見出し画像

クリエイターの道筋、正解はひとつじゃない

今から15年前、私が通っていたイラストスクールでは、イラストレーターの出世コースは「雑誌ananのカットイラストから広告へ行くこと」だと教わりました。

イラストレーションの花形は広告です。同じイラストを描いても、雑誌のカットなら5,000円から1万円くらいだけれど、大企業の広告に大きく使われれば、数十万から百万になることもある(当時)、と聞き、胸が躍らない人はいないでしょう。

広告業界の人たちが次世代の広告イラストレーターを探すのが「anan」なのだそうです。だから新人はananを目指せと。

けれど、そのような「スタンダードな道筋」は、今はもうなくなりつつあることを感じます。

この記事は、単体で300円です。
この記事の入ったマガジンは、10本以上読めて1本あたり100円以下です。
マガジンの記事は今後増えますし、マガジン代金は値上げすることもありますが、一度購入したマガジンは追加料金なしでお読みいただけます。
長い目で見ると、とってもお得です。よろしければ、マガジンの購入をおすすめします。

この記事の入ったマガジンです。

ここから先は

3,111字 / 1画像
この記事のみ ¥ 300
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が参加している募集

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。