神吉晴夫

新着の記事一覧

文徒ジャーナル vol.67

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

1か月前

03「薄利多売の仕掛人」①神吉晴夫の巻

やりたいことなんてなくていい。プロの編集者とは「機能」にすぎない

苦しいときに神吉イズムをとことん学んだから、大ベストセラー『さおだけ』を作ることができた

新人編集者時代の柿内芳文が悩みに悩んで「神吉晴夫」にたどりつくまで