倉下忠憲

物書きです。ビジネス書とか、ライトノベルとか、ブログとか、有料メルマガとか書いています。 Blogは http://rashita.net/blog/ メルマガはhttps://note.mu/rashita/m/mca89ee3c2e93 です。
  • ベーシックプラン

    「倉下忠憲のサークル」はこちらから。

    • 掲示板が利用できます
    • 作業ログが閲覧できます
    • 倉下忠憲のWRM 「読む・書く・考えるの探求」
      倉下忠憲のWRM 「読む・書く・考えるの探求」
      • ¥720 / 月
      • 初月無料

      本の読み方、文章の書き方、何かについての考え方。その実際例を、舞台裏を含めてお見せしています。本を読むのが好きな人、文章を書くのが好きな人、何かを考えるのが好きな人が楽しめるコンテンツが盛りだくさんです。毎週月曜日配信。

    • 読書と日記の話(仮)
      読書と日記の話(仮)
      • 16本

      倉下忠憲とゆうびんやが、読書と日記について書いていくマガジンです。

    • ライフハックタイムズ
      ライフハックタイムズ
      • 9本

      ライフハックに関する話題を広く集まります。小ネタ大歓迎。ITツール、ガジェット、文房具、仕事術、知的生産の技術などなど。

    • 読む・書く・考えるのトライアングル
      読む・書く・考えるのトライアングル
      • 6本

      知的生産の技術を探求するマガジンです。

    • すべてのマガジンを表示

アイデアのログ性と素材性/忙しさの魔力/GTDにアーカイブ/書き手としての信頼を積み重ねる

Weekly R-style Magazine ~読む・書く・考えるの探求~ 2020/10/26 第524号 ○「はじめに」 うちあわせCast、最新回が配信されております。 頭の方は『独学大全』の話…

180

第八回:本は自由に読んでいい

本を読むことは、自分の中に出来事を発生させることです。体験が生じ、経験の土台になる。そんな現象を引き起こすことです。 人が生きるという現象に「正解」が無いように…

  • 「やること地獄」を終わらせるタスク管理「超」入門 (星海社新書)

    倉下 忠憲

アイデア閲覧と検索の環境/太陽の塔とフォントのサイズ/The PARA Method その4

Weekly R-style Magazine ~読む・書く・考えるの探求~ 2020/10/19 第523号 ○「はじめに」 前回紹介した以下のポッドキャスト番組の第三回で、ゆうびんやさんの『日記…

180

ライフハックとは何か

ライフハックとは何だろうか。 もちろん、それを定義するのは難しい。ここまで意味が広がった言葉をいまさらまとめ上げようとするのは、困難を通り越して苦難である。 一…

本の価値を見出す人を見出す試みは大切だということ

noteで読書の秋向けのコンテストが開催されるようです。 とても良い企画だと思います。なぜなら、本の価値を見出す人を見出すことはこれから重要になっていくからです。 …

第七回:インプットではない読書の創造

閉じつつも閉じすぎない読書で行われるのは、「インプット」ではありません。 パソコン(脳)があり、CD-ROM(本)があり、そのCD-ROMの情報をパソコンにインストールする…