有機堆肥

市が本気でつくる有機の土 『臼杵市土づくりセンター』

臼杵市土づくりセンターは、地元じゅうの農地を有機堆肥に戻すべく、臼杵市が2010年からスタートした堆肥製造所だ。

ここでは年間3,000トン以上の堆肥が生産されており、それを臼杵の農家さんにタダに近い価格で提供している。また、この土で出来た野菜の一部を市が買い取り、小学校の学校給食に提供しているそう。「先ずは子どもたちへ」という方針だ。

大分に来たばかりの頃、臼杵市の担当者さんの話を伺って、臼

もっとみる
ありがとうございます🙇‍♂️
22