見出し画像

本は見た目が大事

9/12発売の新刊『ナゴヤ愛 地元民も知らないスゴイ魅力』ですが
地元名古屋ではなかなかに快進撃を続けています。

画像6

   ↑ 9/20(日)丸善名古屋本店さんでのランキング(実用書2位)

Amazonのレビューを読むと
地元の人以外にも楽しんでいただけている模様。
(1のレビューの陰には100のレビューあり、なのです。。。たぶん)


新刊「ナゴヤ愛」の装丁(ブックデザイン)

画像5

「このナゴヤという文字が、遠くからでもすごく目立ってよい」
という感想をいただきました。

本は見た目が大事です。
どんなに良い本でも、見た目が悪かったり目立たなかったりして
手に取ってもらえなければ意味ないですもん。


でも実は
この装丁(デザイン)案をいただいた時、私は正直
「ちょっと字、大きすぎませんか?」
と思い、そう伝えたのでした。(反省)

そしたら編集さんに
「これくらいでないと書店で埋もれます」
と一刀両断に言い放たれたのでした。

こういうとき、私は一応感想は述べるものの
編集さんの意見に納得すれば、素直に従います。
餅は餅屋ですもんね。


でも、装丁に関しては割と粘った部分もあって
最初、このデザインは表1(表紙。タイトルがある)と帯だけに
イラストが入っていたんです。

帯とのバランスを考えてのことだと思うんですが
逆に帯を外すと寂しすぎないかな?と感じて

表4(裏表紙。バーコードや価格が書いてある)と
ソデ(本にカバーをかけて折り返して内側になる部分)にも
イラストを入れてくれるように頼みました。

デザイナーさんは最初渋っていたのですが
入れてみたら案外よかったとのことで
こんな感じになりました!!

画像1

ちなみに表4側のソデ(右端)の帯の下にも
小さなイラストが入ってます。
見つけてにんまりしてください。

私はデザイナーではないので
元のデザインと今のデザインとで、本当のところ
どちらのデザインが良いかはわかりません。

それでも、私の意見を聞き入れて下さった
デザイナーさんには感謝です。


美しい装丁は、世界の宝


私は美しい本が好きです。
以前はふらりと書店に出かけては、美しい本を見つけて
内容は知らずに「装丁買い」(レコードのジャケ買いみたいなもの)を
するのが「書店の楽しみ方」のひとつでした。

けれど、今の仕事(イラストレーター)をはじめてからは
周りに本を出す人が大勢いるし
仕事上の資料や勉強に必要な本も多いので
書店で本を買うときには、仕事用か知人の本を買うケースがほとんどで
昔のように無邪気に本を選ぶことが少なくなってしまいました。

そんなわけで、若干古い本が多いのですが
本棚で目についた装丁買いした本の一部を載せます。
(元はTwitterの #みんなとにかく本が好き というタグのために作った画像)

画像2

「装丁に惚れて買う」のは書店で実際に手に取るからこそできること。
美しいデザインの本は世界の宝。私もそんな本が作りたい。

タラブックスだけは、愛知県の刈谷市美術館で購入した
「世界に一冊のナンバリングされた」ものです。
右の白いのは市販されてるカバーで、少し隠れた黒いのが私の本のカバー。世界に1枚のミスプリントでできています。
駅で偶然お会いした著者さん(どうでしょうの「ヒゲ」並みに
キャラが濃い)のサイン&イラストがソデに入ってます。

この写真を上げるときも「トリとネコ多めだなぁ」と思ったのですが
上げた後で「あ、これも上げればよかった」というのが出てきて
並べてみると「トリまるけ・・・」(名古屋弁で「トリだらけ」の意)

画像3

昔は「鳥」ってだけで買っちゃってた時代があったのでした。

ここ数年ネコ愛が買ってたけど、新刊「ナゴヤ愛」で
ひさびさにひよこマンガを描いて
またもや「トリ愛」がむくむく復活中。

右下の「Niwatori」はPIE BOOKSの人気シリーズの1冊で
このシリーズは、「本棚を見ただけでその人の
人となりがわかるような本づくりを目指して作られた本」
なのだそうです。
友人から「この本がひよこちゃんの本棚にあったら
本当にひよこちゃんっぽいと思う」といってプレゼントされたもの。
ひよこというよりニワトリの写真集なので
結構激しいんだけど、気に入っています。

ところで、私はいつか文章の本を書き
酒井駒子さんに、トリとネコの装画を描いてもらうのが夢のひとつ。


偽物はどれだ?クイズ


最後に、ちょっとしたクイズを。
今までに仕事でカバーのイラストを手掛けた本は何冊かあります。

その一部。。。と言いたいところだけど
この画像に載せた本のうち
2冊は装画ワークショップの課題で描いたもので
市場には流通していないのです。さてどれでしょう?

画像4

消去法で行けば、まぁまぁわかるのではないかと思うのですが。
もしよろしければ、当ててやって下さいませ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
陽菜ひよ子 / イラストレーター&文筆家&漫画家

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

スキありがとうございます♡
新刊「ナゴヤ愛 」(秀和システム)好評発売中。2006年ダイヤモンド社・2015年PHPより出版。中日新聞AD FiLEコラム連載中。主なイラスト仕事はNHK番組・新聞・書籍・広告・自治体、イラスト講師など。ひよことプリンとネコが好き。http://www.hiyoko.tv/