北野博俊

第7回 領域を広げて畳んでを繰り返し、希少価値ある人材へ

今回、キャリア論についての連載です。テーマは「時代とともに変化させる、2軸で考えるキャリア論」ですが、時系列に沿ってどんな軸を見つけて、そしてどんな軸を考えながら進めば良いのか進めて行きたいと思います。今回はこれまでのまとめとしてのお話です。 キャリアは常に前をみて振り返っての行…

第6回 名刺となる事例を作る。

 今回、キャリア論についての連載です。テーマは「時代とともに変化させる、2軸で考えるキャリア論」ですが、時系列に沿ってどんな軸を見つけて、そしてどんな軸を考えながら進めば良いのか進めて行きたいと思います。  前回は軸の話からちょっとずれて、出来ることなら起きてほしくないインシデント…

第5回 想定外の事が起きる可能性に備えておく

今回、キャリア論についての連載です。テーマは「時代とともに変化させる、2軸で考えるキャリア論」ですが、時系列に沿ってどんな軸を見つけて、そしてどんな軸を考えながら進めば良いのか進めて行きたいと思います。 前回は社内ジョブチェンジで気がついたことについてお話しました。今回は、軸の話…

第4回 一旦はキャリアを捨てて新しいことにチャレンジすべき

今回、キャリア論についての連載です。テーマは「時代とともに変化させる、2軸で考えるキャリア論」ですが、時系列に沿ってどんな軸を見つけて、そしてどんな軸を考えながら進めば良いのか進めて行きたいと思います。 前回は幅を広げるための軸のずらし方の話をしました。今回は2社目での社内ジョブチ…

第3回 基礎力から出来ることをまず1つ作って強みに昇華する

今回、キャリア論についての連載です。テーマは「時代とともに変化させる、2軸で考えるキャリア論」ですが、時系列に沿ってどんな軸を見つけて、そしてどんな軸を考えながら進めば良いのか進めて行きたいと思います。 前回は価値観の軸を作る話をしました。今回は2社目で気がついた「幅を広げるための…

第2回 自分の中で大切な価値観は早めに気づこう

今回、キャリア論についての連載です。テーマは「時代とともに変化させる、2軸で考えるキャリア論」ですが、時系列に沿ってどんな軸を見つけて、そしてどんな軸を考えながら進めば良いのか進めて行きたいと思います。 大学時に考える(た)こと 大学は鹿児島大学で大学院まで在学し学部は工学部でし…

第1回 時代とともに変化させる、2軸で考えるキャリア論

はじめまして。株式会社sotokoto onlineでオンライン編集長を務めてます北野と申します。 今回からデジタルシフトマガジンにて連載を持たせて頂けることになりました。 デジタルシフトマガジンは、デジタルシフトやDX(デジタルトランスフォーメーション)について、第一線で活躍される方のお話が多い…

第5回 編集力に必要なのは、スペシャリストでも、ゼネラリストでもありません!

鈴木社長が提唱する「専門特化のT型人材から領域を超えるTT型人材へ」は編集チーム力においても最重要!(大久保)  これからの編集力は、アナログメディアの人とデジタル領域の人がチームを組んでチーム力を高めることが重要で、お互い自分たちのやっていることを一旦自己否定し、お互いの領域を理…

第4回 領域を超えて編集チーム力を発揮するため、まず自己否定から始めてみよう

アナログとデジタル、双方の自己否定なくして、 編集チーム力をあげるのは難しい(大久保)  メディア文脈において、雑誌などのアナログチームとオンラインのデジタルチームがチームワークを組んで編集力を発揮していくために、踏まねばならないステップが1つあります。それは、自己否定です。アナロ…

第3回  「編集力」の要となる 「チーム力」とは!?

紙の取材力×デジタルの発信力! リソースが足りない部分を補って「チーム力」を強化することが重要! 今こそ、鈴木社長が提唱する「デジタルオープンイノベーション」を! (大久保)  雑誌は一般的に編集部だけでなく、外部のスタッフでチームを組成して、毎回コンテンツを作っています。ファッシ…