きょうの難経 二十難と二十二難 2021/11/25

前回の十八難では、寸口部の脈(寸口、関上、尺中)と浮・中・沈を掛け合わせて三部九候とし、上焦・中焦・下焦との対応関係について整理しました。 今回は二十難と二十二難を読みますが、その前に十九難に軽く触れました。 十九難曰 經言脈有逆順 男女有常 而反者 何謂也 然 男子生於寅 寅為木 陽也 女子生於申 申為金 陰也 故男脈在關上 女脈在關下 是以男子尺脈恆弱 女子尺脈恆盛 是其常也 反者 男得女脈 女得男脈也 其為病何如 然 男得女脈為不足 病在內 左得之 病則在左 右得

きょうの難経 十八難(2) 2021/11/18

十八難の後半です。 前回は人体が「上・中・下」の三部に分かれ、それが寸関尺の三部に対応し、さらに浮中沈を掛け合わせて三部九候とし、経絡と臓腑への接続が図られました。 今回はその続きです。 人病有沈滯久積聚 可切脈而知之耶 (人の病に沈滞して久しく積聚するあり、脈を切してこれを知るべきや) 然 診在右脅有積氣 得肺脈結 脈結甚則積甚 結微則氣微 (診して右脇に在りて積気有るときは、肺脈の結を得、脈の結すること甚だしければ、則ち積は甚だしく、結すること微なれば則ち気は微)

スキ
1

きょうの難経 十八難(1) 2021/11/11

十七難を飛ばして、十八難に入ります。 一応、十七難の内容に触れておくと、「脈証と病症が一致すれば予後は良好、不一致ならば予後不良である」ということを言っております。 というわけで十八難。 ここでようやく五臓(五行)と十二経脈への接続が語られます。 さらには、今迄みてきた寸関尺(×浮中沈)の脈が、天人地の三才を通じて、人体の上中下(三焦)につながっていきます。 さらっと書いてありますが、結構重要なことを語っている部分だと改めて思いました。 それでは本文を見て見ましょう。 十

きょうの難経 十六難 2021/11/4

前回、十六難の冒頭を少しみましたが、せっかくなので冒頭から。 十六難曰 脈有三部九候 有陰陽 有輕重 有六十首 一脈變為四時 離聖久遠 各自是其法 何以別之 然 是其病 有內外證 其病為之柰何 然 假令得肝脈 其外證 善潔 面青 善怒 其內證 齊左有動氣 按之牢若痛 其病 四肢滿 閉癃 溲便難 轉節 有是者肝也 無是者非也 假令得心脈 其外證 面赤 口乾 喜笑 其內證 齊上有動氣 按之牢若痛 其病 煩心 心痛 掌中熱而啘 有是者心也 無是者非也 假令得脾脈 其