従軍慰安婦像

ドイツ、ベルリンに設置された「平和の像」が日本からの要請で撤去へ

2020/10/08

ベルリンの少女像、撤去指示 日韓対立、独で展開「不適切」:時事ドットコム

 ドイツ、ベルリン市ベルリン・ミッテ区に先月28日に設置された「平和の像」という名の少女の像が、区当局による設置許可の撤回を受け撤去を要請されるというニュースが飛び込んできた。

 この像は、ベルリン市に登録された非政府組織「韓国協会」によって9月28日にモアビット地区の街角に建てられた。これは、第

もっとみる

【都市伝説】進撃の巨人と陰謀論 #6

みなさんは、「進撃の巨人」の原作を読んだことはありますか。現在、クロニクルが劇場でロードショー中。今年の秋、アニメのファイナルシーズンがNHKで放映予定。そして、原作もいよいよクライマックスが近いといわれています。

 AKIRAに2020年のオリンピック中止が予告されていたり、ジブリ映画に腐海に毒された世界が描かれるなど、クリエーターのインスピレーションを通して、日本人に伝えられている未来予想が

もっとみる
(〃▽〃)テレテレ
23

いわゆる慰安婦問題・・・の正体が、だんだんと見えてきましたね。北朝鮮という国は、本当にすごいです。お人好しの🇯🇵日本🇯🇵は、さぞかし良い金ズルだった事でしょう。もうこれ以上、日本の大切な税金を騙し取られたりして、無駄に使われないように、意識して気を付けましょう。

こちらに👇 あつめてみました。1人でも多くの人に真実を知ってほしいです。
https://note.com/iloveflying0306/n/n31398126cdf6
・自称元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さんは慰安婦ではなかったと、
 挺対協(現正義連)元代表の尹美香(ユン・ミヒャン)が暴露した!
・いわゆる慰安婦像の値段は1体が約330万円もするらしい。
・従軍慰安婦として【6人の正体不明

もっとみる
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ ありがとうございま〜す❣️🐧
3

「従軍慰安婦として6人の正体不明の中国人が混在していた‼️」 この大嘘を報じない日本の増すゴミは、北朝鮮に忖度するようなヤカラ…と証明しているようなものですね。「皆様の受信料のおかげのNHK」で、もう報道しましたか?

(坂東忠信氏情報より)

4月15日投票の韓国総選挙(韓国の国会議員の定数は300人)で、昨年の韓国公職選挙法のがれのため、文在寅を支える「共に民主党」のコピーのように脱法的に作られた「共に市民の党」が、選挙後の4月20日に共に民主党に合流、文在寅を支える一大政党となりました。

…が、この「共に市民の党」に所属して7位の比例代表で当選した尹美香(ユン ミヒャン)議員が、以前より深く関わっていた挺

もっとみる
😊ありがとうございま〜す😍 🎶🐧
3
🎶 \( ˆoˆ )/ 🎶 ありがとうございま〜す❣️🐧
2

宮崎正弘氏の国際情勢解題より抜粋の巻 (2020/06/04〜〜〜06/01)………🖋🐧

**************************************カナダ政府、ようやく重い腰を上げたようだ。。。英国につづいて「ファーウェイ」を5Gプロジェクトから排除(2020/06/04)
*************************************

 ジョージ・ソロスはリベラル派を代表する論客でもある。
左翼のユダヤ人投機家として世界的に有名だが、トランプを罵倒する

もっとみる
♪(*^^)o∀💕∀o(^^*)♪ ありがとうございま〜す❣️🐧
5

ウヨのヘイトに心痛めている君へ

2020年5月19日

ウヨたちによる在日へのヘイト発言が後をたたない。こう言うと、ウヨたちは「ヘイトではないただの批判だ」「差別ではなく区別だ」などと詭弁を並べるが、本人たちの貧しく薄汚れた頭の中身の話をしているのでもなく、やつら日本村の村民たちが勝手に作った子供の遊びのようなローカルルールの話でもない。世界の常識的価値観の話をしている。

世界の常識では、マイノリティー(在日のような少数民族、

もっとみる
あなたは何て素晴らしい人だ!キリストもお釈迦様もあなたにはかなわない。
3

芸術への批判は芸術で行うべきではないのか

少し前にリベラル批判をしたので今度は保守批判を。

今回のあいちトリエンナーレにおける従軍慰安婦像の展示に批判を加えていた人達に関してですが、批判はいいとしても展示中止を求めるのは行きすぎだったと思います。芸術作品としての展示である以上、批判的行動としては展示中止要求ではなく、逆の立場・思想・歴史認識からの芸術作品を何らかの形で出すべきだったのではないか。

芸術には芸術で対抗するべきであって、芸

もっとみる
ありがとうございます!
3

主戦場

2度観た。1度目は選挙前日の深夜渋谷で一人で。2度目は吉祥寺で夫と。

初めて観たときの衝撃。日本を憂い、一瞬ではあるけど自分には何ができるのか、自分にできることはなんなのかと問いながら渋谷駅まで歩いた蒸し暑い夜を思い出す。

従軍慰安婦問題をめぐる対立意見をインタビューを通して浮き彫りにし、その奥に潜む問題と今の日本の危うさをここまでかというくらいに伝えてくる。

従軍慰安婦問題をなかったことに

もっとみる