実盛物語

斎藤実盛

斎藤実盛

福井県出身、埼玉県に本拠地を持つ武士。 能「実盛」、歌舞伎・浄瑠璃「実盛物語」といった古典芸能の世界で存在感を放つ武士。幼い日に父を殺された義仲を保護し信濃へ送った。その後平家に仕え義仲の軍勢と戦い命を落とした。 ■実盛の出身地 坂井郡丸岡町長畝、敦賀市縄間、加賀市長井町など諸説あるが、鯖江市南井の斎藤家はその後裔と伝えられる。 「帰鴈記」には「南井の里は斎藤別当が古郷なり、屋敷の跡今もあり、此所に正瑞院といふ禅寺かすかに残れり、是実盛が菩提所なりとて、幾とせの星霜を

手塚

手塚

手塚太郎光盛・手塚別当 長野県上田市手塚 手塚太郎光盛は義仲の重臣の一人で諏訪神党のリーダー的存在。手塚の別当とともに最期7騎になるまで行動を共にした。 諏訪大明神画詞によると手塚光盛は金刺盛澄の弟だという。別当と光盛の関係などははっきりしておらず、別当が金刺盛澄ではないかとの解釈もある。 手塚太郎光盛は、篠原合戦(石川県)で斎藤実盛を討ち取ったことから、「実盛物語」として部分上演されることが多い歌舞伎「源平布引滝」の主要なキャラクターの一人として登場する。この作品はオ