南大東村

自分の住んでる地域の議会を初傍聴してみた!

自分の住んでる地域の議会を初傍聴してみた!

はいたい!すっごい久しぶりのノートとなってしまったいーたんです。 南大東島でムーンピーチという宿や、レンタカーをやってる28歳の女です。みなさん元気でしたでしょうか? 私はつい先日、というか一昨日、南大東村議会の傍聴席に行ってまいりましたー!!! え、なんで?って思うでしょ、私も思った。。笑 ちょっと気になる議決があったのです!!ただそれだけ。 どんな風になったかだけをいち早く知りたかったのです!! だけどこんな小娘がいち早く知る術もなく。。知り合いが議員さんとか

1
沖縄県南大東島の名所紹介③

沖縄県南大東島の名所紹介③

前回から続きます。南大東島の名所紹介最終回。島の中心・在所地区です。 1.ふるさと文化センターと気象台 ふるさと文化センターで展示されているもの、南大東島で走っていた鉄道車両です。 2号SL。レール幅が本土の在来線よりも狭いので、実際には本土の車両よりも小さいです。 こちらはディーゼル機関車。8号DLです。 通称シュガートレインと呼ばれ、廃止直前の写真付きの看板があります。廃止は1983年(昭和58年)。シュガートレイン廃止後、ゆいレールの開業まで沖縄県は鉄道がない

8
沖縄県南大東島の見所紹介②

沖縄県南大東島の見所紹介②

前回は南大東島の海岸やすぐそばにある名所を紹介しました。今回は村の市街地を除いた名所を島の外側から取り上げます。 1.星野洞 南大東島はプレートに乗ったサンゴ礁が沈んだり持ち上がったりしながら、赤道付近から移動してきた島です。そのため島の多くは琉球石灰岩で出来ています。石灰岩の地層で出来る自然の造形といえば島北西部にある鍾乳洞。南大東島には120もの鍾乳洞があると言われていますが、最も美しいと言われるのが「星野洞」。星野氏の土地だったことから名付けられました。 見学は事

8
沖縄県最東端、絶海の孤島・南大東島で見た開拓史と巨大鍾乳洞、そしてカエルの轢死体

沖縄県最東端、絶海の孤島・南大東島で見た開拓史と巨大鍾乳洞、そしてカエルの轢死体

noteだけで見られる、DEEP案内取材班が総力でお伝えする絶海の孤島「南大東島」スペシャルレポート。今度は島唯一の「在所集落」を離れて南大東島を一周しながら見所を回っていく事にする。とはいえ周囲21キロの島は高低差もあってチャリンコではちょっとキツい。大人しく泊まっていたホテルよしざとでレンタカーを借りる事にした。 集落を出てすぐの所、南大東中学校そばにある「玉置公園」に開拓者・玉置半右衛門を称える「玉置半右衛門君記念碑」がある。何はなくともこの人物こそが大東諸島の移住史

10
350
【尻から脂】絶海の孤島・南大東島唯一の集落「在所」で食べる幻の魚・インガンダルマの味【白マグロ】

【尻から脂】絶海の孤島・南大東島唯一の集落「在所」で食べる幻の魚・インガンダルマの味【白マグロ】

我々取材班が「南大東島」に訪問した目的の一つは、此処でしか食べられない幻の魚「インガンダルマ」を口にすること。沖縄本島から360キロも離れた島へ渡るフェリーは数日に一度、しかも悪天候時は平気で運航スケジュールが数日単位で狂う。ただでさえ行く事もままならないのに、もし行ったとしても運良く口に出来る保証などない。いかに“幻の魚”なのかを知れば、この旅自体、無駄にロマンすら感じてしまう程ではなかろうか。 しかしそんな“幻の魚”が食えるかどうか以前に、この南大東島はそんじょそこらの

13
250
【絶海の孤島】クレーンに吊られてエクストリーム下船!沖縄最東端「南大東島」上陸記

【絶海の孤島】クレーンに吊られてエクストリーム下船!沖縄最東端「南大東島」上陸記

日本列島は狭い狭いと言われているが実のところは広大な自国海域を持った海洋国家で、我々が暮らしている列島から遠く離れた場所にまだまだあまり知られていないマニアックな離島が数多く存在している。冒険心をくすぐられる離島の数々だが、本土からの距離が遠かったり、または行ける手段が限られるなどで、難易度の高い離島というのがいくつかある。 その筆頭格は東京から南に1000キロ離れた小笠原諸島で、空路はなく週1便のフェリーで片道25時間半掛けないと渡れない、圧倒的に遠い島である。しかしその

14
150
沖縄県南大東村を踏破 その7<日本全市町村踏破(制覇)>

沖縄県南大東村を踏破 その7<日本全市町村踏破(制覇)>

2018年4月30日。ゴールデンウィーク沖縄未踏市町村集中踏破三日目、第二村、南大東村。 塩屋プールから、島の西側を北へ向かって行く。まずは西港へ。 南大東島にも、小規模ながら、北大東島の燐鉱石貯蔵庫跡のような、近代の建造物が残っている。 これはボイラー小屋として建てられたもの。 西港近くの上陸記念碑。三本の柱が立っており、いずれも大東諸島を初めて開拓した玉置半右衛門に関係したものだ。 右の柱は、玉置の命で南大東島へ上陸した第一回洋丸船長・小島岩松の上陸記念碑。中

10
沖縄県南大東村を踏破 その6<日本全市町村踏破(制覇)>

沖縄県南大東村を踏破 その6<日本全市町村踏破(制覇)>

2018年4月30日。ゴールデンウィーク沖縄未踏市町村集中踏破三日目、第二村、南大東村。 星野洞見学後、主要集落たる在所(というか他に集落と言い得るような場所はないと言っていい)の、冨士食堂へ。 ここで、名物の大東そばと大東寿司を食べる。大東そばは、沖縄そばの一種だが、麺が太く、縮れている。灰汁を用いて作った麺で、灰汁がラーメンの「かんすい」と同じ役割をするらしい。 大東寿司は、北大東島のところで書いたように、大東諸島の主要な開拓民である八丈島出身者が持ち込んだ「島寿司」

9
沖縄県南大東村を踏破 その5<日本全市町村踏破(制覇)>

沖縄県南大東村を踏破 その5<日本全市町村踏破(制覇)>

2018年4月30日。ゴールデンウィーク沖縄未踏市町村集中踏破三日目、第二村、南大東村。 南大東島観光のハイライトという言うべき、星野洞へ。 入口は、畑の中にコンクリートの防空壕のようなものが建つ、無粋なものであり……。 その先は傾斜したコンクリートトンネルを「動く歩道」で降りて行くのだが……。 コンクリートトンネルを抜ければ、そこは華麗な石の造形が目も綾な鍾乳洞。 三大鍾乳洞である秋芳洞、龍泉洞、龍河洞を始め、日本中で数多くの鍾乳洞を見て来たが、これほどまでに天

10
沖縄県南大東村を踏破 その4<日本全市町村踏破(制覇)>

沖縄県南大東村を踏破 その4<日本全市町村踏破(制覇)>

2018年4月30日。ゴールデンウィーク沖縄未踏市町村集中踏破三日目、第二村、南大東村。 南大東島の宿、月桃ムーンピーチで目を覚ます。 宿の庭先に、バナナの巨大なつぼみが垂れ下がっていた。上の方には実が生っている。 与論島では、「実芭蕉」とか「島バナナ」とか呼ばれる、南西諸島に古くから伝わるバナナの実を食べたが、大東諸島にも元々生えているのか、沖縄から持ち込まれたのか、あるいは台湾やフィリピン由来のものなのかは定かではない。南西諸島在来種にしては少し実が大きい気もする。

8