僕らの未来

僕らの未来

僕らの未来

楽しければそれでいい 何となく1日が過ぎていく そんな学生時代 誰が1番なんてなかった 年を重ねれば重ねるほどに それぞれの人生に それぞれの色彩がある どれが正解なんてない その人生ひとつひとつに 必ず意味があるから… 『幸せとは何か?』 行き詰まった時に 誰かと比べて悲しくなる そんな時もあるかもしれない だけど 最初から幸せの定義なんてないんだ 誰かに認めてもらう事でもない 僕らはみんな 明日が必ず来るとは限らない  生きている事が奇跡なんだ きっと僕の人生にも意味

33歳の現実~project K『僕らの未来』

33歳の現実~project K『僕らの未来』

(ネタバレがあります) これは加藤和樹の楽曲『僕らの未来~3月4日~』からイメージを膨らませて作った作品である。3月4日は前日に高校の卒業式を終え、彼が愛知県から東京に出て来た日だ。曲の発表は2007年。彼が22歳のとき。 出演者のうち加藤和樹、鎌苅健太、河合龍之介はデビュー当時共演した3人だ。当時熱狂した者として、これほどテンションの上がる企画はない。場所は大阪ビジネスパーク円形ホール。500名ほどの小さなキャパシティだ。あのころのようにアニメから飛び出てきたようなキラ

スキ
3