平脉法第二

平脉法第二 49

問曰.何以知乗府.何以知乗蔵.
師曰.諸陽浮数.為乗府.諸陰遅渋.為乗蔵也.

もっとみる
スキありがとうございます!

【目次】平脉法第二

平脉法第二 01(1/2)

平脉法第二 01(2/2)

平脉法第二 02

平脉法第二 03

平脉法第二 04

平脉法第二 05

平脉法第二 06

平脉法第二 07

平脉法第二 08

平脉法第二 09

平脉法第二 10

平脉法第二 11

平脉法第二 12

平脉法第二 13

平脉法第二 14

平脉法第二 15

平脉法第二 16

平脉法第二 17

平脉法第二 18

もっとみる
スキありがとうございます!
1

平脉法第二 48

問曰.軟弱何以反適十一頭.
師曰.五蔵六腑相乗故令十一.

〈ポイント〉

・濡弱の脈は、健康なすべての脈に現れる

もっとみる
やったー!

平脉法第二 47

寸口諸微亡陽.諸軟亡血.諸弱発熱.諸緊為寒.諸乗寒者.則為厥.
鬱冒不仁.以胃無穀気.脾渋不通.口急不能言.戦而慄也.

〈ポイント〉

・関の乗ずる病症と病理

もっとみる
嬉しいです!

平脉法第二 46

寸口脈微.尺脈緊.其人虚損多汗.知陰常在.絶不見陽也.

 〈ポイント〉

・陽気の内への偏在と、その脈象と病症

もっとみる
スキありがとうございます!
1

平脉法第二 45

少陰脈不至.腎気微.少精血.奔気促迫.上入胸膈.宗気反聚.血結心下.陽気退下.熱帰陰股.与陰相動.令身不仁.此為尸厥.当刺期門巨闕.

 〈ポイント〉

・腎の衰えと尸厥

もっとみる
嬉しいです!
1

平脉法第二 44

趺陽脈不出.脾不上下.身冷膚硬.

〈ポイント〉

・脾虚陽虚証の脈証と病症。

もっとみる
嬉しいです!
2

平脉法第二 43

少陰脈弱而渋.弱者微煩.渋者厥逆.

〈ポイント〉

・腎の陽虚の脈と病症

もっとみる
スキありがとうございます!
1

平脉法第二 42

趺陽脈微而緊.緊則為寒.微則為虚.微緊相搏.則為短気.

〈ポイント〉

・脾胃の陽虚のときの脈証と病症

もっとみる
嬉しいです!
1

平脉法第二 41

寸口脈微而緩.微者衛気疎.疎則其膚空.緩者胃気実.実則穀消而水化也.
穀入於胃.脈道乃行.水入於経.其血乃成.
栄盛則其膚必疎.三焦絶経.名曰血崩.

〈ポイント〉

・内外の気のバランスが崩れた時の脈と病症

もっとみる
スキありがとうございます!
5