hidekuni.mw

Humme 店主。鹿児島県出水市に東京から移住。ITエンジニアの仕事をリモートで続けながら、空き家をセルフリノベーションで改装。2021年4月にパンとお菓子の店を開業。複業でエンジニアを続けていたが、3月末で退職。 https://www.humme.jp/

hidekuni.mw

Humme 店主。鹿児島県出水市に東京から移住。ITエンジニアの仕事をリモートで続けながら、空き家をセルフリノベーションで改装。2021年4月にパンとお菓子の店を開業。複業でエンジニアを続けていたが、3月末で退職。 https://www.humme.jp/

    マガジン

    • 真似したい料理

      普段作る料理で真似したい!と思ったレシピや料理のノウハウのまとめ

    • これからの働き方

      私の考える働き方を綴った記事、または影響を受けた記事のまとめ。

    • note のノウハウ

    ストア

    • 商品の画像

      ブルーベリー便

      Humme のある鹿児島県出水市では、ブルーベリーが旬を迎えています。 大粒でブルーベリーらしい甘味と酸味。 店舗はお休みですが、このブルーベリーを使ったパンとお菓子を届けたく、今回通販することにしました。 ご希望であれば、農家の方が摘んだ冷凍ブルーベリーを追加でお入れすることも可能です。別途、「冷凍ブルーベリー(100g)」をご希望数カートに入れ、こちらの商品と同時にご購入をお願いします。 【 セット内容 (各1個ずつ、内容は変更する可能性がございます) 】 ・ブルーベリーのカンパーニュ(写真の型焼きパン) 甘くありませんので、食事パンとしてお楽しみください。 ・ブルーベリーのミニサワードゥブレッド 種子島産の粗製糖をまぶしたブルーベリーを中に包んで焼き上げた、ほんのり甘いパンです。 ・ブルーベリーとゴルゴンゾーラ 甘酸っぱいブルーベリーとゴルゴンゾーラチーズを合わせたおつまみのようなパンです。 ・ブルーベリーマフィン ブルーベリーと言えば、なお菓子。ふわふわのマフィン、上にはサクサクのクランブルをかけました。 ・ブルーベリーパイ クリームチーズとブルーベリーを包んでパイにしました。ブルーベリーはジャムではなく生のブルーベリーをそのまま包みました。パイはホロホロタイプです。 ** 注意書き ** 【 パンの賞味期限 】 発送日より1ヶ月程度。 冷凍でのお届けですので、到着後、すぐに召し上がらない場合は、冷凍庫で保管してください。 召し上がる際は常温で解凍し、トースターや蒸し器、ラップして電子レンジなどで温めてお召し上がりください。 【 発送について 】 ・発送日 : 2022/7月中頃までに発送します。 ・到着日は指定できません。 ・クール便(冷凍)で発送します。 ・時間指定は下記時間帯で指定できます。ご希望の時間帯を備考欄にて記載してください。 佐川急便で発送します。 ・・午前中 ・・12-14時 ・・14-16時 ・・16-18時 ・・18-20時 ・・19-21時 【 送料について 】 ・送料に梱包材費、サービス手数料などを含んでいます。 ・離島の場合、別途料金がかかります。 金額は個別にご連絡いたします。お支払いは銀行振込でお願いいたします。 【 その他 】 ・パンやお菓子については、十分な梱包をしておりますが、配送中に形が崩れてしまうことがございます。あらかじめご了承ください。 ・配送中の事故や紛失等の責任は負いかねますのでご了承くださいませ。 ・複数購入、または他商品とあわせてご購入いただいた場合、可能な限りまとめて発送いたします。
      2,000円
      Humme
    • 商品の画像

      冷凍ブルーベリー(100g)

      Humme のある出水市の小田農園さんで採れたブルーベリーを、パンと一緒に送ります。 今回は冷凍便のため、ブルーベリーは摘んだその日に冷凍したものです。 農家の方が軽く拭いているので、そのまま召し上がれます。 冷凍のままでも冷たくて甘酸っぱくて美味しいです。 ヨーグルトに入れたり、お菓子に入れたり、ジャムにしても。 パンの追いブルーベリーにもぜひ。 こちらの商品は 100g です。ご希望の量だけ購入してください。 (例) 500g なら 5個 購入。 ** 注意書き ** この商品はパンと一緒にお届けするもののため、単品でのご購入はできません。 必ず「ブルーベリー便」とセットでご購入ください。 【 賞味期限 】 冷凍で1年程度。 解凍後はお早めにお召し上がりください。
      216円
      Humme
    • 商品の画像

      ブルーベリー便

      Humme のある鹿児島県出水市では、ブルーベリーが旬を迎えています。 大粒でブルーベリーらしい甘味と酸味。 店舗はお休みですが、このブルーベリーを使ったパンとお菓子を届けたく、今回通販することにしました。 ご希望であれば、農家の方が摘んだ冷凍ブルーベリーを追加でお入れすることも可能です。別途、「冷凍ブルーベリー(100g)」をご希望数カートに入れ、こちらの商品と同時にご購入をお願いします。 【 セット内容 (各1個ずつ、内容は変更する可能性がございます) 】 ・ブルーベリーのカンパーニュ(写真の型焼きパン) 甘くありませんので、食事パンとしてお楽しみください。 ・ブルーベリーのミニサワードゥブレッド 種子島産の粗製糖をまぶしたブルーベリーを中に包んで焼き上げた、ほんのり甘いパンです。 ・ブルーベリーとゴルゴンゾーラ 甘酸っぱいブルーベリーとゴルゴンゾーラチーズを合わせたおつまみのようなパンです。 ・ブルーベリーマフィン ブルーベリーと言えば、なお菓子。ふわふわのマフィン、上にはサクサクのクランブルをかけました。 ・ブルーベリーパイ クリームチーズとブルーベリーを包んでパイにしました。ブルーベリーはジャムではなく生のブルーベリーをそのまま包みました。パイはホロホロタイプです。 ** 注意書き ** 【 パンの賞味期限 】 発送日より1ヶ月程度。 冷凍でのお届けですので、到着後、すぐに召し上がらない場合は、冷凍庫で保管してください。 召し上がる際は常温で解凍し、トースターや蒸し器、ラップして電子レンジなどで温めてお召し上がりください。 【 発送について 】 ・発送日 : 2022/7月中頃までに発送します。 ・到着日は指定できません。 ・クール便(冷凍)で発送します。 ・時間指定は下記時間帯で指定できます。ご希望の時間帯を備考欄にて記載してください。 佐川急便で発送します。 ・・午前中 ・・12-14時 ・・14-16時 ・・16-18時 ・・18-20時 ・・19-21時 【 送料について 】 ・送料に梱包材費、サービス手数料などを含んでいます。 ・離島の場合、別途料金がかかります。 金額は個別にご連絡いたします。お支払いは銀行振込でお願いいたします。 【 その他 】 ・パンやお菓子については、十分な梱包をしておりますが、配送中に形が崩れてしまうことがございます。あらかじめご了承ください。 ・配送中の事故や紛失等の責任は負いかねますのでご了承くださいませ。 ・複数購入、または他商品とあわせてご購入いただいた場合、可能な限りまとめて発送いたします。
      2,000円
      Humme
    • 商品の画像

      冷凍ブルーベリー(100g)

      Humme のある出水市の小田農園さんで採れたブルーベリーを、パンと一緒に送ります。 今回は冷凍便のため、ブルーベリーは摘んだその日に冷凍したものです。 農家の方が軽く拭いているので、そのまま召し上がれます。 冷凍のままでも冷たくて甘酸っぱくて美味しいです。 ヨーグルトに入れたり、お菓子に入れたり、ジャムにしても。 パンの追いブルーベリーにもぜひ。 こちらの商品は 100g です。ご希望の量だけ購入してください。 (例) 500g なら 5個 購入。 ** 注意書き ** この商品はパンと一緒にお届けするもののため、単品でのご購入はできません。 必ず「ブルーベリー便」とセットでご購入ください。 【 賞味期限 】 冷凍で1年程度。 解凍後はお早めにお召し上がりください。
      216円
      Humme
    • もっとみる

    最近の記事

    固定された記事

    自己紹介

    はじめまして。東京在住の会社員で、今秋に鹿児島へ移住してパンとお菓子の店を妻と始める予定です。 現在はネットワーク系の会社でテストエンジニアとして勤務中。 数年前にエンジニアからパン屋に転職し、約2年間朝から晩までパンを作っていました。そして昨年エンジニアに戻り、現在は開業準備中です。 パン作りを生業にしたいと思ったのは、30歳を前にこれからの暮らしを考えたとき、エンジニアとしてずっとやっていけるイメージが湧かなかったから。暮らすことと仕事をすることを分けるのではなく、ど

    スキ
    45
      • 複業を少しずつ始めます

        複業で続けていたエンジニアを3月で辞め、パン屋に注力すると宣言して数ヶ月。また複業を始めようと考えている。今度は雇われではなく、自分だけ。フリーランス。 パン屋に注力してやりたかったことは全くと言っていいほどできていないのだが、今やれることがあるのでは?という考えがよぎり、少しずつ始めてみることにした。 やりたいのは、個人店や小規模な事業をされている方向けのインターネット周りの何でも屋。 メインはウェブサイトやECサイトの作成だが、そもそも何がしたくてウェブサイトが必要と

        スキ
        6
        • セルフリノベーションは今とちょっと先の暮らしを楽しむためのもの

          私は空き家だった古民家をセルフリノベーションしてお店を始めた。 床、天井、壁を壊し、それらを新たに作る。 そして塗装し、整える。 ここでお店をし、暮らすために、できるだけ自分たちの手で。 建築を仕事としている方が、DIY が今流行っているけれど、暮らしていくとプロが手がけたものとの違いがわかっていく、と話していると聞いた。 恐らく、セルフリノベーションをしている人たちもそれは同じ気持ちだと思う。 どちらもしない人から見ると、プロに依頼するか、自分たちでやるかの違いに見える

          スキ
          11
          • 理想とは

            3月末で複業の仕事を辞め、パン屋のみになった。そのことを話すと、「もったいない」「理想の働き方だったのに」など言われることがあり、受け流しつつもちょっとモヤモヤした気持ちになった。 「今」だけを見れば良い働き方かもしれない。 でも5年後、10年後はどうだろう。 複業での仕事は経験と知識の切り崩しだった。これまでそこで働いた経験があってこそ成り立つ働き方。その時間しかその仕事に触れることができないため、自身の成長にも繋がりにくい。立場としても現状維持が良いところだろう。 そ

            スキ
            11

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 真似したい料理

            • 27本

            普段作る料理で真似したい!と思ったレシピや料理のノウハウのまとめ

          • これからの働き方

            • 1本

            私の考える働き方を綴った記事、または影響を受けた記事のまとめ。

          • note のノウハウ

            • 1本
          • パン屋過去日記帳

            • 0本

            パン屋で働いたこと、感じたことを綴った記事のまとめ

          • パン屋開業準備

            • 0本

            パン屋開業に向けて調べたこと、動いたことの記事のまとめです。

          • 真似したい料理

            • 27本

            普段作る料理で真似したい!と思ったレシピや料理のノウハウのまとめ

          • これからの働き方

            • 1本

            私の考える働き方を綴った記事、または影響を受けた記事のまとめ。

          • note のノウハウ

            • 1本
          • パン屋過去日記帳

            • 0本

            パン屋で働いたこと、感じたことを綴った記事のまとめ

          • パン屋開業準備

            • 0本

            パン屋開業に向けて調べたこと、動いたことの記事のまとめです。

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • より面白い方へ

              鹿児島へ移住し、半月パン屋を営み、残りの半月はリモートワークでITエンジニアをするという生活を一年間続けてきた。 そして、今月末。エンジニアとして勤めてきた会社を退職する。 パン屋という先行き不透明な仕事と、会社勤めという比較的安定している仕事。それらを両立できたことはとてもありがたく、心の余裕にもなっていたと思う。会社から生活に必要な最低限のお金は給与としてもらえるし、保険やらなんやらメリットも多かった。 辞めるのはパン屋だけでやっていけるという保障ができたわけではなく、

              スキ
              48
              • 車で1時間かけて珈琲を飲みに行く

                信じられないと思うだろうか。 普通だと思うだろうか。 最近よく行く喫茶店は、車で1時間ちょっとかかる。遠出した帰り道に初めて寄り、それからはそのためだけに行くようになった。 たぶん都会に暮らしていると、車を長時間運転してまでと思うだろう。私がそうだった。鹿児島に来てしばらくは、15分ぐらいで行けるような場所がないか探しまわった。が、都会ほど選択肢があるわけでもなく、どこもピンとこなかった。 そしてやっと見つけたのが、車で1時間ちょっとの店。 そこは珈琲が美味しいのはもちろん

                スキ
                12
                • 定期便は近くの方へ届けるため

                  パンの定期便をよく見るようになった。以前からあったが、数年前から増え始め、コロナ禍でひとつの楽しみとして定着してきたよう。 そしてこの度、Humme も定期便をはじめることにした。 月に1回、パンを送る。これと決まった商品はなくて、そのときに作るパンの詰め合わせ。 パンの定期便は店にもお客さんにもメリットが多い。 パンは毎日食べるもの。定期的にお気に入りの店のパンが届けば、なくなりそうだからとわざわざ買いにいく必要もないし、通販のように毎度購入手続きをする必要もない。 店

                  スキ
                  14
                  • カルダモンを縁側で

                    カルダモンロール。 自分で店をするときは絶対に出すと決めていた。 特定の商品についての想いをいつか書きたいと思いつつ、あまり店のポップやインスタで語りすぎても…ということで、この場で。 初めてカルダモンロールを食べたのは、「上野桜木あたり」にあるVANER(ヴァーネル)を訪れたとき。 VANERが入る前のパン屋も落ち着いた雰囲気や王道のようなパンが好きで、谷中へ行ったときには足を伸ばして行くこともあった。それがいつの間にか閉店してしまっていて、そのあとVANERができた。

                    スキ
                    20
                    • オンとオフ

                      仕事とプライベート、ワークライフバランス。一般的には、オンとオフを上手に使い分けられるのが、良い働き方とされているし、充実した人生を送るうえで大切なこととされている。 私も企業勤めのサラリーマンの頃はそうだったし、パン屋に転職し働いているときも同じ。働くときはガッツリ働いて、休むときは休む。極端な話、休むときは仕事のことは一切考えない。 それが自分で店をはじめるとどうだろう。 四六時中、店のことを考えている。 オンもオフもない。 時間があれば、次の新作は何を作ろう、どう

                      スキ
                      12
                      • あけましておめでとうございます

                        昨年は note を書こう思い書いてみるも、なかなか考えがまとまらず投稿に至らないことが多々。 もっと気軽に投稿してもいいのかなと。 お店も同じ。準備して準備して、力尽きるまで作ってオープンするのもいいけれど、もっと気軽に開けられるようになりたい。 何十個、何百個もパンがなくたって、毎日食べたいパンと、お菓子を少し用意して。ふらっと、今日 Humme に行ってみようかなと思ってもらえる店。 パン屋で働いていたとき、田舎のパン屋はイベントとして行けるような店が良いと、シェフ

                        スキ
                        5
                        • 自家製の魅力

                          私が営む Humme というパン屋では、多くのものを自家製している。 自家製ドライフルーツ、自家製餡子、自家製ピーナッツバター、自家製ハム、自家製酵母。畑も耕して自家製ライ麦、、そして店舗も自家製。セルフリノベーションで半年以上かけて改装した(それについてはまたいつか)。 お金を払えばある程度の美味しさと品質が保障され、さらにはどこにいても届けてもらえる時代。自らの時間をかけることは、手間暇かけていると言えば聞こえは良い。 しかし、できる量とそれにかける時間を考えると、コス

                          スキ
                          17
                          • 通販をはじめたのは、便りとして

                            先日ラジオの取材を受けた。その中で、今後どういう店になりたいかと聞かれ、ここで暮らす方の楽しみになるような店、と答えた気がする。(若干緊張していてあまり覚えいない 笑) そんなことを言いながら、一昨日通販を始めた。 そう、"ここ" どころか近隣ですらない。東京にも、北海道にだって届ける。 通販をするのは、うちのパンやお菓子を全国の人に食べて欲しいからではない。 暮らしている場所にはその場所の美味しいモノも店もあって、できるだけそこにお金を落として欲しい。パン屋だって、うち

                            スキ
                            20
                            • 仕事=趣味 となって思うこと

                              先日、趣味は?と聞かれ、パンを作ることと答えた。 私の仕事はパンを作り、それをお客様に届けることだが、それがほぼ趣味だということに、自分で口にして改めて実感した。 エンジニアとして働いているとき、趣味はパソコンを作ることとか、自宅サーバの構築・運用とか、時間があればプログラムを書いたり、技術書を読むという人をたくさん見てきた。 私はプライベートでパソコンを触ったり、勉強のために本を読むことはあっても、休みの日までそれで何かしようという人、お金をかけて自宅にサーバを構築する人

                              スキ
                              14
                              • 地方の個人店のあり方と移住との関係

                                東京や都市部では、個人店は数ある店の中の一つにすぎない。そこでしか食べられないもの、手に入らないものはあれど、代わりはある。 でも地方の田舎街においては、本当にそこしかない。そこへ行くためにだけに車を走らせることもしばしば。 私は鹿児島県出水市に東京から移住し、パンとお菓子を売る小さな店を始めた。この街に決めたのは妻の地元という他ならないが、私が行きたいと思う店が少なかったからも一つの理由。 車を走らせて他の街へいけば、美味しいパンやお菓子は売っているし、喫茶店や雑貨店、本

                                スキ
                                33
                                • 半月パン屋、半月エンジニアという働き方

                                  鹿児島県出水市で Humme (ハムと読みます)というパンとお菓子の店を4月に始めた。パン屋として営業するのは月の半分。残り半分は東京の企業に勤めるエンジニア。 昨年8月に東京から移住し、今年3月までは、東京の企業の仕事をフルタイムで続けてきた。パン屋の準備は仕事終わりと土日と有休を使って進め、4月のオープンのタイミングで、半月パン屋、半月エンジニアというちょっと特殊な働き方を送るようになった。 いわゆる複業だが、通常と異なるのは、私の場合半月単位で完全に分離させていると

                                  スキ
                                  53
                                  • パンがなくても行きたいパン屋

                                    今年4月、Humme (ハムと読む)というパンとお菓子の店を鹿児島県出水市で始めた。 始める前、近所の方に「ここは何になるの?」と聞かれたので、パン屋ですと答えていた。今もパン屋として認知されているし、私たちもパン屋と言っている。 しかし、本当はパン屋に限定するつもりはない。今はパンとお菓子しかないが、いずれ食器や雑貨、本、服など、色々なものを扱いたいと考えている。 パン屋へは、“パンを買う”という目的がなければ行かない。 でも Humme は、パンがなくてもふらっと行け

                                    スキ
                                    12