イイことをしたら憧れの仕事をゲットできた話
見出し画像

イイことをしたら憧れの仕事をゲットできた話

イラストレーター&文筆家&漫画家の陽菜ひよ子です。
このnoteでは、今までしてきたお仕事をご紹介しています。
主な内容は、お仕事の詳細や感想、依頼されたきっかけなど。

イラストをご依頼される方にとってのサンプルとなるだけでなく、イラストレーターを目指す人が参考にできるような内容を目指しています。
今までの記事は、コチラからご覧になれます。


イラストレーターにとってあこがれの仕事


イラストレーターになりたいと思うきっかけは人それぞれだと思いますし、目標とする仕事も人によって違います。

けれど、多くのイラストレーターが憧れるのが「新聞小説の挿絵」ではないでしょうか。私ももちろん、憧れたひとり。

今回ご紹介するお仕事は、その憧れのお仕事です。

2019年12月28日東京新聞・中日新聞文化面『掌編小説』 挿絵を担当しました。いしいしんじさんの小説「たなうらひめ」です。

画像1

『掌編小説』とは「手のひらに書くほどの短い小説」という意味。短編小説より短いものを指します。月イチでリレー形式で毎月異なる作家さんが登場。

画像2

平安時代のお話なので、十二単の女性や几帳を描きました。動物がたくさん登場するので、描いていて楽しかったです。

普段はアナログで描くことが多いのですが、このときは線以外はパキッとしたデジタルで描きました。

画像3


お仕事をいただいたきっかけは「点字名刺の会」


このお仕事は、名古屋の中日新聞の記者Nさんから依頼があり、東京の東京新聞の担当者の方とやり取りして仕事を進めました。

記者Nさんとは、まだNさんが東京新聞勤務だった頃に、ある集まりで知り合いました。その後名古屋に転勤になられてから、本格的に交流が始まったのです。

Nさんと知り合った集まりは「点字名刺の会」。

その名の通り、名刺に点字を入れている人たちの集まりです。もちろん、入れているご本人は目が見えます。「社会貢献」として点字を入れているのです。

点字名刺を請け負っている「社会福祉法人あかね」のHさんもいらしていて、その場で申し込むことができました。私もさっそく申し込み。

あかねさんでは、障害を持つ方々の自立支援として、様々な取組を行っています。点字名刺以外にも、テープ起こしやデータ入力、機関誌の音訳など、多種の業務をお願いすることが可能。

ここから申し込めます。


1枚15円でできる社会貢献、始めてみませんか?

できあがった名刺はコチラ。お名前と電話番号が入ります。

画像4


この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&まちづくりジャーナリスト

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

スキありがとうございます♡
陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&まちづくりジャーナリスト
著書「ナゴヤ愛 」(秀和システム)好評発売中。2006年ダイヤモンド社・2015年PHPより出版。中日新聞広報誌にて取材+コラム連載中。代表的なイラストのお仕事はNHK Eテレ「すイエんサー」。インタビューとひよことプリンとネコが好き。http://www.hiyoko.tv/