読書にある多様性/新しい執筆様式

Weekly R-style Magazine ~読む・書く・考えるの探求~ 2020/11/09 第526号 ○「はじめに」Beckさんと行ったYouTubeライブのアーカイブがアップされております。 タイトルが雑ですね(笑)。ライフハックの10年を振り返りつつ、12月に開催される予定の東京ライフハック研究会をどんなテーマにしたらいいのかを話し合いました。 おそらくポッドキャスト版も後から配信されるので、そちらでもお聴き頂くことができるかと思います。 〜〜〜大著読了

スキ
6
有料
180

ドーパミン・マネジメントとこんまり流/越境的読書/仕事術の基本/来るべき夫婦の形

Weekly R-style Magazine ~読む・書く・考えるの探求~ 2020/11/02 第525号 ○「はじめに」ポッドキャスト、二回分が配信されております。 ◇第四十七回:ごりゅごさんと読書ポッドキャストのうちあわせ by うちあわせCast A podcast on Anchor https://anchor.fm/rashita/episodes/ep-elj4ss ◇第四十八回:Tak.さんとセルフパブリッシングで本を売るために大切なことについて

スキ
7
有料
180

アイデアのログ性と素材性/忙しさの魔力/GTDにアーカイブ/書き手としての信頼を積み重ねる

Weekly R-style Magazine ~読む・書く・考えるの探求~ 2020/10/26 第524号 ○「はじめに」うちあわせCast、最新回が配信されております。 頭の方は『独学大全』の話を少しして、その後はTak.さんや私が最近手がけていることについていろいろお話しました。年末、そして来年冒頭あたりから、また新しい動きがありそうな予感です。 〜〜〜必要な文字数〜〜〜 最近『独学大全』を読んでいます。とんでもなく分厚い本です。 しかし、むやみやたらに分厚

スキ
4
有料
180

アイデア閲覧と検索の環境/太陽の塔とフォントのサイズ/The PARA Method その4

Weekly R-style Magazine ~読む・書く・考えるの探求~ 2020/10/19 第523号 ○「はじめに」前回紹介した以下のポッドキャスト番組の第三回で、ゆうびんやさんの『日記のすすめ』が紹介されています。 番組制作を担当されている方と打ち合わせしていたら、「次回は、倉下さんが知っている方が登場されますよ」と教えてもらったので、一体誰なのかなとワクワクしていたら、本当に知っている人(というか、今noteで共同連載している人)でびっくりしました。 こう

スキ
6
有料
180

デジタルノートの振り返りについて/メルマガ自動化話(5)/The PARA Method その3

Weekly R-style Magazine ~読む・書く・考えるの探求~ 2020/10/12 第522号 ○「はじめに」以前紹介したポッドキャスト番組『オーディオブックびっぐばん!』の第一回をチェックしました。 『Dr.Hack』の第一章冒頭が朗読されていて、嬉しいやら気恥ずかしいやら、すごく複雑な気分になりました。自分の小説を読み返しても、そういう気分は起きないので、声の力ってすごいな〜と思います。 そういえば、このメルマガでずいぶん前に連載していた、ライフハッ

スキ
5
有料
180

なぜ今、知的生産の技術なのか

Weekly R-style Magazine ~読む・書く・考えるの探求~ 2020/10/05 第521号 ○「はじめに」2020年10月最初の号です。 当メルマガは、2010年の10月にスタートしたので、今月で10th anniversaryとなります。 「521号」という数字もなかなかのものですが、「10年」はより重みを感じますね。まあ、1年を10回繰り返しただけとも言えますが。 というわけで、今回は10周年記念特別号として、まるまる一号「知的生産活動」につい

スキ
27
有料
180

アイデアノートを並べない/メルマガ原稿自動化作戦(4)/The PARA Method その2/似て非なる買い物リスト/

Weekly R-style Magazine ~読む・書く・考えるの探求~ 2020/09/28 第520号 ○「はじめに」うちあわせCast第四十四回が放送されています。 今回は、長年の課題である「知的生産」という言葉を使わずに、しかしそういうことが好きな人たちをグルーピングするための言葉について考えてみました。 かなり厄介な問題ですが、今回の放送で少し手がかりが捉まえられた気がします。 後半は、デジタルにおけるタスク・情報管理の話が出ていますので、そちらもご興味

スキ
8
有料
180

自作のアイデア環境に求めること/メルマガ原稿自動化作戦(3)/The PARA Method/自信がない/ある人

Weekly R-style Magazine ~読む・書く・考えるの探求~ 2020/09/21 第519号 ○「はじめに」9月22日まで技術書典9が開催されております。 これまではいわゆる同人誌即売会として行われていましたが、今回はオンラインマーケットとして実施され、さまざまな(そしてニッチな)本が多数出展されています。私も何冊か買いました。 技術書は、プログラマが行う知的生産なわけですが、こうした動きが活発でいいなとよく感じます。本作りなら(プログラマではなく)文

スキ
2
有料
180

ノードメモ放流の実装/メルマガ原稿自動化作戦(2)/ネットワーク型ノートのおすすめ/『頭がよくなる本の読み方』

Weekly R-style Magazine ~読む・書く・考えるの探求~ 2020/09/14 第518号 ○「はじめに」うちあわせCastの最新回が配信されております 最近ホットになりつつあるObsidianをフューチャーしました。加えて、「テキストファイルっていいよね」という話を再度しております。 なんというか、今になって「デジタルツールでテキストを操作できるとこれだけ便利なのだな」を痛感しております。大切な発見だと、個人的には思います。 〜〜〜知的生産のフロ

スキ
4
有料
180

ノードメモの放流/メルマガ原稿自動化作戦(1)/知的生産のフロンティア/見えなくなる好き

Weekly R-style Magazine ~読む・書く・考えるの探求~ 2020/09/07 第517号 ○「はじめに」ポッドキャスト最新回が配信されております。 前半は、『Re:vision』連載の電子書籍化プロジェクトのリアルな打ち合わせで、後半は「執筆がうまく進まないときにどうしているか」を語っております。 後半のポイントは、「何かを変える」ですね。 〜〜〜新連載〜〜〜 『Re:vision』と同種の「お互いさま連載」第二弾がスタートしております。 ◇

スキ
5
有料
180