TransTech

コーチング・ゼロ 後編

コーチング・ゼロ 後編

コーチングの愛をプレゼンした時に出てきた傷が、コンサルインターンや昔のビジネスの傷と共鳴している。   徹夜した後、日中働いて、そのまま寝ずに午前2:00のミーティング。ミーティングの話についていけない。ダメ出しと人格否定は初日からあった。煽りはあって当たり前。当たり前に誰も守ってくれはしない。寝たい。みんな話すスピード速いな。なんでついていけてないんだろ。 経営コンサルのインターンで学んだこと。質問の技術、シナジーの生み出し方。だけど質問してもついていけない。 他のチームメ

スキ
14
「マインドフルネス ×トランステック最前線 トランステック・カンファレンス帰国レポート」というイベントに参加してきた。

「マインドフルネス ×トランステック最前線 トランステック・カンファレンス帰国レポート」というイベントに参加してきた。

 「マインドフルネス ×トランステック最前線 トランステック・カンファレンス帰国レポート」というイベントに参加してきた。場所は、知る人ぞ知るNagatachoGRID。このイベントでは、先日アメリカで行われたトランステック・カンファレンスに参加し、日本で牽引している山下悠一氏がその様子をレポートしてくれたり、ヤフー株式会社に勤めながら、社内外にマインドフルネスを拡げている中山悟氏がマインドフルネスのミニワークや、ヤフー内での実証実験についても伝えてくれるような内容だった。

スキ
4
Trans Tech

Trans Tech

と言う言葉が、SNSなどで水面下に浮き上がってきた様だ。 まぁ、簡単に言うと「メンタルをテクノロジーでコントロールする」みたいな事だと、僕は理解している。 人の精神や心の状態をテクノロジーを使って安定させたり、進化させたり、印象の悪い言葉を使えば肥大させたり出来る技術と言ったところか。 今年初めぐらいからこの分野が騒がれだして、何兆円市場だとか言われてた気がする。 (相変わらず金の事は興味がない。笑) 実は、音楽療法に興味があり、個人的にかじったりしている僕からしても、

スキ
17
デジタル世界で蠢く生命体とテクノロジーの精神

デジタル世界で蠢く生命体とテクノロジーの精神

このドキュメントは、私のテクノロジーに関する考え、とくに、「テクノロジーと精神」について2019年9月時点でまとめたものです。 当時は、技術設計者でしたし、今の技術哲学を研究している立場からすると、色々コメントしたいところもありますが、記録としておいておきます。 冒頭に、自己紹介を兼ねて、そう思うように至った経緯を書いています。 (2019-12-24 追記) 私は、京都出身の父の仕事の都合で、鳥取で生まれ育ちました。 ジブリの世界のような自然豊かな里山が残っていて、そ

スキ
29
ロゴス-ゴースト-ボディという技術的思考フレーム

ロゴス-ゴースト-ボディという技術的思考フレーム

ーーーーーーーーーーーーー 今日は、ボディ-ゴースト-ロゴスという技術的思考フレームを提案します。複数回に渡る予定です。 ーーーーーーーーーーーーー 私は、しばらく、西表島のジャングルに住んでいたことがあります。 今でも、なるべく、自然な食べ物を食べて、化繊の服は着ないで、薪を割って、薪ストーブで暖をとり、畑を耕し、テクノロジーから遠いところにいるような生活を好んでいます。 けれども、現代のテクノロジーの進化は止められないともいますし、この時代の必然であり、この社会の未

スキ
21
あなたにとって「マインドフルネス」とは?【日経COMEMOテーマ企画】

あなたにとって「マインドフルネス」とは?【日経COMEMOテーマ企画】

 ここ数年話題の「マインドフルネス」、スティーブ・ジョブズやノバク・ジョコビッチが実践していたり、Googleやインテルが研修に取り入れていることが知られているように、リラックス効果のほか集中力を高めたりクリエイティビティを向上させる効果もあると言われてます。  マインドフルネス=禅、瞑想のイメージが強いですが、本来マインドフルネスは「今の自分の状態に意識を向け、今に集中し、感情や思考を判断せず、自分を受け入れる心の状態のこと」を指しています。 皆さんの投稿をお待ちしてい

スキ
43
「八百万の神」のシンギュラリティ論2/VRで、デジタル空間に身体性を見出し、スペースコロニーで神を掴む

「八百万の神」のシンギュラリティ論2/VRで、デジタル空間に身体性を見出し、スペースコロニーで神を掴む

今日も徒然なるままに、、 (今日も、表紙は、井坂健一郎先生の作品!) 22世紀には、デジタルネイティブしかいなくなり、私たち現代人は、最後のアナログネイティブとして、長い歴史の中で位置づけられることについて、以前お伝えしました。 そのなかで、身体性という一つのキーワードがあって、完全なアナログ空間に身体性を持っていた私たちの世代から、次の新しい世代は、そのアナログ空間にデジタルな要素が入り込んで、「デジタルとアナログが混ざった世界に身体感覚を持つ」ことになります。 こ

スキ
15
「八百万の神」のシンギュラリティ論1

「八百万の神」のシンギュラリティ論1

今日も、思いつくままに書いていきたいと思います。(本日も表紙は井坂健一郎教授の作品を拝借) 「ディストピア」 猿の惑星に、2001年宇宙の旅、マトリックス、アキラにナウシカ、あらゆる映画やアニメの背景にあるディストピア思想。 ディストピアという概念を知り、そしてそれは現実に訪れる、ないし既にそうだというようなことを知ったのは、10年ほど前。確か、ドワンゴの川上さんの本を読んでいて、最後にディストピアに住むことの情感がポジティブに綴られているのに驚いた。デジタル空間の先の

スキ
17