東京灸太郎

1900年代生まれ。東京都出身。東京つばめ鍼灸院長。完全無所属・無宗教。鍼灸師免許取得後、北京堂鍼灸代表浅野周先生に弟子入り。北京堂鍼灸松江のち北京堂鍼灸三鷹を引き継ぎ、2013年独立。2015年、屋号を「東京つばめ鍼灸」に改称。

東京灸太郎

1900年代生まれ。東京都出身。東京つばめ鍼灸院長。完全無所属・無宗教。鍼灸師免許取得後、北京堂鍼灸代表浅野周先生に弟子入り。北京堂鍼灸松江のち北京堂鍼灸三鷹を引き継ぎ、2013年独立。2015年、屋号を「東京つばめ鍼灸」に改称。

    マガジン

    • 「陰謀」の本質を考察する

      世の中は陰謀だらけですが、実際に気が付いている人はほとんどいません。欧米での覚醒率は比較的高いですが、メディアの偏向報道が著しい日本においては、おそらく95%以上の人がいわゆる「3S」や各種プロパガンダが用いる「holly tree」によって重度にenslaveされたsheepであろうと推察されます。最近は、新コロによって様々な真実に気が付き、「私は覚醒した!」と思い込んでいる人も多いようです。しかしながら、メディアやSNS上には「8割の真実と2割の嘘」という名のドルイド的な魔法の杖を用いて、医師や看護師など医療関係者を装い、新コロ難民をカルトな方向へ誘導している輩が存在するわけで、覚醒したと思い込んでいても、実際には真実には辿り着けていない人々が多いようです。このマガジンでは完全無所属・無宗教な院長が世の中の陰謀を客観的に考察し、皆様の脳内の正常化(清浄化)促進に貢献いたします。

    • 鍼灸こばなし

      一般的には知られていない日本鍼灸界の実情や、誰も教えてくれないであろうお役立ち鍼灸ネタを随時UPしています。

    • 小旅行の記録

      ここに公開している文章には画像がほとんど含まれていないため、是非はてなブログをご覧ください。https://tokyotsubamezhenjiu.hatenablog.com/

    • 南北相法現代語訳

      江戸時代に活躍した観相家、水野南北が残した人相術の聖典『南北相法』の現代語訳版です。これまで『南北相法』の現代語訳版は数多出版されてきましたが、個人的に満足できるものがありませんでした。そこで、可能な限りわかりやすく現代語訳化することを心掛け、さらに、外出時にスマホやタブレットなどでも見やすいよう、デジタル化しました。図版は高画質で収録してありますので、実際の原書を手に取っているような臨場感を味わえるかと思います。望診や開運、人間関係の改善などにお役立て下さい。1巻1,200円(全10巻)にて販売しております。初学者でも読みやすいよう、一部にふりがなと注釈を記しました。『南北相法』の入門者版である『相法早引』は、無料で公開しております。

    • 某新聞奨学生時代の思い出

      昔々、院長が苦学生だった頃のお話です。当時、一定の奨学金をもらって新聞配達をしながら学校へ通える新聞奨学制度を利用し、鍼灸専門学校に通っていました。

    最近の記事

    新コロ61の真実(1)

    自分で調べもせず、新コロが脅威であると盲信し、白痴化されつつある人があまりにも多いので、とりあえず現状で明らかな情報を、61項目に分けてまとめてみた。 1.新コロの存在を証明する科学論文がない国立感染症研究所は新コロの分離に成功したとしてHP上に新コロの電子顕微鏡写真をUPしているものの、この写真のエビデンスが明示されていない(2020年12月31日現在)。また、GenBankに登録した新コロの遺伝子情報を取り下げた理由も開示していないため、これが新コロ信者(コ〇ナ脳)の

    スキ
    2
      • 難病と常識と鍼灸

        マニュアル通りに刺鍼していると、ある時期から「あまり効果が感じられなくなってきた」と訴える患者が、一定数現れることがある。 特に開業してから数年が経過し、ある程度の臨床経験を積み、技術が向上して評判が良くなってきた頃、どこへ行っても治らなかったような、難治な病態の患者が徐々に増えてくるようになる。 その鍼灸師の本質の如何は、この時点から大きく露呈するように思える。 ある鍼灸師は難治な患者に直面すると、露骨に拒絶反応を示し、施術者としての本分を放棄する。難局を乗り越えよう

        スキ
        11
        • 逆子の灸について

          中国では灸を用いた逆子治療が、1000年以上前から行われているそうです。実際に、8世紀頃に記された『太平圣惠方』には、棒灸を利用した逆子の治療法が紹介されています。棒灸を用いた逆子治療は妊婦への負担が少なく、経済的で、効果が良いため、現在でも中国では盛んに行われているようです。方法はとても簡単です。至陰というツボを10分ほど温めるだけです。 中医理論では、至陰穴は足の太陽膀胱経に属する井穴と呼ばれています。井穴は、脈気が最も浅く流れている所であるとされ、湧水が井戸に湧き出す

          スキ
          2
          • 難聴・耳鳴りの鍼灸治療レポート

            以下の内容は2015年秋頃に来院した患者の治療経過を患者さん自身が記録し、当院へ提供、公開を許可して下さったものです。こういった実体験に基づくレポートを提供していただけるケースはほとんどないので、貴重な記録として、また難聴や耳鳴りに苦しむ患者や、左記のような患者を治せない鍼灸師の一助となるよう、実際の施術内容を加筆して、ここに公開しました。 *アップルストアにはスマホにて自分で聴力検査を行える「Hearing Analyzer」というアプリがあります。以下の画像はその実際の

            スキ
            2

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 「陰謀」の本質を考察する
            東京灸太郎
          • 鍼灸こばなし
            東京灸太郎
          • 小旅行の記録
            東京灸太郎
          • 南北相法現代語訳
            東京灸太郎
          • 某新聞奨学生時代の思い出
            東京灸太郎
          • 相法秘受解
            東京灸太郎

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            胆嚢結石の予防と治療(『中華医薬』に学ぶ実際の症例4)

            ここ数年、メディアの影響で小食、粗食がブームになっており、1日1食が良いと主張する人もいれば、1日2食が良いと主張する人もいる。3食は獣、2食は人間、1食は聖などと言う人もいる。インドには食事を一切摂らず、「私は太陽を眺めているだけで生きてゆける」と主張する人もいるらしい。体を浄化するという断食も、根強い人気がある。 確かに大食、過食、偏食は心身を狂わせ、健康を損ねる可能性が高い。しかし常軌を逸した小食も、健康を損ねる可能性がある。仙人は霞を食って生きていると言われているけ

            スキ
            2

            腎臓病の予防と治療(『中華医薬』に学ぶ実際の症例3)

            最近は副作用がないと信じて、不要なほどの漢方薬やサプリメントの類を毎日欠かさず摂取している人がいるらしい。そして、それらの過剰摂取によって、知らず知らずのうちに、腎障害や肝障害に至るケースが少なくないようだ。日本では透析を始めてしまうと、その後は絶望感に苛まれながら、限られた余生を全うせねばならぬようなケースも珍しくない。 確かに、外科などでは名医と呼ばれる医師が日本にも存在するけれども、腎疾患に関して言えば、北京中医薬大学東直門医院の王耀献医師が、真の名医と言えるかもしれ

            スキ
            1

            腎臓結石の予防と治療(『中華医薬』に学ぶ実際の症例2)

            食が欧米化し、飽食に溺れる日本人にとって、結石はもはや他人事ではない。しかし残念ながら、 鸡内金や金钱草、海金沙など、結石を溶かすと言われているような漢方薬を使った治療は、未だ日本では一般的ではないようだ。そもそも中药(漢方薬)は中国が発祥で、長い伝統ゆえに独自のノウハウが日々積み上げられている。傷寒論だけを読んで胡坐をかいているような日本人などは、相当な遅れをとっていると言えるかもしれない。鍼灸も発祥は中国であるから、本場の中国針灸を知らない日本の鍼灸師は井の中の蛙と言える

            スキ
            2

            早発閉経の予防と治療(『中華医薬』に学ぶ実際の症例1)

            CCTVの『中华医药』では、中国国内の少数民族の伝承医学や、最新の針灸術、家庭で行える中医的な養生法などが主に紹介されている。中医関係の専門家も素人も、共に楽しめるような、有益な番組である。日本には「伝統医学に基づいた鍼灸を伝授します!」とか、「古典に基づいた鍼灸治療をしています!」とか、「ダイナミックな鍼灸で治します!」などと怪しく騒いでいる鍼灸師が少なくないけれども、そういった輩が主催する高額なセミナーやら講習会に出るくらいならば、中国語を勉強して『中华医药』を観る方が、

            スキ
            2

            アメリカで鍼灸が動き出した日(H.R.6 into law!)

            2018年10月24日、トランプ大統領がH.R.6という法案に署名した。 これまでアメリカでは、オピオイド薬による死亡者が年間数万人以上に上り、鎮痛薬の過剰摂取が社会問題になっていた。『Dr.HOUSE』で、Hugh Laurie扮するDr.HOUSEが、バイコディン(コデイン)中毒に陥ったのと同じような状況が、多くのアメリカ人においても現実になっていたわけだ。アメリカでは、2017年に約7.2万人の患者が薬害で死亡し、その内2/3はオピオイド薬が原因とされている。 しか

            顎関節症とストレスと針治療

            病気や体の様々な不快症状は、もちろん遺伝的な要素も大きいですが、育った環境や今住んでいる環境、日中過ごしている環境などによっても大きく変化するようです。島根には3年半ほど住んでいましたが、近所の医者が言うには、気候性の鬱が多いとのことでした。確かに、鬱の患者の割合は、東京と比べると多かったように思います。 東京は世界で最も人口密度が高い場所だと言われています。地方を旅行してみたり、外国へ行ってみるとわかりますが、確かに東京の人の多さ、居住空間の過密度は異常です。頑張って稼い

            スキ
            4

            木枕について

            木枕は昭和期に流行した西式健康法で考案された枕です。しかし実際には枕とは言っても頭にあてがう枕ではなく、首に当てて首のコリをほぐしたり、頸椎の矯正を補助するための首枕です。ゆえに頭に当てたら全く効果は見込めませんので、ご注意下さい。 メーカーによっては硬枕とか、桐枕などと呼んだりします。私は10年以上前から木枕の存在を知っていて、実際に自分でも使っていたわけですが、とにかく木枕で寝ると安眠出来ないし、体が痛くなるしで、しばらく木枕は使わずに放置していました。 しかし、ここ

            スキ
            2

            偏頭痛とドッペルゲンガーと鍼

            以前、某テレビ番組で偏頭痛とドッペルゲンガーについての科学的な研究結果が公開されたことがありました。1996年、スイスのチューリッヒでドッペルゲンガーに悩まされている陶芸家がいた、という話です。ドッペルゲンガーとはいわゆる自己像幻視で、不意に自分と瓜二つな人物を目の当たりにする現象のことです。昔はドッペルゲンガーに遭遇すると死ぬ、などと騒がれていましたが、以下の内容を鑑みればその意味を医学的に説明出来るのではないかと思います。ま、私も今までエミリー・サジェ的に、わけのわからぬ

            スキ
            2

            南北相法(後篇/巻ノ五/最終巻)

            水野南北居士 著 《気色湊(きしょくつたい)の部》《気色が湊走(つたいはし)る様(かたち)を弁ず》頭は太陽(=大陽)の集まる場所であり、身体における城市(じょうし、≒都市、繁華街)である。ゆえに、面部は一身における江湊(こうそう、≒港)に等しい。よって、万事の吉凶は潮(うしお)の干満の如く、日々面上に湊流(そうりゅう)するのである。ゆえに、これを気色の湊(つたい)と名付ける。 また、祖師の後から現在まで、血色、気色の事は大いに廃(すた)り、気色の色を観たいと欲しても、実際

            スキ
            2
            有料
            1,200

            南北相法(後篇/巻ノ四)

            水野南北居士 著 《月割・日割の弁》古書では血色のみの判断によって百日以内に善事が起こるとか、七日以内に悪事が起こるなどという事を論じているが、この論は未だにその理屈を説明しきれていないゆえ、採用する事は出来ない。そもそも人は天地と同体であり、気血は天地を運行する気に従って順行するものである。しかし、そうは言っても、天地には予測不能な変化がある。つまり、気候にはどうにも出来ない不順があり、人体の血色もその時々に従って変化するものである。そうであれば、どうして一時的な血色を観

            有料
            1,200

            南北相法(後篇/巻ノ三)

            水野南北居士 著 《血色の部(八色の弁)》まず血色を観る時、眼で観ても意(こころ)で感じても青色ならば、それは青色である。また同様に、眼で観て白色であり、意で白色と感じるならば、それは白色である。青色(せいしょく)、黄色(こうしょく)、赤色(しゃくしょく)、白色(はくしょく)、黒色(こくしょく)、美色(びしょく)、紫色(ししょく)、紅色(こうしょく)においても、以上の道理をもって考え、観なさい。血色には青色、黄色、赤色、白色、黒色、紅色、紫色、暗色(あんしょく)、滞色(たい

            有料
            1,200

            南北相法(後篇/巻ノ二)

            水野南北居士 著 《血色の部 論弁》《観相の時、その血色をよく観ようと思うならば、「潮汐」をとらえて、観なさい。そうすれば心気が安定しているため、自然と観やすくなる》そもそも、人体の気血があるという事は、まるで天地に潮汐があるに等しい。ゆえに、人の気血は潮の進退(≒差し引き)に応じて盈虚(えいきょ、=満ち欠け)がある。つまり、潮が差し盈(みち)る時は、人の気血もまた盈る。よって、その時に観れば血色は自然と浮かび現れ、知りやすい。また、観相者も己の身体の気血が以上の如く充満(

            有料
            1,200