至学館大学

アスリートと免疫機能

運動は免疫機構に影響を与えることはよく知られており、特に「中等度の運動は免疫機能を促進し,長時間の高強度運動は回復期において一時的に免疫機能を低下させる」という説をオープンウィンドウ説といいます[1].

消化管において,トライアスロンやマラソンなどの激しい運動後には,腹痛,下痢,血便などの様々な消化器病態が誘起され,運動負荷はその強度に依存した消化管血流量の低下(虚血)と再灌流を引き起こし,酸化

もっとみる

夢追人~失敗からの再起のチャンスが認められる世の中に

パワハラ問題で解任された栄和人氏が、至学館大学のレスリング部監督に復帰されることが発表されました。

栄和人氏の復帰理由は3つ「自費で世界選手権」など(日刊スポーツ)

賛否両論のある復帰であることは本人も百も承知でしょう。

むしろ復帰しない方が批判の声にもさらされず充実した生活を送れるのかもしれません。

ただ。

吉田沙保里さん、栄監督たちが学園生に残してくれたメッセージがあります。

もっとみる