富樫倫太郎

意外と知らない?関東の戦国史を描く時代小説「北条氏康」の魅力

北条氏綱という戦国武将をご存知だろうか。

戦国時代初期、関東後でのし上がった大名・伊勢宗瑞、死後に名乗った北条早雲のあとを継いだ、いわゆる後北条氏の2代当主である。が、その名前くらいはどこかで聞いたことがある程度というのが一般的な認識だろう。

しかし、この人物が初めて使ったとされる誰もが知る言葉がある。

「勝って兜の緒を締めよ」だ。

氏綱は、父・早雲が築いた関東における地位を盤石なものにし

もっとみる
ありがとうございます!

『早雲の軍配者 上・下』『信玄の軍配者 上・下』『謙信の軍配者 上・下』(富樫倫太郎)
この本を読む度に「合戦図がほしい…!」と叫んでいる気がする。Please give me Kassen-zu. 早雲(下)と謙信(下)の冬之助の活躍は胸がすくし、氏康&小太郎の安定感もよき。

I love that. That’s my favorite.

おすすめの歴史小説(1)

宮城谷昌光

・楽毅(全4巻:完結)

・子産(上下巻:完結)

北方謙三

・水滸伝(全19巻:完結)
楊令伝(全11巻:完結)→岳飛伝(全17巻:完結)へ続く

・楊家将(上下巻:完結)

・武王の門

高橋克彦

・炎立つ(全5巻:完結)

・火炎(上下巻:完結)

佐々木功

・慶次郎、北へ(完結)

簑輪諒

・最低の軍師(完結)

富樫倫太郎

軍配者シリーズ(早雲・信玄・謙信:それぞ

もっとみる