小林可夢偉

僕のキャリアを作った50の言葉 その25

僕にとって大切なのは、レースというストーリーを完結させるために、目の前に用意されたチャンスをいかにうまく組み合わせるかということだけ。それをやらずに結果だけを追っても何も手にできないし、逆にストーリーさえきちんと組み立てることができれば結果は自然についてくる

小林可夢偉(F1レーサー)

シナリオプランニング力の重要性を説いた言葉だと理解している。目の前にあるチャンスをどのように組み合わせれば、

もっとみる

日本人が2人以上出場していたレースは?

2020年のF1開幕戦が直前にキャンセル

になり、いつ開幕するかが不透明な中、YouTube等で過去のレース映像が公開されているのはご承知のとおり。

1997年最終戦スペイン・へレスサーキットで開催されたヨーロッパGPを視聴していて、あ、片山右京選手と、中野信治選手って、同じレースに出ていたんだ・・・って、思い出した。

何人の日本人ドライバーがデビューしたの?

中嶋悟選手がデビューして以降

もっとみる