heyinc

heyのカスタマーサクセスで手にした、「自分たちの事業」をやれる喜び

heyのカスタマーサクセスで手にした、「自分たちの事業」をやれる喜び

カスタマーズ部門のサクセス本部で、STORES 予約のオンボーディングを手掛ける片平 優太(かたひら・ゆうた)さん。職種も業界も変えたキャリアチェンジを経て得た、現在のお仕事について聞きました。 「自分たちの事業」への憧れ ──現在はカスタマーサクセスを手掛ける部署で働かれているわけですが、前職では戦略系のコンサルタントをされていたとか。大きなキャリアチェンジですが、前職はどのような理由で選ばれたのですか? いろいろなテーマや業種に対してチームで頭を使って課題を解決する

14
常に課題を見つけて挑戦する、heyのカスタマーサクセス

常に課題を見つけて挑戦する、heyのカスタマーサクセス

heyのカスタマーズ部門サクセス本部で、オーナーさんの課題に向き合う寺門諒太(てらかど・りょうた)さん。これまでのキャリアから現在のお仕事まで一貫する、「課題を見つけて挑戦する」ことについて聞きました。 居心地がよくなったら環境を変えてきた ──寺門さんのこれまでのキャリアを社内で公開されている自己紹介で読んで、面白いなと思っていました。新卒で証券会社に入られたそうですが、これはどうしてなのですか? 僕は大学時代、アルバイトの代わりに貯めたお金を使って株の運用をしてまし

11
heyが総力をあげて内製する基幹システム「ファミトラOS」について──道廣敬典・藤村大介対談

heyが総力をあげて内製する基幹システム「ファミトラOS」について──道廣敬典・藤村大介対談

heyの中で、新しく社内横断で基幹システムを作るというプロジェクトが立ち上がりました。その名も「ファミトラOS」プロジェクト。STORESの全てのブランドを横断してマーケティング、セールス、カスタマーサクセスなどの課題をテクノロジーで解決する基幹システムを作ろうというものです。このプロジェクトを牽引するカスタマーズ部門のマネージャーの道廣敬典さん(以下、道)、テクノロジー部門のマネージャーの藤村大介さん(以下、藤)にお話を聞きました。 聞き手:上杉隆史 オーナーさん目線で

19
STORES 決済のQAが、社内にある意味──QA 金子なづき・開発者 内立良介対談

STORES 決済のQAが、社内にある意味──QA 金子なづき・開発者 内立良介対談

プロダクトの品質保証をするため、テストの設計や実施を行うQuality Assurance(以下、QA)。STORES 決済のテクノロジー部門、QAグループで働く金子なづきさん(以下、金)と、STORES 決済の開発者の内立良介さん(以下、内)にお話を聞きました。 聞き手:坂田 晃一 仕様書もなく始まったQAの仕事 ──今日はQAについてのお話を聞きたいのですが、金子さんのご指名で内立さんにもきていただきました。 金:嬉しいです。一緒に出たかったので! 内:僕でいい

23
[hey] 採用で聞かれる女性のキャリアについて

[hey] 採用で聞かれる女性のキャリアについて

日々、面談面接で「note読んでます」という場面に出くわすたびに、「最近サボっててすみません」みたいな心の反省会が繰り広げられるくらい時間が経過してしまいましたが、みなさんお元気でしょうか。「困ったら相談できる」STORESとしての新CMをはじめたり、ネットショップと在庫連携できるレジをリリースしたり、いよいよコロナワクチンの職域接種が開始したりと、heyは元気です。 さて、ここのところ、面談面接で、「女性としてのキャリア」について質問されることが増えました。顕著に増えまし

134
STORES 予約の未来と強さ ──佐藤裕介・倉岡寛対談

STORES 予約の未来と強さ ──佐藤裕介・倉岡寛対談

STORES 予約についての立ち上げから未来までを聞いた第一回、STORES  予約の現在にフォーカスした第二回と続いたSTORES 予約を掘り下げていくシリーズ。その締めくくりに、今回はhey代表の佐藤裕介さん(以下、さ)とSTORES 予約のこれからと、強みについてお話を聞きました。 予約は圧倒的な利便性のある「神行為」 ──前回のインタビューでは、STORES 予約の立ち上がりから可能性までを倉岡さんにお伺いしました。お二人揃ったところで改めてSTORES 予約の魅

20
間と間をつなぎ、いいプロダクトをつくる。STORES 決済のエンジニアリングマネージャーの仕事

間と間をつなぎ、いいプロダクトをつくる。STORES 決済のエンジニアリングマネージャーの仕事

STORES 決済のエンジニアリングマネージャーを務める佐藤 周作(さとう・しゅうさく)さん。部署やレイヤーの間をつなぎながらSTORES 決済をいいプロダクトに磨いていくお仕事について聞きました。 STORES 決済のエンジニアリングマネージャーの仕事 ──現在のお仕事について教えてください。 役職はエンジニアリングマネージャー、STORES 決済全域に関わる開発を推進していくのが僕の役目です。エンジニア視点でプロジェクトを進めやすい環境を作りながら中長期の計画を立て

11
予約のデジタル化がオーナーさんのお商売そのものを変えていく

予約のデジタル化がオーナーさんのお商売そのものを変えていく

STORES 予約のプロダクトマネージャーをつとめる西岡大揮さん。STORES 予約についての立ち上げから未来までを聞いた前回に続き、その現在地を聞きます。 STORES 予約のプロダクトマネージャー ──現在のお仕事について教えてください。以前はSTORES ECのプロダクトマネージャーでしたよね。 そうです。去年の12月頃までSTORES ECで同じ仕事をしていました。その後heyに仲間入りしたSTORES 予約に移りました。 ──仕事はどのようなものなのでしょう

21
僕のエンジニアリングが事業を前に進める

僕のエンジニアリングが事業を前に進める

heyのテクノロジー部門、予約本部のプロダクトグループでエンジニアを務める矢作優和(やはぎ・まさかず)さん。現在のお仕事のやりがいと、これからについて聞きました。 聞き手:坂田 晃一 書かれているコードから歴史を読み解き 未来のために改善する ──現在のお仕事について教えてください。 STORES 予約でバックエンドエンジニアをしています。最近では、オーナーさんが使う管理画面を改善するタスクに取り組んでいるところです。素朴なままになっている管理画面のUIをモダンなデザ

23
未来の常識を、STORES 予約が作る

未来の常識を、STORES 予約が作る

STORES 予約の前身であるCoubicを起業して作り、heyで執行役員を務める倉岡寛さん。STORES 予約に、今取り組む魅力について聞きました。 ボタン一発で予約ができたら ──今回のインタビューではあらためてSTORES 予約の魅力や可能性をお伺いしたいと思っています。倉岡さんがSTORES 予約を立ち上げたのはなぜなのでしょうか? STORES 予約の前身であるCoubicが誕生する前、予約といえば電話予約がメインでした。電話であかの他人と話をして時間調整をす

22