deeplinetrip

福山のレトロかわいいをめぐる旅【大学生・畑唯菜】like a local in Fukuyama

はじめまして、畑唯菜(はた・ゆいな)です。私は今、尾道の大学でデザインの勉強をしています。福山の伏見町にあるまちやど「AREA INN FUSHIMICHO」のイベントに参加したことがきっかけで伏見町に通うことになり、そこで出会った人たちにエリアを案内してもらううちに、福山の魅力にすっかり取り憑かれてしまいました。そんな私が見つけた福山のまちのお気に入りの場所を、イラストとともに紹介します。

1

もっとみる
ありがとうございます!旅好きさんにはフォローもしてほしいです!
15

アフリカでお金が足りなくなったときのこと / 全国通訳案内士・翻訳家 白石実果 reasons why we travel

私は今、日本にやって来る外国人観光客をガイドする仕事をしている。日本各地に案内して独自の文化を紹介し、「日本のこんな暮らしを見てみたかった!」という想いを叶える仕事だ。

かれこれ10年ほど前。私がまだ、自分が将来ガイドの仕事をすることになると知らなかった頃。私はガーナのある難民キャンプに滞在していた。インターネットを使って世界の小さな想いをつなげたいと1年の旅に出た私は、ご縁がつながって、旅の途

もっとみる
ありがとうございます!旅好きさんにはフォローもしてほしいです!
19

出会うために旅をする / 写真家 田尾沙織 reasons why we travel

旅は人との出会いだと思う。

SNSが普及して、情報が溢れ、携帯を眺めているだけで、その国を知った気分になれるから、旅離れが進んでいると耳にしたことがある。旅には携帯を眺めているだけでは感じることができない人との出会いがある。直接会って、話して、知れることがある。言語が違ったとしても、通じ合えるときがあるから不思議だ。

高校生の時、写真にはまった。そして仕事で写真を撮りながら世界中を旅したいと思

もっとみる
ありがとうございます!旅好きさんにはフォローもしてほしいです!
6

フツーの家族が、日本一周の旅に出た。濃密すぎる100日間がもたらしてくれたもの / フリーランスライター・エディター 池田美砂子 reasons why we travel

2019年6月、家族4人で旅に出た。100日間日本一周、キャンピングカーに乗って、0歳と6歳を連れて。

断っておくと、私たちはごくフツーのサラリーマン家庭だ。東京近郊に暮らし、主人は会社員で、私はなんちゃってフリーランス。住宅ローンを組んで家を建て、週末は子どもたちと近所の公園や海で遊ぶ。旅といえば実家に帰ったりキャンプに出かけたりする程度で、5年に一度のハワイ旅行が一大イベント。フットワークは

もっとみる
ありがとうございます!旅好きさんにはフォローもしてほしいです!
23

旅のオススメを聞かれたら【鞆の浦の人:小川真平】trip from Fukuyama

こんにちは! 福山市鞆町でプロパンガスの販売、住宅リフォームを行っている株式会社サンモルトの小川真平です。生まれも育ちも鞆の浦、生粋の鞆人(ともじん)です(鞆の人は、自らを「鞆人」と呼ぶ場合がある)。そんな僕がオススメする鞆の浦をご紹介していきましょう!

1. 歴史が混在する路地歩き

鞆の浦といえば、常夜灯や太田家住宅といった古い町並みをイメージするかもしれません。しかし、鞆の浦の本当の魅力は

もっとみる
ありがとうございます!旅好きさんにはフォローもしてほしいです!
9

deep line tripの旅の拠点「AREA INN FUSHIMICHO」trip from fukuyama

ガイドブックに載っている場所をなぞる旅よりも、するりとローカルの人たちに混ざって暮らしの時間を感じたり、まちの記憶を追いかけたり、まだ見ぬ景色を求めて旅をしたい。

福山駅すぐそばの伏見町で「まちやど」として旅人たちを迎える「AREA INN FUSHIMICHO FUKUYAMA CASTLE SIDE(以下AREA INN FUSHIMICHO)」から始まる旅なら、その土地でしか体験できないリ

もっとみる
ありがとうございます!旅好きさんにはフォローもしてほしいです!
11

旅のオススメを聞かれたら【内海町の人:中尾 圭】trip from Fukuyama

こんにちは。「港の編集室」の中尾圭です。福山市南部にある田島・横島の2つの島からなる内海町というまちで、夫婦で編集やデザインをしながら暮らしています。内海町は2003年に福山市と合併した、人口2,500人ほどの町で、車で回ると1時間程度の小ぢんまりとした町。主な産業は漁業で、対岸の沼隈町の造船業の影響も根強いです。内海町の魅力はなんと言っても、観光地化されていないところ。場所さえあれば、長期滞在し

もっとみる
ありがとうございます!旅好きさんにはフォローもしてほしいです!
18

福山最大の祭り「ばら祭」を旅して、福山を知る like a local in Fukuyama

毎年5月、初夏の訪れを告げる福山市民のお祭りとして開かれるのが、「福山ばら祭」。その名前から、園芸ファンやシニア中心かと思いきや、地元内外から子どもから大人まで幅広い世代が訪れる福山最大のイベントだ。いったい、何が人々をそこまで惹きつけるのか。その理由を探しに、お祭りに出かけてみることにした。

「ばらのまち」の始まり

そもそも、福山が“ばらのまち”として歩み始めたのは戦後のこと。1945年8月

もっとみる
ありがとうございます!旅好きさんにはフォローもしてほしいです!
8

旅してみたい福山ローカルイベント / 2019年4月〜8月 like a local in Fukuyama

瀬戸内への旅の玄関口となる福山には、先人たちがつくり上げた伝統を絶やさぬようにと守り続けられている祭や、ローカルの魅力を知って欲しいと地元の人たちによって企画されたイベントなど、旅に合わせて訪ねてみたいイベントがたくさん。2019年4月から8月のイベントをご紹介。

1. 4/14(日)「おやまのいろどり春市」(山野町)

(写真提供:おやまの実行委員会)

自然に囲まれた山野の魅力を発信するマー

もっとみる
ありがとうございます!旅好きさんにはフォローもしてほしいです!
15

まちのオススメを聞かれたら(夜編) 【伏見町の人:伏見町子】 like a local in Fukuyama

福山駅を降りたらすぐ目の前にある伏見町エリア。ここに、2018年12月に私たちのゲストハウス「AREA INN FUSHIMICHO FUKUYAMA CASTLE SIDE」がオープンした。レセプションを出た路地の先には、70年老舗から続く店やニューオープンの店まで、個性溢れる店が広がっている。昼は老舗のお茶屋さんや和菓子屋さん、喫茶店めぐり。夜は酒場を回遊するのが楽しい。

「ひとりで入るのは

もっとみる
ありがとうございます!旅好きさんにはフォローもしてほしいです!
15