MDS

ハイリスクAML/MDS移植後のAZA vs 経過観察

A phase 3 randomized study of 5-azacitidine maintenance vs observation after transplant in high-risk AML and MDS patients

(Blood Adv (2020) 4 (21): 5580–5588.)

再発のリスクが高いAML/MDSの移植後に何かできることはないか、とみなさ

もっとみる
ありがとうございます。励みになります。
1

staff紹介 第3回 とみ

みなさんこんにちは!なかしょーです。

今回はstaff紹介第3回、とみさんです!

とみさんは大学生と高校生の娘さんがいらっしゃる、ママさん世代のstaffです。
治療歴としては、2017年11月に急性前骨髄球性白血病(APL・M3)が発覚して緊急入院されています。また治療初期に脳出血を起こし、「98%助からない」と告げられたことも…。
が、現在は左半身麻痺が残ったものの、奇跡的に命を取り留めて

もっとみる
ありがとうございます!ハッピーです!
4

きっと役に立つ! 企業のがん支援サイトまとめ

みなさんこんにちは! なかしょーです。

突然ですが皆さんは、病気や治療のことを調べる時、どのようなもの・ことを活用していますか? 病院に置かれているパンフレット、患者会で聞いた話、ブログの記事、いろいろありますよね。しかし製薬企業をはじめとした様々な企業が、充実したコンテンツを提供していることはご存知でしょうか?
今回はそんな、様々な企業が提供しているコンテンツについて、

1. 体験談や総合的

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!
6

staff紹介 第2回 なかしょー

みなさんこんにちは!
スタッフ紹介第2回は、なかしょーです!

わたし(=なかしょー)は2017年8月末の告知から2度にわたる抗がん剤治療ののち、HLAフルマッチの弟から末梢血幹細胞移植を受けました。以降再発なく、日々を過ごしています。

staffになったきっかけは、emaremoが掲げている「疾患の有無に関わらない to be」という理念に共感したことです。

趣味は読書で、漱石の『猫』や『草

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!
3

staff紹介 第1回 あっきー

みなさんこんにちは! 記事担当のなかしょーです。
今回から2回にわたり、emaremoの活動に携わっているスタッフを紹介します。
初回はemaremoを立ち上げた「あっきー」です!

あっきーは現在大学の博士課程真っ只中ですが、3年前の2017年に悪性リンパ腫(T-LBL)に罹患し、翌年造血幹細胞移植(末梢血幹細胞移植)を経験しています。
入院中、偶然にも同病の友人ができたことが精神的にも辛い治療

もっとみる
ありがとうございます!ハッピーです!
3

ジャドニュについて

こんばんは。

骨髄異形成症候群(MDS)という血液疾患と寡巨大糸球体症(先天性の低形成腎)で治療中のAYA世代のLiamoz88です。

どうぞよろしくお願いします。

最近は比較的新型コロナウイルスの陽性患者も減少傾向にあり、旅行に行ったなどの話も聞きますね。

とはいえ私は持病があるので、引き続きマスクとこまめな手洗いとうがいは必須です。

さて、今回はジャドニュという薬について少し紹介をし

もっとみる
You're my wonderwall〜♪
7

「もう一度グランドに戻ってやる」; R2-7-22, Wed.

雨の音を聞きながら、ふと気がつくと4時1分。

今朝のラジオは、4年目にMDS(骨髄異形成症候群)を発症するも、骨髄移植(臍帯血移植)で回復、野球指導ができるまで回復した鈴木康友選手。

小3から野球を始め、天理高校時代に運よく甲子園を経験し春夏4回。プロで15年会活躍、その後コーチ、監督などを務めていた。

スポーツ明日への伝言
「白球を追う喜びを忘れずに」
元プロ野球選手・コーチ…鈴木康友

もっとみる