見出し画像

to the north in 川湯エコミュージアムセンター

こんにちは、スタッフの片山です。

6月中旬より北海道を巡回してきたPurveyors主催の巡回イベントto the north ―私からは、道東エリアに位置する川湯エコミュージアムセンターで開催した最終章のレポートをお届けします。(第一章札幌編、第二章ニセコ編は後日更新予定!)

About "to the north"

to the northは、Purveyorsの経営母体であるPerk Incが展開する、北欧・シベリアからの来日ブランドのプロモーションのための北海道ツアーです。

WEBサイト:to the north

SOTOQVISTのフリース

Soul Of Siberiaのククサ

北からやってきたプロダクトは、やはり北国の風景・環境にフィットします。

6月の北海道はまだ肌寒さが残る季節ですが、穏やかな天候の日が多く、観光客もまだ多くない時期なので、時間の流れがゆったりしていて、北海道を満喫できます。

Purveyorsスタッフはみんな北海道大好き!

in KAWAYU

私は生まれも育ちも北海道の道東エリアで、地元を心から愛する道産子なので、Purveyorsとして初めて道東エリアでイベントをすることが決まりとても興奮しました。

今回お世話になった川湯エコミュージアムセンターは、阿寒摩周国立公園内に位置する日本最大のカルデラ湖屈斜路湖のほとりの川湯温泉にあります。

街の中には温泉の川が流れ、近くには火山活動が活発な硫黄山や砂を掘ればお湯が出る湖畔のキャンプ場なんかもあります。

Purveyors一行の宿泊はもちろんキャンプ。大人も子供も砂を掘って足湯を満喫!3日間のイベントに備えて温泉で英気を養います。

イベントには、地元や約100km圏内の街から開催を知って来てくれた方、川湯エコミュージアムセンターのウォーキングイベントにご参加の方、川湯温泉に宿泊中の方、外国からの観光客など、さまざまなお客様にご来場いただきました。

本当にあたたかい方ばかりで改めて北海道の魅力を感じられたイベントになりました。


終了後は、イベントに遊びに来てくださったカヌーガイドさんと釧路川へ。

満喫。


雄大な自然、新しい発見に溢れるアクティビティ、あたたかい人たち。

この場所に来たい理由がたくさんあって、また来年も、より大きなイベントにして必ず戻って来たいと願っています。


to the north開催にあたって全面的にご協力いただいた環境省阿寒摩周国立公園のご担当者様、川湯エコミュージアムセンターのスタッフの皆様、ご来場の皆様、ありがとうございました!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
群馬県桐生市にある、旅とフィールドワークのコンセプトショップ。  http://purveyors2017.jp

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。