鳥取こども学園

笑顔いっぱい

笑顔いっぱい

社会福祉法人鳥取こども学園が運営する施設の職員より、施設や子どもたちの様子をお届けさせていただきます! 今回は、本年4月1日から保育所より幼保連携型認定こども園となりました 鳥取みどり園 副園長 古川典子のコラムです! ※本記事は、「鳥取こども学園 学園だより 第49号」より転載しております。 【キャンペーン中】 給食室からひろがるえがおを、これからも。幼稚園と保育所の機能を併せ持つ幼保連携型認定こども園「鳥取みどり園」の調理室リフォーム費用をあつめたい! https:/

2
『思い描き続ける』自立援助ホーム鳥取フレンド・鳥取スマイル 統括寮長 田村 崇

『思い描き続ける』自立援助ホーム鳥取フレンド・鳥取スマイル 統括寮長 田村 崇

【キャンペーン中】 給食室からひろがるえがおを、これからも。幼稚園と保育所の機能を併せ持つ幼保連携型認定こども園「鳥取みどり園」の調理室リフォーム費用をあつめたい! https://syncable.biz/campaign/1716/ ☆4月より、自立援助ホーム鳥取フレンドと鳥取スマイルの統括寮長としての役割を受けました。 あっという間に3ヶ月が過ぎてしまったというのが正直な感想です。 ☆自立支援担当職員という役割も受けました。 O.B.、O.G.支援を試行錯誤しな

1
心 機 一 転

心 機 一 転

社会福祉法人鳥取こども学園の職員より、施設や子どもたちの様子をお届けさせていただきます! 今回は、児童養護施設 鳥取こども学園 つくし・こすもす・いろどりブロック長 石田 航のコラムです! ※本記事は、「鳥取こども学園 学園だより 第49号」より転載しております。 今年度より、つくしホーム、こすもすホーム、地域小規模養護施設いろどりのブロック長を担当することになりました。勤続15年、一貫してこすもすホームを担当していたこともあり、自分自身の環境が変わることに不安と戸惑いを

7
♪給食ってうれしいな♪ 幼保連携型認定こども園 鳥取みどり園 園長 西垣 恭子

♪給食ってうれしいな♪ 幼保連携型認定こども園 鳥取みどり園 園長 西垣 恭子

4月1日、鳥取市に「新型コロナ感染増大情報」が発令され随分怯えていましたが、その後感染状況も日を追うごとに落ち着き、去年出来なかった幼児部の親子遠足が5月13日には何とか出来そうだと喜んでいましたが、連休明けから感染人数が増えだしたことで、今年も残念ながら中止となってしまいました。雨天になっても「3密」が防げ安心して活動できるよう、それぞれの年次別に体育館を予約して当日を楽しみに待っていました。本当に残念でなりません。鳥取市でもワクチン接種がもっともっと進み、秋頃には親子みん

3
『事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!』鳥取こども学園 副園長 藤野 謙一

『事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!』鳥取こども学園 副園長 藤野 謙一

2021年5月5日(こどもの日)記 学園は家族であり、ルーツである   2021年2月、鳥取こども学園(以下、学園)OBのSさん78歳の葬儀が行われました。血縁者は誰もおらず学園職員などに囲まれて天へ召されました。一人暮らしで末期ガンだったので、OB仲間のいるシェアハウスをSさんが住みやすいように改修工事をしていましたが間に合いませんでした。Sさんは小学4年から鳥取こども学園で生活し、退所後は波乱万丈な人生を経て、晩年は学園の職員となりました。職員になる前から天に召される直

8
樹々とその剪定に学ぶ

樹々とその剪定に学ぶ

社会福祉法人鳥取こども学園の職員より、施設や子どもたちの様子をお届けさせていただきます! 今回は、診療所「こころの発達クリニック」院長 川口孝一のコラムです! ※本記事は、「鳥取こども学園 学園だより 第48号」より転載しておりますので、昨年のできごとです。  この夏園内の樹々の散髪(剪定)をある業者さんにしていただきました。「学園には貴重な樹がたくさんあるので、大切に守っていって欲しい」と言う樹々に対する熱い想いから、剪定講習まで我々学園職員にして下さいました。私も2回

2
新年度を迎えて、改めて感謝を伝えたい|社福)鳥取こども学園 業務執行理事・児童養護施設長 田中佳代子

新年度を迎えて、改めて感謝を伝えたい|社福)鳥取こども学園 業務執行理事・児童養護施設長 田中佳代子

今年も学園前土手の桜並木は華やかに風情を醸し出してくれています。 鳥取こども学園(理事長 藤野興一)は法人115年の節目に当たり、栄えある『石井十次賞』をいただくこととなりました。115年間、鳥取こども学園に子どものいない時はなく、子どもたちや施設出身者、歴代職員、地域の皆様方の力添えを受け、創設者であるクリスチャンの精神『愛』を大切に守り、神様に見守られて歩ませていただけたことに改めて感謝を伝えたいと思います。新年度を迎え、今一度襟を正して今後も歩みますので、皆様のご理解・

4
焦らず、急がず、あきらめず

焦らず、急がず、あきらめず

鳥取こども学園の職員より、施設や子どもたちの様子をお届けさせていただきます! 今回は、児童心理治療施設 鳥取こども学園希望館からのご報告です! 執筆:花川治応(法人理事 鳥取こども学園希望館館長) ※本記事は、「鳥取こども学園 学園だより 第48号」より転載しております 出会いと別れ 今年も何人かの子どもたちとスタッフが希望館を旅立ち、何人かの新しい仲間が加わりました。 新しい夢を抱えて勇気をもって旅立った者、本人も仲間も不安を抱えながら次の進路に行かざるを得なかった者。

6
“子どもをより理解する”ということは

“子どもをより理解する”ということは

鳥取こども学園の職員より、施設や子どもたちの様子をお届けさせていただきます!  執筆:西上恵理(乳児院 鳥取こども学園乳児部 セラピスト) ※本記事は、「鳥取こども学園 学園だより 第48号」より転載しております 乳児部では、今年度からケースカンファレンスにPCAGIP 法(※1)を取り入れています。 月に1度のケースカンファレンスでは「ホームや担当職員への愛着がどう育まれているか」、「気になる行動にどう向き合うのか」等が議題の中心となります。 この課題に対して、ホー

3
3年目のホーム行事を通して

3年目のホーム行事を通して

鳥取こども学園の職員より、施設や子どもたちの様子をお届けさせていただきます! 今回は、児童養護施設「鳥取こども学園」つくしホームからのご報告です! 執筆:城下唯(つくしホーム 児童指導員) ※本記事は、「鳥取こども学園 学園だより 第48号」より転載しております つくしホームは、10月中旬にお隣のこすもすホームと一緒にバンガローにホーム行事で泊まりに行きました。 BBQでお腹一杯食べた後はみんなで肝試しもして、2日目には公園に遊びに行ったりご飯を食べに行ったりと、ホーム

6