内側上顆炎

肘の内側が痛い!ゴルフ肘・野球肘・内側上顆炎の痛みの原因とストレッチを紹介!

ゴルフや野球で腕の使い過ぎ(オーバーユース)により、肘の内側(上腕骨内側上顆)の炎症により痛みを生じることを、ゴルフ肘・野球肘・内側上顆炎といいます。日常生活でも、重たいものを持ったり、フライパンを持ったり、包丁を握ったり、長時間のパソコン作業などでも肘の内側に痛みが生じることがあります。今回は内側上顆炎の原因とストレッチをわかりやすく説明します。

ありがとうございます!

【生野区・東成区】上腕骨内側上顆炎を改善する整体

半年以上前から肘の内側の痛みが続いている
ゴルフクラブを振ると肘に痛みが走る
肘の曲げ伸ばしや変に捻ると痛みが出る
何度も痛みの再発を繰り返している
また子供とのキャッチボールを楽しみたい

そんなことでお困りならこちらのサイトをご覧ください

【生野区・東成区】上腕骨内側上顆炎を克服したい人の為の整体院
大阪市近辺のお店や施設に関する情報を集めています☆
よろしくお願いします☆

テニス肘

具体的には上腕骨の外側上顆炎または内側上顆炎のことです。

整形では外側上顆炎をバックハンドストロークの際におこるので

バックハンドテニス肘

内側上顆炎をフォアハンドストロークで発生するので

フォアハンドテニス肘といって分けているそうです。

対処は基本的に他でも使われますがRICEといって

・Rest     (休息) 運動を止めて休む
・Ice       (冷却) アイシングをする

もっとみる