沖縄県よろず支援拠点

支援事例「夜光貝ジュエリー 販路拡大したい」

SNS発信 更新が大事

◆ 企業名 Shelly.na(シェリーナ)
◆ 業 種 夜光貝ジュエリー
◆ 所在地 うるま市字喜仲4-9-4
◆ 創 業 2014年
◆ 従業員 1人

【相談】
夜光貝ジュエリーの製作、販売をしているが、店舗への来店者を増やしたい。店舗や商品の知名度アップや、さらなる販路を拡大するための情報発信の方法についてのアドバイスが欲しい。

【回答】
 夜光貝をご存じだろう

もっとみる

HACCP(ハサップ)導入準備セミナー in 沖縄県立図書館 開催します!

お待たせしました。
12/20 沖縄県立図書館にて、「HACCP(ハサップ)導入準備セミナー」を開催します。
先着順です。早期に定員に達することが予想されます。
お申込みは、お早めに!!

【詳しくはコチラ】
https://yorozu.okinawa/seminar_info/haccp

もっとみる

支援事例「新事業'手ぶら観光'を普及させたい」

認知度向上へ積極 PR

◆ 企業名 沖縄ポーターサービス
◆ 業 種 手荷物配送サービス
◆ 所在地 那覇市
◆ 資本金 100万
◆ 創 業 2019年
◆ 従業員 5人

【相談】
 インバウンドや仕事で来沖する人にとって大きな荷物で移動するのは大変だ。手荷物を、空港やホテルで当日または翌日の配送が可能な「手ぶら観光」のサービス拠点にも承認されたが、目標受注件数とは大きな開きがある。
【回答

もっとみる

首里城火災の影響を受ける企業の皆様向けの相談窓口を設置

令和元年10月31日に発生した首里城火災により、影響を受けられた皆様に対し、心からお見舞い申し上げます。
 沖縄総合事務局では、中小企業・小規模事業者等の皆様が抱える経営上のあらゆる悩みに対する無料相談所として「沖縄県よろず支援拠点」を設置しております。
 この度、首里城火災による観光客減少等の影響を受ける中小企業・小規模事業者等の皆様からの相談に対応するため、「沖縄県よろず支援拠点」に相談窓口を

もっとみる

支援事例「承継した会社 業績上げるには」

予算と実績管理し改善

◆ 企業名 當間自動車整備工場
◆ 業 種 自動車整備業〕
◆ 所在地 豊見城市
◆ 資本金 個人
◆ 創 業 1972年
◆ 従業員 4人

【相談】
 地元の顧客を対象に48年続けてきた小さな整備工場を昨年、前代表から引き継いだ。指定工場を4年以内に取得したいので売り上げ拡大と資金調達が必要。周知を図るためSNSなども始めたが、ほかにどのようなことをすればよいか。

もっとみる

支援事例「NZ 蜂蜜の商品開発と販路 どう進める?」

夫婦の存在 ブランド化

◆ 企業名 Honey Fusion
◆ 業 種 マヌカハニーの輸入販売、オリジナル商品販売
◆ 所在地 豊見城市
◆ 創 業 2018年
◆ 従業員 3人

【相談】
 ニュージーランド出身の夫と沖縄出身の妻とで、ニュージーランド特有のマヌカハニーを知人養蜂家から直接輸入し、卸・小売り販売をしたい。ブランド名、販売価格、県外への販路なども決めなければいけないが、どのよう

もっとみる

スタッフ出勤スケジュール(11 月度)

https://yorozu.okinawa/attendance-book

11 月度のスタッフ出勤スケジュールです。

相談受付 : 098-851-8460
月~金(祝祭日を除く)9:00~19:00
土曜日(祝祭日を除く)9:00~17:00

また、お電話が難しい方のため、インターネットによる申し込みも
承ります。(申し込みは 24 時間可能です)
※ただしこちらは、「仮予約」で、

もっとみる

支援事例「二見の資源 商品化したい」

地域と連携 工夫重ねる

 ◆ 企業名 わんさか大浦パーク
 ◆ 業 種 観光サービス業
 ◆ 所在地 名護市
 ◆ 資本金 900万円
 ◆ 創 業 2011年3月

【相談】
 名護市二見で1軒の農家が約100年守り続けてきた「二見あかカラシナ」。細々と栽培が続けられているこの種を後世に残すにはどのような取り組みが必要か。また、どのような加工品が生み出せるかについて、アドバイスが欲しい。

 

もっとみる

紅豚やナーベラー…沖縄食材が高級中華に 27日まで赤坂璃宮でフェア

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1011489.html