職安法

スカウトマンの創り方①

私は、決してスカウトマンを生業にする事をお勧めしていません。
『スカウトマンってゆう仕事①』でも書いた通り、

路上で声をかける行為⇒迷惑防止条例
風俗店・AVプロダクションへの紹介⇒職業安定法違反

グレーゾーンだから、みんなやってるから、と思ってると痛い目に合うからです。
あくまでリスクのある仕事です。
それをわかってやりたいと思う方は好きにしてください♡

最近では、水商売に特化した路上での

もっとみる
きゅんです♡
13

スカウトマンってゆう仕事②

ところで、地方によっても変わってくるのですが、
スカウトマンにも種類があります。

風俗専門
水商売専門
AV専門

の3種類、AV専門は東京だけでプラスお店の専属スカウトのパターンもある
報酬に関してもエリアによって特性があるんですが、、、

風俗系であれば女性の稼ぎの15~20%が相場で
関東エリアでは顧問料(10万くらい)+15%
お水系に関してはお店のランク、業種とエリアによって変わるので

もっとみる
きゅんです♡
14

スカウトマンってゆう仕事①

※ここでのスカウトマンとはナイトレジャーをメインに紹介する人たちの事です。

資本はお茶代と携帯電話のみ
必要なのは、度胸と自信と体力とほんの少しの勇気・・・
って昔は教えられましたが、あながち間違いではないですね(笑)

巷のインスタグラムでギラギラしてて、肌は黒めで金の装飾(クロムハーツ率高し)、シュプリームとブランド品が好きそうな男子は半分くらいがスカウトマンではないでしょうか(笑)

あ、

もっとみる
きゅんです♡
30

『HRテクノロジーで人事が変わる』解説note ~共著者の一人として、難しい問題をかみ砕いてみた~ ④第2章 採用における個人情報保護の問題

まえがき

 「HRテクノロジーで人事が変わる」(2018年、労務行政)の「第3章 テーマⅠ 採用 個人情報保護の視点から」(担当:板倉陽一郎 弁護士)の執筆内容について「解説」します。

 あくまでもこれは「解説note」であり、元の内容を正確に、かつ、詳細に理解するためには上記の書籍を必ず購入頂くことを強くお勧めします。

1.はじめに

 個人情報保護・プライバシー保護の問題は、
① 消費者

もっとみる
Grazie mille! シェアにもご協力お願いいたします!
5

Wantedlyは、求人媒体なのか? SNSなのか?

少し前にIPO申請したWantedly、サービス開始直後から注目してきたので、「おー遂にIPO」かと興味深く感じて、Ⅰの部やら目論見書など久々にちゃんと読んでしまいました。

インターネット界隈だと、多くの企業が利用しており注目度が高いサービスなのか、調達額が極小のスモールIPOながら注目を集めており、いろんな方がブログなどに本件コメントされています。

Wantedly(ウォンテッドリー)のIP

もっとみる