石巻Days(石巻日日新聞社公式)
矢本西小におばけが大集合 懐中電灯が照らす先には 校舎1棟使って恐怖体験
見出し画像

矢本西小におばけが大集合 懐中電灯が照らす先には 校舎1棟使って恐怖体験

石巻Days(石巻日日新聞社公式)

■親子約300人 夏の思い出作り

 懐中電灯を手に夜の学校を歩く、創作おばけ屋敷「第2回西小におばけが大集合」が2日、東松島市立矢本西小学校であった。親子約300人が恐る恐る暗がりの校舎内に足を踏み入れては、突如現れるおばけに悲鳴と笑い声を上げ、夏の夜を楽しんだ。

 イベントは、おばけ屋敷創作団体「バケラッタ」(外処健一委員長)の主催。同校が全面協力し、校舎を丸ごと使った。矢本一中生や市内外の高校生、石巻赤十字看護専門学校と石巻専修大学の学生、保護者らが参加し、2日半かけて校舎内をおばけ屋敷に改装。段ボールなどでコースや装飾品を作り上げた。

 校舎2階が「ちょっと怖い」、3階は「すごく怖い」に設定。参加者数は事前に学校で取りまとめたが、約7割が「すごく怖い」を選択した。感染対策で集合時間をずらし、2―5人で1グループを組んだ。

突如現れたおばけに、目を見開いて驚く児童

 集合場所の体育館では酒井勝則校長が怖い話をし、子どもたちの緊張感は頂点に。希望コースに分かれ、校舎に踏み込むもいつもと違う凛とした空気を肌で感じ、足が思うように出ない。おばけ役は児童の様子に応じて怖さを調整した。

 2階はかわいいキャラクターもいたが、3階はゾンビ、髪の長い幽霊などが潜んだ。出発口で1グループに2枚のお札が配られ、どうしても怖いときはこれをおばけに投げると10秒間動きを止めることができる救済措置もあったが、それでも恐怖のあまりにリタイアする児童もいた。

 悲鳴や笑い声を上げつつ、ゴールにたどりついた子どもたちは皆笑顔。1年生の沼倉理玖君は「怖くなかったけど、血まみれのピエロが少しびっくりした」、同じく奥田乃衣ちゃんは「とっても楽しかった。また次も参加したい」と語った。

 外処委員長は「おばけ屋敷という非日常の体験は、普段と違う行動が現れる。怖くてふさぎ込むのか、逃げるのか、仲間を助けるのか。この行動こそ有事の対応。疑似体験したことで子どもたちが万が一のとき、しっかりと命を守る行動に結びつくきっかけになればよい」と話していた。

 バケラッタは、10月30日に矢本東市民センターで一般向けにおばけ屋敷「化けものフレンズ」を開く。参加費は大人300円、小学生200円(予定)。時間は午後2時から同8時半を見込み、誰でも入場できる。【山口紘史】

■会場の様子

〝エクソシスト〟で有名なアレは、いつ誰が見ても恐ろしい
ぎゃー!出たー!出口めがけて猛ダッシュ
なんか…、ついてくる。気配と恐怖を感じつつも、振り返らず、前へ
ライトが照らすその先には、一人、すすり泣く、着物の女性
起こさないように…、そーっとね…
恐ろしい形相のピエロが出現。目も合わせられない子どもたち
行くも地獄…。戻るも地獄…。
真っ暗な校舎内では、懐中電灯の光だけが頼り
身を寄せ合い、恐る恐る前に進む
早く!走って!。棺桶が開き切る前に、急いで立ち去る
中には、一人一人にお菓子をくれる、親切なおばけも
低学年向けに、ファンシーなお化けも登場。緊張感を和らげた
突如現れた血まみれのメイドに絶叫
薄暗いガイコツだらけの教室。「動かないでね…」必死にお札をかざす
歩く人体模型を横目に、足早に先を急ぐ
名作長編アニメのアイツも登場
約70人のスタッフが協力して、おばけ屋敷を作り上げた


■おばけ図鑑

(1)地を這うゾンビ
(2)授業中のガイコツたち
(3)ゆうれい
(4)フランケンシュタイン
(5)血まみれピエロ
(6)有名塾講師
(7)マヨネーズおばけ
(8)動く人体模型
(9)名作長編アニメ映画のアイツ
(10)ペンギン人間
(11)ジェイソン
(12)オペラ座の怪人
(13)血まみれメイド
(14)シ〇モンロール
(15)着物ガイコツ
(16)ポ〇ポムプリン
(17)死神
(18)ピアノゾンビ
(19)死霊のはら〇た
(20)首だけゾンビ
(21)お父さん犬
(22)赤面の死神
(23)徘徊するブラックマスクの男
(24)殺人鬼
(25)キョンシー
(26)フランス人形の姉妹
(27)道をふさぐ死神
(28)貞子たち
(29)覗き込むガイコツ
(30)カボチャおばけ
(31)ドラキュラ伯爵
(32)暗闇に潜むピエロ
(33)殺人ピエロ
(34)お岩さん


この記事が参加している募集

夏の思い出

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
石巻Days(石巻日日新聞社公式)

最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました。皆様から頂くサポートは、さらなる有益なコンテンツの作成に役立たせていきます。引き続き、石巻日日新聞社のコンテンツをお楽しみください。

石巻Days(石巻日日新聞社公式)
宮城の地域新聞社が運営しています。日刊「石巻日日新聞」、月刊「情報誌んだっちゃ」、季刊「おとなDAYS」から、地元はもちろん、全国の方にも知ってほしい地域の話題や、とっておきの過去記事を発信します。お客さんを連れて行きたいグルメページも盛りだくさん!ぜひぜひフォローしてください。