猫がいなけりゃ息もできない

ララ はじめての1匹

昨日の夜は「手術だ…。」と不安しかなかったけれど、朝になったらもう「よし!行かなきゃ!」と気持ちも切り替わっていて、トトも昨日の21時以降絶食だったけど騒がず落ち着いていて、皆さんからの応援も支えになって、「頑張ろうね!」と声かけできた。 ララだけ「ご飯はー!?なんでー!?」と大騒…

村山由佳×姜尚中「猫がいなけりゃ……」──村山由佳『晴れときどき猫背 そして、もみ…

最愛の三毛猫〈もみじ〉との日々と看取りを綴った『猫がいなけりゃ息もできない』『もみじの言いぶん』(ホーム社)が大きな反響を巻き起こした村山由佳さん。房総・鴨川での田舎暮らしと猫との「事はじめ」を綴ったエッセイの増補新装版『晴れときどき猫背 そして、もみじへ』(ホーム社)刊行を記念…

愛猫とのさいごの1年が綴られた心ふるえるエッセイ。村山由佳『猫がいなけりゃ息もでき…

この本の内容 「思えば人生の節目にはいつも猫がいた」 小説家と愛猫の最後の一年をつづった、心ふるえるエッセイ。 房総・鴨川での田舎暮らしを飛び出して約15年。度重なる転機と転居、波乱万丈な暮らしを経て、軽井沢に終の住まいを見つけた村山由佳さん。当初2匹だった猫も、気づけば5匹に。中で…