動乱期に強い・生きる星

​今、まさに動乱期。

算命学では動乱期に強い星、生きる星というのものがあります。平和で安定した時代より不安定な状況下でその星の良さが出ると言われています。

あなたはどうですか?
この状況は不安ですか?
オラ ワクワクしてきたぞ〜と妙に興奮してきましたか?
淡々と変わらぬ平常心ですか?

今日は動乱期に強い星、生きる星をご紹介します。
ご自身の星と照らし合わせてみてください。
(ご自身の星を知ら

もっとみる
ありがとうございます(^^)励みになります!

自己紹介

算命学鑑定士 ヤスミン

日干支・戊子 中央・司禄星

2015年より算命学の学びを続けております。
道いまだに半ば。
インプットのみならずアウトプットも増やしてさらに学びを深めていきたくnoteを始めました。

鑑定のない日も毎日命式読みをし 目標 1日1記事。

算命学には幸せに生きる知恵がつまっています。
それらの知恵も私の言葉で綴っていきたいと思います。

ららぽーと立川 JEUGEAカル

もっとみる
ありがとうございます(^^)励みになります!
11

これからはじめます。

はじめまして算命学鑑定をしていますヤスミンと申します。
今日からこちらに算命学に関する記事を書いていきたいと思います。命式読みをはじめ算命学的知恵なと。算命学には人生を幸せに生きる知恵がたくさんつまっています。私が学んだそれらの知恵をこちらでお伝えしていきたいと思います。

今年は庚子年で今日は庚子の日です。何かを始めるのにはもってこいの日です。どうぞお付き合いください頂けたら幸いです。

算命学

もっとみる
ありがとうございます(^^)励みになります!
2

ライフデザインカウンセラーとは?

干支暦学や算命学とは??
ライフデザインカウンセラーとは?

自己紹介④占い師の素質?

私は、占い師って、魔術師みたいな特別な素質のある人しかなれないと思っていました。だから、人生の酸いも甘いも経験した老年期には、占い師になれるのかなと漠然と思っていました。算命学でも、鳳閣星という喋ることが好きな星が晩年にきているし、手相的にも趣味が仕事になる線や勘が鋭い線もあるので、周りには、「おばあちゃんになったら占い師になる!」と言っていました。

確かに、勘?感?が強い部分が私にはあります。

もっとみる

自己紹介③算命学との出会い

タロットカードで占いをしていた大学時代。自分自身の進路については占うことができず、友達と色んな占いによく行っていました。

月日が経ち、結局私は、大学院に進学し、就職し、転職もし、結婚して、出産しました。今まで言われた占いを参考にしたり、しなかったり、最終的には自己決定を大切にしました。

第一子出産後、赤ちゃんとずっと一緒にいる日々に退屈していました。仕事を休んで赤ちゃんのお世話ばかり。手がかか

もっとみる

歴史に学ぶ意味 No.422

息子の引っ越しで東京に車で行ってきましたが、久しぶりのロングドライブも道がすいていたおかげで思ったより大変ではありませんでした。

これがレクサスやメルセデスでしたら快適だったのでしょうが、車があまり快適ではなくさすがに少し疲れました。私の愛車の100系のハイエースで二日で約1,000kmは40代には少しハードでしたが、それも良い思い出になりそうです。

学生時代にオーストラリアで2週間で5,00

もっとみる
Je t'aime bien aussi
20

花粉症/#日日雑記

新型コロナウイルス がまだ拡大をみせている中、アメリカではインフルエンザによる死亡者数が12,000人を超えてしまったそうですね。

以前書きました通り、今年は風邪に注意の1年です。七赤金星年ですので、風邪・ウイルス・気管支、こういったことに引き続き注意が必要な1年であるということです。

新型コロナウイルス も、インフルエンザも大変ですが、この時期大変なのは花粉症ですね。辛く、苦しんでいる方も多

もっとみる

陰徳を積む/#日日雑記

「陰徳を積む」という言葉があります。
人に知られることなく、良い行いを重ねて行うことです。
人知れず行う功徳、なんていう言い方もします。

誰が落としたのかわからないゴミを拾ったり。
誰が汚したのがわからないものをキレイにしたり。

陰徳を積む方は、占い的に考えても良いわけですが、誰が見ているわけではないのに、なぜ良いのでしょうか?

人知れず行っている功徳も、波動として自然界に伝わっているからで

もっとみる

自己紹介②タロットカードとの出会い

今回、時期読み占い師 希望田あかり誕生までのことを書きます。

私は、子どもの頃から占いが好きでした。家に夢占いの辞典があり、よく夢を見ていたのでその辞書をひくことがしばしばありました。血液型占いや星座占いも好きでした。

私が浪人していたとき、先に大学進学していた高校の同級生がタロットを本屋さんで買って、遊びで占いをしていると話してくれました。私にとっては、衝撃でした。

・タロットカードって本

もっとみる