metooについて

20191220(金)-真実は二人しか知らない

今日は、横浜ヨドバシでウィンドウショッピング。
しかし、ヨドバシでも平日は空いている。
たしかに景気の実態が追いついていない感じはする。
ただ、一時期、店員さんがお客さんに話しかけないことにしたはずのヨドバシだが、いつの間にか話しかけるようになった。
対EC対策かもしれないが、知識も正直、ネットで調べたほうが早いので、正直静かに商品を見ていたい。

さて、ちまたをにぎわしている例の男女関係だが。

もっとみる

陰謀論の自家中毒に陥っている日本

どの事件かはあえて指さないですが、やれ官邸の忖度があったなどと言う言説が平気でささやかれているのが今の日本です。
日本の刑事事件は、まず警察が捜査して、検察が起訴・不起訴を決めます。
たしかに警察がいい加減な捜査をするケースは昔はありました。
特に地方の限界集落に近いところではありました。
ただ、今の検察はそんなに甘くないです。
それに警察も監査があるので、そんないい加減なことをしていれば、内部か

もっとみる

2018年12月に削除した詩客の短歌時評のこと、特に削除事由となった鳥居さんの告発について確信していること

私は去年、詩客に書いた原稿で筆を曲げました。

阿波野さんに対して行われている鳥居さんの告発は起きた出来事を明らかにして欲しい旨を、言葉を選ばずに書き、そして消しました。

森川さんとはこの記事に関わる全てをなかったことにしたいという提案を受け、同意しました。

それから一年間、その原稿について毎日考えました。もっというと、私は詩歌でも文筆ではなく、私の友人について考えました。

ようやく書く時間

もっとみる

ビジネス🏢とプライベート🏠が別物であっても不思議ではない。人は誰しも演じている。

悪い👎意味ですごい記事を見つけました。

広告の撮影のために水原さんが上半身裸で胸を手で隠していたところに、なぜか社員らしき人たちが20人くらい来たそうです📸

その状況で撮影を続けるのは女性であれば尚更やめてほしいです。

しかし、写真を確認しなくてはならないという理由?で、そのまま撮影が進んだそうです。

もしその20人くらい全員の確認が必要なのであれば、「ただ今、モデルがお着替え中ですの

もっとみる
スキだっちゃ!
8

「それ」が許されるとなぜ思うのか?「愛着理論」キーワード検索で上位に出る愚慫さん。届いてほしい思いに記事で応えて下さった。無明を理性で切り刻んで照らす記事。握りしめる。 https://note.mu/gushou/n/nac66745d353a

ああ…嬉しい…!!!
7

J’s Magazine10 〜誕生日でした、代々木OPRCTレポ、Big Yukiライブ、本日のプレイリスト、西新宿お勧めビストロ、町田総合高校事件について、気になる記事等...

①誕生日でした
②代々木アートスペースOPRCTレポ 〜Big Yukiライブ〜
③コラム1 〜ZOZO前澤さんのお年玉100万円について
④コラム2 〜町田の高校教師暴力事件について
⑤本日のプレイリスト 〜UKロックのオルタナティブ精神
⑥甘辛嫌いのグルメリポ 〜西新宿ビストロ
⑦T's English トランプ2004年の失笑演説、英語圏の国境をまたぐ炎上より
⑧気になった記事、面白かった英

もっとみる
ありがとです😊 田中潤マガジンは全部入りです
4

これが究極の防犯対策

性犯罪も同様です。走れ!叫べ!
身内からイタズラされてても同様
助けられるまで助けを求め続けろ!
自分が我慢しないと家族が崩壊するとか考えるな。とっくにその家庭は壊れている。だから助けを求めて欲しい。
被害者支援都民センター
http://www.shien.or.jp/sp/

セクハラ概念死すべし

タイトルの通り。

改めて思うけど、法治国家や人権といった建前がある国で「セクハラ」とか「 #metoo」が流行ったのはどう考えても尋常じゃない。私が(セクハラ行為とは別に)「セクハラ」が問題と思うのは以下の点で、順に説明する。

・基準が曖昧で恣意的
・男性の意見が反映されない
・男女に等しく適用されていない
・私刑の肯定に繋がっている
・それぞれの問題の本質を隠している

基準が曖昧で恣意的

もっとみる
封印されし者の右腕
17

【ポリコレ】#Me Too の最右翼にいたアーシア・アルジェントに逆レイプ疑惑が浮上

とんでもないズンドコになってきたもんである。

なんとハーベイ・ワインスタインに対してセクハラ被害を訴えていたアーシア・アルジェントが逆に男性にセクハラをしていたと暴露されてしまったのである。

アーシア・アルジェントに被害を受けたのはジミー・ベネット。

当時17歳だったベネットは、なんとホテルに連れ込まれ逆レイプを受けたということだそうだ。

彼女とは2004年に制作された「サラ、いつわりの祈

もっとみる