FARCRY BREWINGのレギュラーラインナップ

こんにちは!FARCRY BREWINGの片山です。 FARCRY BREWINGのレギュラーラインナップ第三弾 "FARCRY LAGER (ファークライ ラガー)"が完成しました! 今年1月に醸造場がオープンし、2月に販売スタート、そしてこの度ようやくレギュラー3種類全てを世に送り出すことができました。 醸造士阿久沢にレシピの開発を依頼してから約一年、、こうして実際に美味しいビールに仕上がって嬉しい限りです。 改めまして、レギュラーラインナップをご紹介いたします。

スキ
2

PUEBCO ラインナップ(生活用品)

2021/1/11 よりPUEBCOのお取り扱いがスタートしました。 店頭販売のみお取り扱いさせていただいております。 ですのでこちらのブログで詳細をご確認いただき、ご来店くださいませ。 随時商品更新してきます!! BRASS CARD CASE  Price : 1,800yen (+tax) Size : approx. H70 x W110 x D13mm Material : Brass Note : 素材の特性上、黒ずみや緑青という青緑色のサビがご

スキ
2

PUEBCO ラインナップ(アウトドア系)

2021/1/11 よりPUEBCOのお取り扱いがスタートしました。 店頭販売のみお取り扱いさせていただいております。 ですのでこちらのブログで詳細をご確認いただき、ご来店くださいませ。 随時商品の更新していきます!! NOMADIC BED Green  Price : 20,000yen (+tax) Size : H60 - 90 x W1700 - 1800 x D800 - 900mm Material : Waxed Cotton (Cover),

スキ
2
+3

2020.11.14 桐生 Purveyors

スキ
15

OMM JAPAN 2020 NOZAWA ONSEN に向けて

どーも店長の田中です。 この度ZEROGRAMからお声かけいただきまして、11月7.8日に開催されるOMM JAPAN 2020 NOZAWA ONSENにZEROGRAMチームで出場いたします! https://www.theomm.jp/omm-japan-2020/ 相方はZEROGRAMのK先輩です。 この間の槍ヶ岳山行もご一緒した経験豊富な山男ですね。 ギアやウェア類一式をZEROGRAMからお借りしまして、ZEROGRAMのブランド告知をしながら、ギア類

スキ
2

Talking about your city #11桐生について/Purveyors小林宏明さん

「いい街ってなんだろう?」という問いについて様々な都市の実践者たちと対話し、考えるPodcast、Talking about your city. 今回のゲストは、群馬県桐生市で、アウトドアと旅のコンセプトショップPurveyorsを運営する株式会社Perk代表の小林宏明さんにお話を伺いました。 Purveyorsが挑戦中のブルワリー新設のクラウドファンディングはこちらから!↓ 小泉が自分の事務所「about your city」を立ち上げたことを機に番組タイトル、コン

スキ
3

KITCHEN STAFF & Brewer 見習い募集

Staff Wanted! Purveyorsでは、FARCRY Brewing(2020年11月3日オープン予定)ブルワリー・レストラン事業の新規開拓に向けて、スタッフを募集いたします。  どちらも経験者を優遇しますが、やる気があれば本当に年齢も性別も国籍も経験も不問です。キッチンスタッフは簡単な調理を中心とした内容です。パティシエ経験者も募集してます。 醸造見習いは将来醸造士になりたい方や、ブルワリーを将来開設したい人などを応援したいと思っています。 また、主婦

スキ
8

僕らのGO TO キャンペーン。 コロナはPast でもFutureでもなく、Now確実に存在し、ポストコロナは永遠と存在し続ける。

Purveyors オーナーの小林です。   僕らのお店はもう皆様ご存知の通り、群馬県桐生市にあります。 渦中のコロナ騒動でご多分に漏れず会社として大きな影響を受けている僕らのお店ですが、そんなコロナに対しての僕の考え方をこちらに明確にしていきたいと思います。 今は2020年7/24 11時にこの文章を書いています。    まず僕らの今現在の感染対策として、店舗の換気をよく行なっております。元々、普通のお店よりは空間も広く、換気もしやすい構造なのでまめに換気を行なっていま

スキ
31

走れ! Purveyors Trip at Shima①

不朽の名作『走れメロス』が実は作者である太宰治の借金問題に取材しているという逸話はご存知でしょうか? 旅館の宿泊代が払えなくなった太宰は友人を人質に残し金策に出て行ったそうですが、それきり一向に帰って来ない……あぐねた友人が太宰を訪ねると、なんと井伏鱒二と呑気に将棋を指していたというから驚きです。 それをなじられた太宰の台詞が「待つ身が辛いかね。待たせる身が辛いかね」。 井伏に借金を頼みたくてもなかなか言い出せず、ついつい将棋の相手などしてしまっていたそうですから待たせ

スキ
5

Trail Bum - Bummer

こんにちは。 新人スタッフのKCです。 これまでカフェを自分で営みながら同時に趣味も楽しんで参りました。 読書や珈琲も大好きですが、山道を歩くのも大好きです。 本日はそんな僕のお気に入りのザックを紹介したいと思います。 さて、ハイキングとそれにまつわるギアを愛する者のご多分に漏れず、僕も山道を歩きながらずっと自分にとっての理想のバックパックというものを夢描いてきました。 例えば…日帰りやもしくは小屋泊まり程度のハイキングだったら、メインの気室へのアクセスは煩わしい開

スキ
4