esp32

IoT(ESP32)とバッテリー運用 その3

IoT(ESP32)とバッテリー運用 その3

前回”その2”でWEBリクエスト処理のイベントループを見直してみました。 結果効果が全く無く、稼働時間は返って短くなった程でした... orz 今度は前回先送りしたバックライトの制御を行って、効果を確認します。 バックライトの制御バックライトを単純に消してしまえば、モバイルバッテリーがスタンバイモードに入る程度に消費電流が下がるのは確認済みですので、この削減効果は大きいと予想されます。 少しググって、バックライト制御ピン(4番)をPWM (Puls Width Modu

2
IoT(ESP32)とバッテリー運用 その2

IoT(ESP32)とバッテリー運用 その2

電力消費の改善ですが、元々問題だろうと考えるポイントが2点ありました。 液晶バックライトオンボードの液晶のバックライトが全力で常にオンになっています。 バックライトの明るさを調整できれば良いのですが、どうもデジタル出力ピン(4) でバックライトの制御がされているようなので、PWM で明るさ制御するしか無いようですが、取り敢えずはオフにして効果を見てみます。 下記一行を適当な場所に挿入しました。 digitalWrite(4, LOW); // バックライト・オフ 表示

2
EVK-NINA-W10 = 技適付き、デバッガ付きESP32ボード

EVK-NINA-W10 = 技適付き、デバッガ付きESP32ボード

ESP32にデバッガを繋げるのに苦労をしている方がいますが、そもそもデバッガ付きのボードがあるので紹介します。ここでは、Lチカのコードをデバッガー動作させるところまでを紹介します。 【EVK-NINA-W10】EVK-NINA-W10のデバッガ付きボードとしての特徴は下記のようになります。 ・チップセット:ESP32 (512K RAM / 2or4 MB ROM ) ・認証:日本の技適付き(204-810001/203-JN1166)   ・プログラム環境:Ardu

IoT(ESP32)とバッテリー運用 その1

IoT(ESP32)とバッテリー運用 その1

18650バッテリーESP32にBME280の様なセンサーを付けて温度・湿度・気圧等を測定する場合、コンセントなどに制約されない所に置きたい時が多いと思います。 それでバッテリー運用を検討して、下記の18650バッテリーホルダ付きのESP32 を購入してみました。 ただこのタイプだと2点ほど懸念がありまして。 1. バッテリー容量 この18650 バッテリー、容量的にせいぜい2,000mAh (中華製で詐欺的に極端に大きな値の物もありますが...)と少々心元ないです。

2
ESP32を使ってロータリエンコーダリモコン(ESP-NOWプロトコル)

ESP32を使ってロータリエンコーダリモコン(ESP-NOWプロトコル)

皆さん、こんにちは! 今回のnoteも電子工作のねたです! 今回は、ESP-NOWを使ったロータリエンコーダリモコンの作り方を紹介するビデオです! (esp32 dev boardなら、どれでも使えます!) これもより多くの人に見てもらいたいので、購入しなくても内容を全部読めます。(一応定価は三百円にします!) YouTubeビデオまずYouTubeのビデオをどうぞご覧ください! そうしたら、何を作ったかを直感的に分かります! 今回は、アニメーションを入れる方法が

2
300
IoT(ESP32)とRPA(Power Automate Desktop)

IoT(ESP32)とRPA(Power Automate Desktop)

私はUNIX エンジニアを長くしていましたので何かシステムを組む際はUNIX(Linux)系OS の方が気楽なんですが、今年に入ってWindows10 タブレットを何枚か購入して、これらをサーバー運用してみようと思い立ちました。 何をどう作ろうと色々と考えて、そういえば最近マイクロソフトのロボティクス(RPA)ツール「Power Automate Desktop」(PAD)が無料で使える様になった事を思い出し、一時期話題になったロボティクスを試してみる事にしました。 1.

【.NET nanoFramework】環境構築の巻

【.NET nanoFramework】環境構築の巻

こんにちは。元気に.NETしてますか? 1つ前の記事から、「.NET nanoFramework」について触れてきました。 前回の終わりに、次回は環境構築をすると称して予告をしました。 そこで今回は、環境構築からプログラムを実際に動かせるようにしていきたいと思います。 注:今回の導入記事は、 「Getting Started Guide for managed code (C#)」のページを参考にしながら、画像を多めに大雑把な解説をするものです。詳しい内容を省いている部

2
【.NET nanoFramework】ことはじめ

【.NET nanoFramework】ことはじめ

前々から、「マイコンのプログラムも C# で書ければいいのに…」と思っていました。 最近の電子工作では、ArduinoやESP32-WROOM-32などのマイコンボードでArduino IDEを使って書く が定番でしたので、C/C++に疎かった身としては辛いものがありました。 そんな中2021年、.NETFoundationによってサポートされた「.NET nanoFramework」が登場しました。このフレームワークによって、遂にC# を使って組込みプログラムをかけるよう

1
ESP32 WiFiライブラリの活用

ESP32 WiFiライブラリの活用

使用するライブラリhttps://github.com/cocktailz-craft/ESP32-libraries/tree/main/WiFi WiFiライブラリをインクルードする#include <WiFi.h> ESP32をWiFiに接続して使う> 接続するWiFiのSSIDとパスワードを設定する const char* ssid = "YOUR WiFi SSID";const char* password = "YOUR WiFi PASSWORD";

2
esp32でNintendo Switchを自動化してみた

esp32でNintendo Switchを自動化してみた

深夜テンションで適当にamiibo実装について書いた記事を公開してから1ヶ月と少しが経過していた事に書き始めてから驚いています。みずようかん(@AT12806379)です。 モンハンもアップデートで錬金バグが解消され、厳選方法の発見によりそれに特化した自動化ツールがぼんじり氏(@_3z8)によってリリースされました。 これがtwitterだけでなく5ちゃんねるの錬金スレ民の間でも話題になったようで、使用感を書き込むスレ民も多く見受けられました。 が、このツールの導入に四苦八

3