理想の暮らしラボ

冷蔵庫の野菜室で玉葱の皮が散りませんか?

牛蒡は泥、キャベツは切れ端、玉葱は皮が散らばりませんか?うちでは取り除くのも拭くのも面倒なんで、紙袋で対策とってます。

こんな感じて紙袋に玉葱。
使いかけの野菜(根菜に限る)も、この紙袋に入れています。

野菜の汁で汚れたら、紙袋を捨てます。
そして、新しい紙袋を設置。

ほんのちょっとの工夫で、掃除の手間が激減です!

もっとみる
ありがとうございます!

trekking memo:編笠山

1泊2日がおすすめ。編笠山には青年小屋という山小屋があり、「遠い飲み屋」という愛称があります。ここから歩いて15分ぐらいの場所には湧水が沸いていて、私が今までに飲んだ湧水の中で一番美味しいです。湧水の名前は「乙女の水」といいます。とっても柔らかく、まさに乙女な感じ。

編笠山から青年小屋に向かう道は、大きな岩がゴツゴツあります。岩と岩の間には深い溝があり、「落ちたら大惨事になるな・・・」と感じるた

もっとみる
ありがとうございます!
2

浪費を抑える為に整理収納で習慣を変える

フィンテックが進み、Line PayやPaypalなどの便利な決済方法が増える事で世界の消費が進み、それに伴い僕の浪費も進みました。
正直、無駄な物は一切買っていないつもりですが、結果として手元に残る額が少なくなっている事実があるので、これを浪費と捉えて行動する決意をしました。

行った事は全部で4つ。
目的設定と、2つの行動と1つの自戒です。

目的設定:浪費<貯蓄!!
まず、使うより貯めること

もっとみる
ありがとうございます!
3

情報整理|登山とキャンプの食事計画について。全て使い切れるように頑張ってます!

メニューは持って行ったものは、すべて使い切ってこれるように考慮して考えています。

キャンプの時はこんな感じ。表にして主食が被らないようにしています。(複数の家族でいく場合は、現地で全体のメニューを確認して順番を入れ替えて調整することもあります。 )

メニューが決まったら準備する量を決めます。
一人前は、ご飯だったら0.5合。
パスタは90g。
お肉は焼肉屋の一人前が100gで、焼肉屋だったら三

もっとみる
ありがとうございます!
3

家族と“もっと”分かり合えるためにホワイトボードを導入しました。

耳だけではなく、目を使うことで「より」情報を理解できます。と、息子の学校にいったときにセミナーで聞きました。

確かに、仕事では説明の時にホワイトボードをよく使います。

書きながら・話を整理しつつ・要点をまとめていく。自分にも聞く相手にもホワイトボードは有効なのです。

※資料をつくってからMTGにのぞまなくてもいいし。

我が家では、息子の公文でならう算数のサポート(解き方の説明)や対応計画。

もっとみる
ありがとうございます!
2

情報整理|また食べたいと思う店 Myアーカイヴス

できるだけ、食事は美味しくて・リラックスできる。もしくは、興奮するものを!と思って生きています。

食べる事は、好奇心と食欲を満たしてくれ、活力を生み出すので。

心がけているのは「正しい食事」。

これは、また食べたい!とか、人に薦めたい!と思えるような食事をすることです。

イメージとしては、こんな感じ。

ここ数年、味覚が変化してきており、「美味しい」が変わってきています。

例えば、幼稚園

もっとみる
ありがとうございます!
2

鍵の定位置を用意する(小1が届く高さで)

よく鍵をどこに置いたか忘れる僕なので、玄関に鍵の定位置を用意する事にしました。

ちなみに、定位置を決めるのは「整理収納」の基本的なTipsだったりします。頻繁に使うものには特に定位置決めがおすすめです!

はじめは植木の隣にしようと思っていましたが、小学生の息子は届かないので再考。彼も届く高さかつ、家族3人が個別のスペースをとれるようにしました。

はじめは靴箱の上の植木の隣にしようと思っていま

もっとみる
ありがとうございます!
1

台所で一番使う「包丁」の収納を考える

包丁収納のイメージは、居合抜き。
サッと出して、スパッと切って。また、サッと戻す。出し入れの動作回数は、どちらも1回がベスト。

それには、ナイフブロックが便利です!

ナイフブロックといわれても耳慣れない方もいらっしゃるかと思いますが、要は包丁置きです。こんな感じ。

これは趣味のDIYで作ってみたものです。

垂直型なので、洗った後に少しぐらい水がついていても木に水がつくことはありません。

もっとみる
うれしーー!!

よく履く靴の収納方法|ヘビロテ靴棚で、すっきり玄関に

毎日のように履く靴や、ちょっとした外出に履くサンダル。毎回、使う度に靴箱から出し入れするのは大変ですよね。

一緒に住む人数が増えれば靴も増えて玄関が散らかるけど、何とかスッキリさせたいと考えて作ったのがこれ。

その名も「ヘビロテ靴棚」。室内から見た写真がこれです。

上段には、子供用(小学校1年生)の靴が3足。

下段には、大人用の靴が2足入ります。高さは、コンバースのハイカットまで収納可能。

もっとみる
うれしーー!!
1

デッドスペースの真なる活用|クローゼット片開きドア

デッドスペースの活用はトライアンドエラー。日々の研究が必要だと思います。なぜなら、デッドスペースの収納は、収納場所というより“溜め込み場所”になるケースが多いからです。

困った末にデッドスペースを収納として使うのではなく、デッドスペースの特性を考えてオープン収納を設置しましょう。

今回ご紹介する活用は構造上、絶対デッドスペースになるクローゼット扉の横。全体像で見ると、以下のようになります。

もっとみる
ありがとうございます!
3