学びの可視化

どこまでいける?「応用」探求という挑戦

どこまでいける?「応用」探求という挑戦

こんにちは!クラーク記念国際高等学校 大阪梅田キャンパスのくーちゃん(ペンネーム)です。いよいよ対面で授業が始まりましたが、今回は大阪梅田キャンパスの総合進学コース の「応用探求」というコース授業での取り組みについて、ご紹介していきます。 私たちは「日本の英語教育」というテーマを選び、探求を始めました。お題は先生から出されたお題ではなく、生徒で話し合って決めたものです。 私自身も久しぶりの教室に戸惑いがありましたが、みんなで机の位置を考えながらグループワークに取り組めまし

2
マ・エ・ム・キ・ニ 〜マメ食べに行こう〜

マ・エ・ム・キ・ニ 〜マメ食べに行こう〜

こんにちは、クラーク記念国際高等学校東京キャンパスのむぎ子(ペンネーム)です。4月から行われた特別セミナーでの学びについて紹介をしたいと思います。 さまざまなセミナーの受講を経て、私の「夢」の捉え方は大きく変化しました。また、あらゆる分野に強く関心を持つようになりました。今回は、特に心に残っている永野理佐さんの「本当の私」というセミナーから、私が学んだことについてお話をしていきます。 ~高校生という立ち位置~ 私は以前から自分の好きなことや理想の世界について考えていまし

13
『自分の幸せ』

『自分の幸せ』

こんにちは、クラーク記念国際高等学校深川キャンパスの藤(ペンネーム)です。今回は4月から行われた特別セミナーでの学びについて紹介をしたいと思います。 皆さんは、自分の将来をどのようにイメージしているでしょうか。夢や目標を持っている人もいるかもしれませんし、全く想像がつかないという人もいるかもしれません。 新型コロナウイルスによる休校期間、学校が企画する特別セミナーというものを受講して感じたことを皆さんに伝えたいと思う。 まず初めに、特別セミナーとは。先にお伝えした通りこ

5
生徒たちで創り上げる「探求」という学び

生徒たちで創り上げる「探求」という学び

本記事は4月から行われた特別セミナーではなく、オンラインで行われた授業についての生徒記事となります。 こんちには、クラーク記念国際高等学校 大阪梅田キャンパスのくらら(ペンネーム)です。大阪梅田キャンパスの総合進学コースでは、コース授業で探求学習を取り入れています。 2020年4月20日、緊急事態宣言が出されている中、在校生と卒業生を交え、1年生向けにzoomを用いて「コロナウイルスの中、私たちは社会のために何ができるか?」という探求学習を行いました。この授業での最大のポ

9
セミナーを通じて感じた教えるということ

セミナーを通じて感じた教えるということ

こんにちは!私は、クラーク記念国際高等学校深川キャンパスの百(ペンネーム)です。私はバレー部に所属しています。今回は4月から行われた特別セミナー感じたことについて書きたいと思います。 学校も部活動も自粛、不要不急の外出も自粛ということで、多くの時間を家で過ごし、Zoomでの授業や体づくりに時間を費やしました。特に、クラークでのコロナウイルスによるオンラインでの登校期間は、私にとって普段の日常よりも多くの方と触れ合える、充実した時間となりました。普段より外に出ていないのに、普

4
オンラインセミナーで人生が変わった少女

オンラインセミナーで人生が変わった少女

こんちには、クラーク記念国際高等学校福岡中央キャンパスのせーさん(ペンネーム)です。今回は4月から行われた特別セミナーでの学びについて紹介をしたいと思います。私はいくつかのオンラインセミナーを受講したことをきっかけに自分の夢や可能性が広がって人生が変わりました。皆様にそのお話をしようと思います。 ソーシャルビジネスの創業ヒストリー まず、私は最初に水流 早貴さんのセミナーを受講しました。 水流さんからはインドでのソーシャルビジネスについてのお話をうかがい、世界中の社会問題

7
差別の連鎖はどこまで続くのか

差別の連鎖はどこまで続くのか

こんちには、クラーク記念国際高等学校福岡中央キャンパスのchi-ha(ペンネーム)です。今回は4月から行われた特別セミナーを経ての記事になります。他のクラーク国際生が優しい記事を書いていると思うので、ダークなものを書かせて頂きます。 先日のタイガーモブさんの講演では、パレスチナの問題について伺いました。パレスチナは、イスラエルの中にあるアラブ系人の自治区です。似たものに中国の香港などがわかりやすいと思います。しかし、パレスチナは周りを壁や検問所で囲まれており、加えて偏見や差

9
自分と他人、比べて辛い人に伝えたい事

自分と他人、比べて辛い人に伝えたい事

こんにちは、クラーク記念国際高等学校深川キャンパスのこっちー(ペンネーム)です。今回は4月から行われた特別セミナーでの学びについて紹介をしたいと思います。 みなさんは自分と他人を比べてしまって辛くなった経験ないですか?これから、私が特別セミナーを受講して様々な環境を生き抜いてきた方々のお話を聞いて感じた「自分は自分、他人は他人」という考え方をお伝えしたいと思います。 特別セミナーについての説明 特別セミナーはクラーク記念国際高等学校とタイガーモブさんが共同して開催された

9
地球温暖化の真実

地球温暖化の真実

こんちには、クラーク記念国際高等学校さいたまキャンパスのAslan(ペンネーム)です。 今回は4月から行われた特別セミナーでの学びについて紹介をしたいと思います。今回はsu-re.co CEO高間 剛先生の『オックスフォード博士、気候変動とエネルギーのプロが語るSDGs後編』について触れています。 近年、「地球温暖化の真実」「地球温暖化」というフレーズを学校でも、ニュースでもよく耳にします。最近、地球温暖化と聞くたびに「本当にそうなのか?」と疑問すら浮かんでくるようになり

12
生徒執筆はじめます!

生徒執筆はじめます!

こんにちは!クラーク記念国際高等学校 note公式です! 生徒の学びの可視化をようやく始動できることとなりました。第1弾としまして、4月から5月にかけて「学びを止めない」を合言葉にタイガーモブさんとのコラボ企画、「未来を生きるために、今考えたい24のこと」を題材としてスタートを致します。 世界で活躍される起業家の方々に協力をいただいて、普段の授業では聞くことのできない話から生徒が“感じたこと”“考えたこと”に触れて頂く機会になるかと思います。ある生徒がこのような言葉で表現

12