見出し画像

見てもらおうか、耐水メモパッドの実力とやらを。

こんにちは、ハイモジモジです。

突然ですがみなさん、ガンダムはお好きですか?

根っからのファンの方はとっくにご存知かと思いますが、現在「機動戦士ガンダム」の生みの親、富野由悠季監督の展覧会、その名も「富野由悠季の世界」が全国6カ所を巡回しています。


画像1


第1会場となりました福岡市美術館での会期は終了してしまったのですが、第2会場になります兵庫県立美術館では10月12日(土)から12月22日(日)まで。またそれ以降も島根県立石見美術館、青森県立美術館(予定)、富山県美術館(予定)、静岡県立美術館とつづいていきます。

そんな中、ハイモジモジが企画・デザインし、共生社さんとともに販売している耐水メモパッド「TAGGED MEMO PAD」が同展覧会とコラボレーション。

会場限定で販売されるオリジナルグッズとして、10月12日から展開されることになりました。


画像2

©創通・サンライズ


画像3

©創通・サンライズ


計2種類の展開なのですが、ひとつめは言わずと知れた「シャア専用」モデル。

シャア・アズナブルの代名詞である赤を全面にあしらったデザインです。


画像4

画像5

©創通・サンライズ


つづいて「∀ガンダム」モデル。

ターンAといえば「黒歴史」という言葉の発祥とされる作品。

ネットスラングでは「覆い隠したい過去」のようなネガティブな意味で使われますが、もともとはそういう意味ではなかったんですよね。

って、これもファンには耳にタコでしたね。


画像6

画像7

©創通・サンライズ


今回、コラボレーションのきっかけとなったのは「TAGGED MEMO PAD」のタフネスっぷりを見込まれたから。

本製品はクリーニング・タグ専用として開発され、シャツに取りつけた状態で「一緒に」洗われている耐洗紙から生まれたメモパッドで、水に濡れても、雨に打たれても、うっかり洗濯してもやぶれないほどの強度が自慢です。


画像10

画像9

画像11


モビルスーツほど頑丈ではないかもしれませんが、大事なメモを残すという意味では十分すぎる耐水性(※)があります。

※水を弾くのではなく「水を含みながらも破れにくい」という点で高い耐水性を誇ります。


ちなみに2016年度のグッドデザイン賞受賞作品です。

画像11


そんな「TAGGED MEMO PAD」と「富野由悠季の世界」がコラボレーションした限定バージョンを、ぜひ会場で手に入れてくださいね。


「富野由悠季の世界」公式サイトはこちら▼
(公式グッズ情報もあります)


「TAGGED MEMO PAD」紹介ページはこちら▼


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、新しいアイデアを形にする【試作費】に使わせていただきます。ありがとうございます。

8
Kneepon from Nippon! 思わず膝を打つアイデアを発信しているハイモジモジの公式noteです。【会社サイト】https://www.hi-mojimoji.com/ 【WORKERS'BOX】https://www.workers-box.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。