沖縄県最東端、絶海の孤島・南大東島で見た開拓史と巨大鍾乳洞、そしてカエルの轢死体
見出し画像

沖縄県最東端、絶海の孤島・南大東島で見た開拓史と巨大鍾乳洞、そしてカエルの轢死体

noteだけで見られる、DEEP案内取材班が総力でお伝えする絶海の孤島「南大東島」スペシャルレポート。今度は島唯一の「在所集落」を離れて南大東島を一周しながら見所を回っていく事にする。とはいえ周囲21キロの島は高低差もあってチャリンコではちょっとキツい。大人しく泊まっていたホテルよしざとでレンタカーを借りる事にした。

画像1

集落を出てすぐの所、南大東中学校そばにある「玉置公園」に開拓者・玉置半右衛門を称える「玉置半右衛門君記念碑」がある。何はなくともこの人物こそが大東諸島の移住史の礎である。

この続きをみるには

この続き: 9,444文字 / 画像66枚

沖縄県最東端、絶海の孤島・南大東島で見た開拓史と巨大鍾乳洞、そしてカエルの轢死体

逢阪

350円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
逢阪

当方も目下のコロナ禍で収入がガクっと減ってしまい取材活動に支障を来しておりますが、編集部長逢阪の命ある限り執筆を止める事はございません。読者の皆様からの応援が当編集部にとって心強い励みになります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

DEEP案内編集部のnoteです。全て100円からの有料記事ですが内容によっては高額です。購入前に趣旨をご了承頂いた場合のみご利用下さい。後対応不可。【重要】記事の内容は購入者個人でお楽しみ下さい。第三者や不特定多数への再送信は著作権法違反として法的措置対象となります。