言葉の森

【新年のご挨拶】その瞳にはぬらぬらと、お前になら分かるだろうという挑むような怪しい光が映って。

皆さんあけましておめでとうございます。考え之介です。
旧年中はnoteという場所を通じて様々な方と繋がることができて、本当に幸せな一年でした。世の中にはこんなに素敵な言葉で溢れているのか、と世界を見る目を変えてくれたのは間違いなくnoteとそこにいらっしゃる皆さんだと思っています。いつも本当に、ありがとうございます。

さてここ最近の僕ですが、2019年末は師走の文字通り仕事で駆け回っていてろくに

もっとみる
ありがとうございます!言葉が届いて嬉しいです😊
69

僕は、フォロワー数よりフォロー数を大切にしたい

考え之介です。

SNSを見ていると「フォロワー数」の話をされている方はなかなか多いように思います。

フォロワー数が多ければ、インフルエンサーになれる...きっと裏側にはそういう図式があるのだと思うのですが、今日は逆に「フォロー数」の方にスポットを当ててみたいと思います。

僕はnoteという場所が大好きなのですが、
この場所との付き合い方にはつくづく、色々形があるなあと感じています。

僕は、

もっとみる
ありがとうございます!言葉が届いて嬉しいです😊
112

あなたが「死にたい」と思ったら伝えたい言葉 (「あなたの森は腐海じゃないわ」)

考え之介です。
最近は手書きで詩ばかり書いていましたので、
今日は考えたことを言葉にしようと思います。

ニュースを見ていると様々な悲しい話が耳に飛び込んできます。
色々ある中でも最も悲しい話のひとつが、
こどもが自分で命を絶ってしまうこと。

常々僕は、言葉にする、という行為は
少しずつ、自分の中に言葉の種や苗木を植えて、
少しずつ、水をあげて育て、
少しずつ、自分の中に気持ちの良い森を作ってい

もっとみる
ありがとうございます!言葉が届いて嬉しいです😊
33

ひとの言葉の森を歩く。

三月三日は、ひなまつりだけど、耳の日でもあるらしい。

そんな今日、昨年秋から半年にわたって開いてきた『聞くことの愉しみ、聞くことの深み』の最終回 <急> が行われた。

会場は名古屋市の「聞法」のお寺、西念寺さん。
<序><破><急>に、スピンオフの<序々>を加えた四回の道行きを最後まで見届けてくださった。

今日はかねてからやってみたいと思っていた「みんなでレビュー」を試みた。いつもは一人が読

もっとみる