家

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

面白かったら、ぜひフォローもお願いします☆
53
「ナゴヤ愛 」(秀和システム)好評発売中。2006年ダイヤモンド社・2015年PHP研究所より出版。中日新聞AD FiLEコラム連載中。主なイラスト仕事はNHK番組・新聞・書籍・広告・自治体、イラスト講師など。ひよことプリンとネコが好き。http://www.hiyoko.tv/