建築計画

近所でずっと空き地→新築建売に・・。販売価格に驚き!

先日、自宅の近所で新築で建築している現場を発見。 5年程みてきて・・・この土地はずっと空き地でした。(その前は古家があったかもしれませんが、記憶になく・・) 始めの頃はお母さんと娘さん(20代位)のお二人で、秋の祝日や土日に除草していました。 その後、毎年除草されていましたが、雑草どころの規模ではなくなりました。 立派に成長した木のようなものが、土地の真ん中辺りに立っていました。 昨年頃からは木の部分を除いて、周りの雑草の除草作業をされていました。 木がなくなった

スキ
2

『環境との協働で災害を生き抜く』 前田昌弘氏レクチャー(後編)

この記事は、京都大学准教授、前田昌弘先生に行なっていただいたレクチャーの内容を構成して公開するものです。 前編はこちら。中編はこちら。 スリランカ紅茶農園の長屋 写真1:紅茶プランテーションの長屋 次はスリランカで今も続いている研究の事例です。スリランカはかつて「セイロン」とも呼ばれ、紅茶の産地として有名ですが、僕たちが関わっているのは、山岳地帯の閉鎖された紅茶農園です。ここはスリランカでも最古の紅茶プランテーションで、かつての紅茶農園の施設が今も残っており、15軒ぐら

スキ
3

『環境との協働で災害を生き抜く』 前田昌弘氏レクチャー(中編)

この記事は、京都大学准教授、前田昌弘先生に行なっていただいたレクチャーの内容を構成して公開するものです。 前編はこちら。後編はこちら。 東日本大震災の集団移転団地研究 図1:従前の集落の配置を維持した集団移転団地の事例 二つ目に、東日本大震災の集団移転団地の研究を紹介します。沿岸にあった六つの被災した集落を畳み、内陸の1カ所に集まって復興団地を作った事例です。学識者や専門家が行政と住民の活動をサポートし、町づくりのプロセスを経て住宅地が作られました。特徴的なのが配置計画

スキ
2

『環境との協働で災害を生き抜く』 前田昌弘氏レクチャー(前編)

この記事は、京都大学准教授、前田昌弘先生に行なっていただいたレクチャーの内容を構成して公開するものです。 中編はこちら。後編はこちら。 ではお話をさせていただきます。専門は建築計画、中でも住居と町づくりです。京都大学は住居に関する研究が強いという伝統があり、僕も住居・住まいを起点にした町づくりの研究をしています。また京都だけでなく、海外でのアクションリサーチにもとりくんでいます。 研究テーマのひとつに「災害復興」があります。限られたリソースで災害を生き抜く上では、人々がど

スキ
6

13.歴史学と日本文化史

教養科目や美術理論科目の学科の講義では、建築科の先生方の建築学概論や基礎デザイン理論、建築計画第1、また、図面を描く基本となる図学などはあまり楽しい講義ではなく成績も、建築計画第1と建築工法以外はパッとしなかったが、楽しくて、知的刺激を満足させてくれる講義もあった。そのひとつが歴史学(1年の時)と日本文化史(2年の時)である。私が卒業してから毛綱毅曠というスター建築家が建築科の教授になったり、客員教授で伊東豊雄や藤江和子が就任したり、学生時代に夢中で読んだ「光のドラマトゥルギ

スキ
8

安藤忠雄「上海保利大劇院」

 安藤忠雄さんの設計した「上海保利大劇院」の建築計画について少し考察した記事です。安藤忠雄さんの建築はシンプルな幾何学的図形から構成されている印象がありますが、動線や機能の観点から見たときにそのような図形がどういう効果を持つのか検証してみました。 1.施設の概要 上海の北西、自動車産業を中心に発展を続ける嘉定区のニュータウンに、2014年にオープンしたオペラハウス。敷地はニュータウン中心部の湖畔公園の一角にあり、その立地から街のランドマークとしての役割を期待された。  外

スキ
2

17LIVEって、建築のプレゼンをする場所

建築家も自分が建てたい 建築のために、ひたすら17LIVEやって、それで、建築建てたらいい。 都市論17ライバー。 その都市案がシャガール-ヤン・ゲールのような、夢と現実を結ぶ。都市論系ライバー、都市計画系17ライバーも、 自分の案が支持されれれば、 動けるようになる。 17LIVEって、そういうこと。 17LIVEって、建築のプレゼンをする場所なんだよね。

Ⅰ計画 建築実例集サイトまとめ【一級建築士試験】

建築実例集を紹介しているサイトをまとめてみました。

スキ
7

建築計画

先日、建築計画を受講した。 日本の初代建築家は、千利休という話もあって 兼ねてから茶の湯に興味がある私にとってはとても引き込まれる授業だった。 先生は、設計図をみれば設計者の人柄が分かるという。 また、その時代にどの様な評価を受けたか、どの様な影響を与えたのか、 建築史を学ぶ事によって、その建築物を多角的にみる事ができ厚みのある解釈が出来るようになるのだろう。 今回、ミース・ファン・デル・ローエのファンズワース邸を模写した。 今見ても、美しいこの建築物は恐らく当時の建

スキ
9

テラスハウス新東京編の建築的考察

 こんにちは。僕はNETFLIXで配信されているテラスハウスという番組が大好きです。観る人によって様々な感想があり、人間関係について考える良いきっかけを与えてくれます。さて今回は、僕の専門分野である建築と絡めて、ちょっと変わった視点からテラスハウスを考察したいと思います。それは「建築が人間関係に与える影響」という視点です。  みなさん、空間が人と人とのコミュニケーションに与える影響について考えたことはありますか?テラスハウスにはそれを考える上でのヒントがたくさん隠されていたと

スキ
11