75mm

どうもありがとうございます。
8

ストーブの持ち手

どうもありがとうございます。
1

ヘッドライトの影

どうもありがとうございます。
2
どうもありがとうございます。
3

🔰実際に見た光と違う

昨日に続いて、写真初心者(仕事の一部として10年以上撮ってるくせに全然勉強してなかった)が気づいたことをそのまま書きます。初心者以外の方はいまさらなネタだと思います。いまひまだから聞いてやるよという方は、お付き合いいただけると幸甚です。

さて、

①夜、自動車教習所を撮ったら、こんな風に写りました。補正してません。

②見た感じより暗いので、Lightroomで露光量を上げました。

左の建物の

もっとみる
どうもありがとうございます。
1

KEN 2019.11.5



起きてれば、
いろんな玩具と狂ったように遊び、
テーブルのモノを落とし、ドリブルしてどこかに放置して忘れる。
突然眠くなって、
誰かがいれば傍にいき、
誰もいなければ暖かい場所を探して寝る。

Panasonic LUMIX S1R
7Artisans 75mm F1.25
SHOTEN LM-LSL MACRO mount adaptor

もっとみる
ありがとうございます🎵
10

肖像写真



ドラマティックだがスタンダードな光で「肖像写真」を撮ってみる。
テーマは「緩やかな品」。
撮影のご依頼お待ちしております(笑)

model : Rin

Panasonic LUMIX S1R
7Artisans 75mm F1.25

もっとみる
ありがとうございます🎵
10

monochrome portrait



ものすごく簡単に言ってしまうと、
セオリーを外したところに作品性が出てくることもある。
よく言う崩しである。
でも、最初から崩れてると崩しとは言わない(笑)

model : Rin

Panasonic LUMIX S1R
7Artisans 75mm F1.25

もっとみる
ありがとうございます🎵
13

官能的であること



作品でモデルの特性を活かすのは必然だと考えている。
如何なるモデルであろうと自分の作品の中に封じ込めるのも一つのメソッドだと思うが、それだとコンセプト構築が堅固でないと代わり映えしない作品の羅列になりかねない。
コンセプトに合うモデルの起用もあれば、撮るモデルによるコンセプト構築もある。もちろん、フォトグラファーの美意識がそこになくてはならないし、できればそれだけではないスパイスの様なエレメン

もっとみる
ありがとうございます🎵
17