女子サッカーW杯

Road to 2023 ~女子サッカーW杯 開催国決定までの道のり Part3~ 日本、敗戦の本質

前回はオーストラリアというサッカー界における特殊な国やその動向を分析し、なぜアジアで大きなプレゼンスを持つに至ったかを説明しました。今回はシリーズ最後、ニュージーランドに少し焦点を当てた後、ANZ勝利に至るまでの道のりを解説します。

ニュージーランドの接近

今回、ANZの最大の勝因はニュージーランドの接近と考えます。なぜ、ニュージーランドはオーストラリアに接近したのか。今回、ニュージーランドと

もっとみる

Road to 2023 ~女子サッカーW杯 開催国決定までの道のり Part2~ 最終投票分析 「日本敗戦の弁にあるASEANとは何なのか?」

Part1では女子サッカーW杯2023がオーストラリア & ニュージーランド (以下、ANZ) に決まるまでのFACTを中心に整理しました。

今回は、その決定に重要な影響を及ぼした様々な要因について深く分析していきたいと思います。

if 日本が投票に進んだら。。。

歴史に「もし」はありませんが、仮に日本が投票に進んだら何が起こったのか。「大敗が見えていた」という声もある一方、日本以上に中間報

もっとみる

Road to 2023 ~女子サッカーW杯 開催国決定までの道のり Part1~

2020年6月25日、2023年に行われる女子サッカーW杯の開催地がオーストラリア / ニュージーランド(以下、ANZ)の共同開催に決まりました。

最も緊張感のある最終投票は、ANZとコロンビアの一騎打ちという構図でしたが、その前に行われた開催地評価の中間報告書にて両候補間には大差があり、当事者の緊張感はともかく、第三者的には予想通りの結果となりました。
そして、本来はこのレースを最もエキサイテ

もっとみる

票獲得レースと女子サッカーW杯2023年の立候補の取りやめ

音声バージョン↓↓(朗読は結構雑です)

こんにちは。S.C.P. Japanの野口です。いつも週1コラムをご覧いただきましてありがとうございます。

2023年女子ワールドカップ立候補の直前の取り下げ

本日は、今週月曜日に飛び込んできた、びっくりニュースの話題です。2023年の女子サッカーW杯の開催に立候補していたJFAですが、開票日の直前に立候補を取りやめる事態が起こりました。

Twitt

もっとみる
これからも頑張ります!
15

元サッカー女子日本代表監督 佐々木 則夫氏 『なでしこの「負」の心を解放したことが 結果的に世界の女子サッカーを変革した』SQUARE 21 - VOL.312より

転校の小学時代 ケガの中学時代

谷口:山形のお生まれと伺っております。小さい頃はどんなお子さんでしたか?
佐々木:僕はひとりっこで、おばあちゃん子で、甘えん坊でした。意外と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、おとなしい子でした。
谷口:小学校の頃からスポーツはやられてましたか。
佐々木:あまりおしゃべりではなかったのですが、動くのは好きで、山形の野原を駆け回っていました。小学校一年の頃から足は

もっとみる
よろしければシェアもよろしくお願いいたします!
7

2020年代がはじまりました

2020年代になりました。

これからの10年どんなことが起きる予定なのか

整理して行動していきたいと思います。

2020年・44歳
#イケハヤ さんの予想は興味深いです。

おすすめの行動の動画もあります。
#もふもふ不動産 さんも興味深いです。

2021年・45歳

大不況を主張している動画があります。

2022年・46歳
#タワマン問題 が出るのが2022年といわれています。

もっとみる
超超大吉🤗ぜひ二俣川にお越し下さい👍✨
3

【ユンゲ・フライハイト紙】平等な賃金をめぐる論争: バイエルンの女子サッカー選手ロイポルツ: 女子サッカー選手に対する平等な賃金は、「ユートピア的」である。

2020年2月11日
ミュンヘン発: FCバイエルン・ミュンヘンの女子チームのキャプテンであるMelanie Leupolzは、プロサッカーにおける男子と女子の賃金の平等に対する要求を、「ユートピア的である」と語った。「男子の方がお金を呼び込んでいるという事実を率直に認めなければなりません」。彼女は、協会雑誌51に対してこう語っている。

「男子の方が、たくさん観客がいますし、たくさんのグッズの売

もっとみる

FIFA女子ワールドカップの拡大をランキングポイントから眺める

概要

・FIFA女子ワールドカップの出場国が拡大されるそうです.

・どの程度の実力差になるのかを公式ランキングポイントから眺めます.男子とも比較します.

・女子の1位-32位間の差は男子だと1位-176位に相当する,と公式ランキングは言っています.

本文

FIFA女子ワールドカップは次回2023年大会から出場国が32に拡大されるそうです.

女子ワールドカップといえば,13-0が記録され

もっとみる

リヨンに現れた宮間あやさんから、なでしこジャパンの旅路を考える6項目(FIFA女子ワールドカップ2019フランス大会総括)。

FIFA女子ワールドカップ 2019フランス大会の表彰式に、元なでしこジャパンの宮間あやさんがゲストとして登場した。アメリカ女子代表に手渡されるワールドカップを表彰台に運び込む重要なゲストとしての扱いだった。

帰国して驚いたのだが、どうやら、このことは日本ではほとんど知られていなかったようだ。ツイート検索しても私のツイートしか出てこない。

私には夢がある。

次に、この動画を見てほしい。アメリ

もっとみる

女子ワールドカップ決勝戦!旅に予期せぬトラブルはつきもの。それは土産話の始まり。

旅に出ることは年末に決めた。

すぐにアムステルダム経由で航空券を手配し、ホテルは再開発地区の最新のショッピングセンターの上階を予約。あとはチケットの確保と、期待通りになでしこジャパンが勝ち進むことを待った。

FIFA女子ワールドカップ・・・前回のカナダ大会は決勝戦で敗れて準優勝。前々回のドイツ大会は決勝戦をPK戦で勝利して優勝。2019年のフランス大会では、どの試合を見るために旅に出るか・・・

もっとみる