gel

Speckleを試してみました!
+13

Speckleを試してみました!

はじめに こんにちは、GELインターンの渋谷です。 GEL新事務所のモデリングを共有するためにSpeckleというソフトウェアを使用しました。非常に便利だと感じたため、簡単な使い方を記事にしてみました。 Speckleとは SpeckleはRhinocerosやRevitなどで作成した3Dモデルをアップロード共有出来るソフトウェアです。 もう少し詳細に書くと、「3Dモデル向けのGit」です。さて「Git」とはなんでしょうか? 「Git」とは「分散型バージョン管理システ

スキ
6
メロンゼリー

メロンゼリー

#メロンゼリー #Melon_Jelly #Melonengelee #Gelée_de_melon #Gelatina_di_melone #Gelatina_de_melón #イラスト #bearbench

スキ
1
Dynamoをはじめよう
再生

Dynamoをはじめよう

Dynamoでビジュアルプログラミングをしていきます。 Dynamoを使いRevitのデータを抽出して変更を加えます。 0:00 Dynamoをはじめよう 0:38 Dynamoとは? 1:42 DynamoをRevitで使おう 5:40 Dynamoのインターフェース 16:14 DynamoでRevitのデータを抽出

スキ
1
Rhinoで建築モデリング基礎 vol.5 プレゼンテーション編
再生

Rhinoで建築モデリング基礎 vol.5 プレゼンテーション編

Rhinoで建築モデリングについて解説しています。 レイアウト機能を使いプレゼンテーションを作成しています。 0:00 Rhinoで建築モデリング基礎 vol.5 プレゼンテーション編 1:10 Rhinoでのプレゼンテーション 21:25 Rhinoの強み 23:31 RhinoのレイアウトとRevitシートの比較 25:42 今回のまとめ

Rhinoのレイアウト機能

Rhinoのレイアウト機能

GELの萩原です。 Rhinoのレイアウト機能のサンプルを作成中です。 Rhinoを使用している人でも、レイアウト機能はほとんど使ったことがないという人は多いかもしれません。Rhinoのレイアウト機能は、モデリングの印刷やPDFへの書き出しのためのものです。異なるスケールのモデルを配置したり、モデルに注釈をつけたりすることができます。 ここでは、Rhinoのレイアウト機能について便利な点を紹介します。 まず、Rhinoのレイアウト機能は簡単に作成することができます

スキ
3
Rhinoで建築モデリング基礎 vol.4
再生

Rhinoで建築モデリング基礎 vol.4

Rhinoで建築モデリングについて解説しています。 モニタと椅子のモデリングで複雑なモデリングをつくるコツを紹介します。 0:00 Rhinoで建築モデリング基礎 vol.4 0:48 モニタのモデリング 15:49 椅子のモデリング

スキ
1
Rhinoで建築モデリング基礎 vol.3
再生

Rhinoで建築モデリング基礎 vol.3

Rhinoで建築モデリングについて解説しています。 基本的なコマンドを使用しドアを作成していきます。 0:00 Rhinoで建築モデリング基礎 vol.3 0:50 ドアのモデリング

スキ
1
Rhinoで建築モデリング基礎 vol.2
再生

Rhinoで建築モデリング基礎 vol.2

Rhinoで建築モデリングについて解説しています。 きれいなモデリングとは何かについて解説しています。 机と棚を作成し基本的なコマンドを紹介します。 0:00 Rhinoで建築モデリング基礎 vol.2 2:28 きれいなモデリング 4:00 きれいなモデリングのコツ 20:05 机のモデリング 28:02 棚のモデリング

スキ
1
http://www.archifuture-web.jp/magazine/618.html
GELの石津です。ArchifutureWebにコラムを書きました。BIMの終わりのない旅の話です。ぜひご覧ください。

http://www.archifuture-web.jp/magazine/618.html GELの石津です。ArchifutureWebにコラムを書きました。BIMの終わりのない旅の話です。ぜひご覧ください。

スキ
2
Rhinoで建築モデリング基礎 vol.1
再生

Rhinoで建築モデリング基礎 vol.1

Rhinoで建築モデリングについて解説しています。 Blockを使いチームで設計検討用のモデルをつくるワークフローを紹介します。 0:00 Rhinoで建築モデリング基礎 vol.1 3:34 チームで設計検討用のモデルをつくるワークフロー 5:07 Blockの操作方法 7:45 モデリング実践 9:12 1.モデルの基準となるグリッドを作成 12:51 2.モデリングする対象物を決定 13:42 3.対象物のBounding Box(外形)を作成 15:06 4.Bounding BoxからBlockを作成 17:12 5.Blockを書き出し 18:00 6.書き出したBlockファイルをリンク 18:38 7.書き出したBlockファイルで対象物をモデリング 19:21 8.プロジェクトファイルで編集したBlockをアップデート